『レミーのおいしいレストラン』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2007年公開のファインディング・ニモを世に送り出したピクサーが作るCG映画(原題:Ratatouille)。パリで1番のシェフになりたいネズミと料理ベタな見習いシェフのコンビが贈る感動物語。

あらすじ

レミーのおいしいレストラン』のあらすじを紹介します。

フランスの田舎街が物語の舞台。
レミーは天才的な嗅覚と味覚を持ち、シェフになることを夢見ているネズミである。
しかし人間はネズミを嫌う、ましてや台所にいるものは特にだ。
それを知っているレミーは夢は叶わないこともわかっていた。

しかしある日、彼が最も尊敬する亡き天才シェフ、グストーのゴーストがレミーの前に現れる。
グストーはレミーを、パリにある自分が経営していたレストランに連れて行く。
その店では、シェフ見習いのリングイニが失敗して料理を台無しにしていた。
いてもたってもいられないレミーは、キッチンに乗り込んでスープを作り直す。
しかしそれをリングイニに目撃されてしまった。

料理の才能がなく悩んでいたリングイニは、レミーを帽子の中に隠して料理することを思いついた。
こうしてレミーとリングイニのコンビが結成。
そのおいしい料理は有名となりパリのグルメたちを魅了し始めるが、意地悪な料理長のスキナーは彼らに疑いの目を向けていた。

そんな時、リングイニは同僚の女性コレットと恋に落ち、レミーの仲は次第にぎくしゃくしていってしまう。リングイニの心ない言葉に傷ついたレミーは店を飛び出すが、深く反省したリングイニのもとにまた戻ってくる。
だが、ネズミが料理していた真相が周囲にバレてしまった。

店に辛口評論家のイーゴがやってくる。
恐れおののくスタッフだったが彼はレミーの料理に心底感動した。
ネズミが料理していると知りながらだ。
自分の評判が下がることを承知で絶賛の記事を書く。
このことでイーゴは評論家の地位を奪われてしまったが、レミーがリングイニやコレットと新しく開いた店でおいしい料理を楽しみながら頂くのだった。

評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2007年7月28日
  • 上映時間:110分
  • ジャンル:ファンタジー
  • 監督:ブラッド・バード
  • キャスト:パットン・オズワルト、ルー・ロマーノ、イアン・ホルム、ジャニーン・ガロファロ、ブラッド・ギャレット etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『レミーのおいしいレストラン』について、考察・解説します。※ネタバレあり

王道でいて鉄板の安定感

ディズニーのピクサー映画と言えば誰もが納得するほどの安定感がある。
従来のアニメーションの世界を変え、独自の技術で立体的なクオリティーの高い世界観を作りあげているピクサーは今や子供だけではなく、大人の夢を描いたバイブルにもなりつつある。
この作品は今までよりも話の内容が幼くなく、大人にも楽しめる工夫がなされている。
ネズミのレミーがキッチンで嫌われながらもシェフを目指すという、何とも大胆なストーリーは公開初日からあっという間に人気になった。

ファインディング・ニモトイ・ストーリーなどのように全部の道場人物が動物やおもちゃというのとは違い、人間とネズミというリアルな設定だけにあまりに小さい子供には理解出きるのか謎なところだが、ピクサー映画を一回りまた大きなものにするきっかけとなった作品になったことは間違いない。

脇役の勇気と誠意が実は見所

終盤でレストランにやってくる批評家はレミーがネズミであることを知りながらも、その味覚を信じリスクを覚悟で評価する。
実はピクサー映画はメイン人物たちよりも脇役が憎い演出をすることが多い。
今までは不誠実で意地悪な人間や動物たちが、真面目で誠実な主人公たちに心をほだされ改心していくという設定がついてまわるのだ。
主人公たちはもちろん一貫してまっすぐでいるから安心して見ていられるが、実はこの周囲の人達の心変わりが楽しみだったりもする。
まるで水戸黄門でも見ているかのような勧善懲悪のような世界観は、大人も子供も安心するし見てよかったとほっこりしてしまうのだ。
だからこそまたピクサーを中毒のように見てしまうのかもしれない。

まとめ

ピクサー映画の凄いところは嫌われないところである。
日本で言うとジブリ映画とでも言おうか。
ピクサーを子供に見せたくないという親がいないところがこの会社の強みであり、今後もそれは維持されることであろう。
それだけ物語の内容に特化していて、心を育てるような内容になっている。
優しさや意地悪さ、誠実さや不誠実さという対比を登場人物でうまく表現しわかりやすく説明している。
しかし必ず最後には悪いと思ったものは反省し、自分を正そうとするのだ。
ここに大人も感度しほだされてしまう。
大人も子供も魅了される、それがピクサー映画の最大の魅力なのである。
近年ピクサー映画も製作数を制限するかもしれないという噂がある。
そんなことを言わずにどんどん夢とリアルを描き続けて欲しい。

Amazon 映画『レミーのおいしいレストラン』の商品を見てみる

関連作品

参考 他のピクサー作品