映画『リピーテッド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『リピーテッド』のネタバレあらすじ結末

リピーテッドの概要:ある事件以来1日分の記憶しか保つことができなくなった女性。彼女は失った記憶を求めセラピーを受け始めるが、そこには恐ろしい真相が待っていた。ニコール・キッドマンら、豪華演技派俳優共演のサスペンス。

リピーテッドの作品概要

リピーテッド

公開日:2014年
上映時間:92分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:ローワン・ジョフィ
キャスト:ニコール・キッドマン、コリン・ファース、マーク・ストロング、アンヌ=マリー・ダフ etc

リピーテッドの登場人物(キャスト)

クリスティーン(ニコール・キッドマン)
脳の損傷により、1日分の記憶しか保てなくなった40代女性。夜眠ると記憶がリセットされ、翌朝には20代前半までの記憶しか残っていない。夫に内緒で、治療セラピーとして動画で日記を撮り始める。
ベン(コリン・ファース)
クリスティーンの夫。記憶障害になった彼女と一度離婚したが、今は戻ってきて献身的に支えている。クリスティーンはベンの事に関する記憶も失くしている。クリスティーンが治療を受けることを嫌がっているがその真意は……。
ナッシュ医師(マーク・ストロング)
クリスティーンが夫に内緒で治療セラピーを受けている医師。彼女に動画で日記を撮ることを勧める。クリスティーンと不倫関係に陥りかけている。
クレア(アンヌ=マリー・ダフ)
クリスティーンの大学時代からの親友。ベンによると、記憶障害になったクリスティーンに耐えられず音信不通になったと言う話だったが、実はずっと連絡を取ろうと彼女のゆくえを探していた。ベンと一度だけ肉体関係をもっている。
アダム(ディーン=チャールズ・チャップマン)
クリスティーンの息子。クリスティーンは治療セラピーを受けるまで、彼が生まれたことすら覚えていなかった。ベンによるとアダムはすでに病死しているらしい。

リピーテッドのネタバレあらすじ

映画『リピーテッド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

リピーテッドのあらすじ【起】

クリスティーンはある朝目覚めて、自分の顔にショックを受ける。彼女には脳の損傷により記憶障害があり、20代前半までの記憶しか残っておらず、それ以降の記憶は1日しかもたなくなっていたのだ。夫だと名乗るベンは、彼女の記憶障害は事故が原因だと説明し、結婚式などの写真をクリスティーンに見せる。ベンは「今夜サプライズである場所に出かけよう」と言って、仕事に出た。ベンの出社後家に電話がかかってきた。相手はクリスティーンの医師だと名乗り、引き出しからカメラを取り出させる。そこにはクリスティーンの自撮り動画が残されていた……。

時間はその2週間前にさかのぼる。クリスティーンはベンに内緒で治療セラピーを始めていた。担当のナッシュ医師は、カメラの動画で日記をつけるよう指示する。そうすれば前の日に起こったことがわかるからだ。

次の日。クリスティーンは記憶障害の原因が事故ではなく傷害事件だったことを知る。彼女は半殺しの状態で、裸で放置されていたのだ。性交の跡もあったという。ナッシュ医師はクリスティーンを発見現場に連れていく。少しずつクリスティーンの脳裏には過去の断片的なイメージが浮かび上がるようになっていた。

リピーテッドのあらすじ【承】

次の日。ナッシュ医師のセラピーで、クリスティーンは1人の女性を思い出しかける。彼女は大学からの親友、クレアだった。クリスティーンはベンにクレアについて聞いてみるが、ベンは話したがらない。クレアはクリスティーンの記憶障害に耐えられず、関係を断ち音信不通になったのだという。ベンはクリスティーンを気遣いながらもいらだちを見せる。クリスティーンはカメラに「ベンはクレアを遠ざけようとしている、ベンを信じるな」と記録する。

次の日。前日の動画を見たクリスティーンは、ベンがクレアの写真をまた隠したことに気づく。写真を探すうち、自分が妊娠していた記憶がフラッシュバックする。クレアの頭に息子とのお決まりの会話が浮かび、自分に息子のアダムがいたことを思い出した。ベンを問い詰めると、アダムは8歳の時に病死したのだという答えが返ってきた。ベンは彼女がショックを受けないように写真を隠していたのだ。クリスティーンは息子の死を知った悲しみをカメラに記録する。

次の日。クリスティーンは夢で「マイク」という名前、襲われた時の記憶、そして顔に傷のある男など、断片的な映像を見る。クリスティーンは犯人の名が「マイク」なのではとナッシュ医師に相談する。2人は抱き合うが、名札からナッシュ医師の名前がマイクだと気付く。クリスティーンは怯えて逃げ出したが、ナッシュ医師に追いつかれてしまった。

リピーテッドのあらすじ【転】

数時間後。クリスティーンは家のソファで目が覚める。ナッシュ医師は犯人とは無関係だった。ナッシュ医師はベンに関する重要な事実を伝えるため、クリスティーンを呼び出す。数年前、ベンはクリスティーンを病院からケアセンターに転院させていた。ナッシュ医師がそのセンターに連絡すると、2つのことが分かった。1つはクレアからセンターに連絡があったこと、もう1つはベンとクリスティーンは数年前に離婚していることだった。

クリスティーンはベンを問いただすが、もう二度とはなれないと誓うベンを見て、2人は抱き合った。

連絡を受けたクレアから、クリスティーンに電話がきた。クレアはベンの話とは違い、ずっとクリスティーンのゆくえを探していたのだ。クリスティーンはクレアと再会し、彼女の事を思い出した。クレアは事件当時、クリスティーンが不倫していたことを語る。事件後、ベンもクリスティーンの愛人の存在を知らされたのだと言う。ベンとその時肉体関係を持ってしまったクレアは、クリスティーンのもとを去ったのだ。離婚当時のベンからの自分宛の手紙を読んだクリスティーンは、離婚の理由が母親に覚えてもらえないアダムの気持ちを思っての事だったと知る。クリスティーンはカメラにベンへの愛情を記録し、医師にかかっていたことをベンに告白した。しかしベンは浮気を疑って、クリスティーンを殴り出て行ってしまう。

クレアから電話がかかってきた。クレアはベンに連絡をとったが、ベンは「クリスティーンとは4年会っていない」と言っていたというのだ。本物のベンには顔に傷があるはずだった。しかし今クリスティーンと暮らしているベンには傷がない。彼はベンの偽物だったのだ。

リピーテッドのあらすじ【結】

誰かが階段を上がる音がする。クリスティーンの脳裏に「偽ベン」に襲われた記憶がフラッシュバックする。クレアはそっちに向かうから、住所がわかるものを探すように言い、電話を切る。クリスティーンは暗い家内で武器を探すが、そこで記憶が途切れてしまう。

次の日の朝。これが冒頭のシーンの日だった。昨日の記憶がないクリスティーンは、夫(偽ベン)を送り出し、ナッシュ医師から電話を受ける。カメラには前々日のベンへの愛情が記録されているのに、なぜ顔に殴られた跡があるのかわからない。クレアから電話がかかってきたが、偽ベンとの電話中で出られなかった。

ナッシュ医師を脅した偽ベンは、クリスティーンをホテルに連れていく。そこはクリスティーンが半殺しにされたホテルだった。偽ベンの正体は、クリスティーンの不倫相手だったマイクだったのだ。マイクは不倫を夫に話せないというクリスティーンを殺そうとしたのだった。そして今、彼はもう一度クリスティーンを殺そうとしていた。マイクの言葉でクリスティーンは息子のアダムがまだ生きていることを知る。クリスティーンは反撃し、非常ベルを押して逃げ出した。

助けられ救急車に乗ったクリスティーンは、「もう息子が死んでいるなんて話を信じたりしない」と記録する。マイクは逮捕された。入院したクリスティーンを、ナッシュ、そして本物のベンが見舞いに来ていた。しかしクリスティーンは昨夜の事件を覚えていない。ベンはアダムを連れてきていた。クリスティーンは、彼とのお決まりだった言葉をかける。彼女はアダムの事を思い出し、愛する息子をきつく抱きしめるのだった。

リピーテッドの解説・レビュー

どんでん返しの後が長いストーリー

ただ事件の犯人を探っていくのではなく、主人公の記憶が1日しか持たない、自分の顔にすら違和感を持つ(40歳という記憶すらない)という設定をうまく利用したミステリーサスペンス映画。
事件を事故と偽ったり、子供や友人の事に関して嘘をつく夫のベンが怪しく思えるが、名前がマイクだと判明して、注射器を持って追いかけてきたり記憶違いを指摘すりナッシュが怪しく見えたり。
名前は隠せても頬の傷跡は隠せないと思って画面をよく見るが、そんな人物は出てこないので、見ている側も犯人探しに躍起になってしまう。

夫と思っていたのは不倫相手だったという大どんでん返しは驚きだが、そこからまた日付が変わって、記憶が最初からになるのはガッカリさせられる。
その日の朝が映画本編のスタート部分につながっているのは面白いが、そこからストーリーがダレてしまい、犯人のマイクがクリス殺害に行き着くという当たり前の展開に。
しかもマイクが最初にクリスを殺害しようとした動機も、2回目の動機も意味がわかりにくい。

息子と再会できて記憶も戻ってハッピーエンドなのは良いが、すべてはクリスの不倫が原因なので、共感は全くできない。

豪華なキャスティング

有名なハリウッド女優ニコール・キッドマンが主演、「英国王のスピーチ」のヒットも記憶に新しいコリン・ファース。
悪役が多いが「記憶探偵と鍵のかかった少女」で主演を演じたばかりのマーク・ストロングといった有名俳優がキャスティングされた、豪華な作品。

コリン・ファースとマーク・ストロングは、怪しいけれど犯人という確証もないベン(マイク)、ドクターナッシュをそれぞれ演じた。
ニコール・キッドマンの、記憶が1日しか持たない主人公の演技も、引き込まれるものがあり、さすがは大物女優といったところ。

リピーテッドの感想まとめ

中盤までは、クリスティーンを襲った犯人は誰なのかが気になり、夫ベンも怪しいが主治医ナッシュも怪しくハラハラドキドキの展開。
明日になれば全て忘れるクリスティーンという設定だからこそできるミスリードもあり、誰もかれもが怪しく見えてくる。
しかし不倫が明らかになると、クリスティーンの愛の告白もどこか白けて見えてくるから不思議。

大どんでん返しがあまりにも早い段階で繰り広げられるのがもったいない作品で、もう少し記憶に翻弄されるクリスティーンを見たかった作品でもある。

Amazon 映画『リピーテッド』の商品を見てみる