映画『ロミオ&ジュリエット』あらすじとネタバレ感想

ロミオ&ジュリエットの概要:シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」を現代版ラブストーリーとして映画化。レオナルド・ディカプリオとクレア・デーンズの美しさや儚さが魅力。撮影地はブラジル。パズ・ラーマン監督の1996年米国映画。

ロミオ&ジュリエット あらすじ

ロミオ&ジュリエット
映画『ロミオ&ジュリエット』のあらすじを紹介します。

1996年、イタリア。ヴェローナ・ビーチ。2大マフィアのモンタギュー家とキャピレット家は、長年、争いを繰り返していた。つい最近に銃撃戦を起こしたばかり。ロザラインへの恋に悩む、モンタギュー家のロミオ(レオナルド・ディカプリオ)は、ある夜、キャピレット家の秘密の仮装パーティへ、親友マキューシオらと共に忍び込みます。
一方、キャピレット家のジュリエット(クレア・デーンズ)は、父が決めた婚約者パリスとの結婚について悩んでいた。ロミオは、仮装パーティで出会ったキャピレット家のジュリエットに一目ぼれをします。この時、2人は互いが敵対する敵同士だとは知らなかったが、ロミオはジュリエットに愛を告白。ジュリエットもまた同じ気持ちだと知り、2人の恋は火花の如く燃えるのです!

ロミオにジュリエットとの結婚を相談された、ロレンス神父(ピート・ポスルウィト)は、2人の結婚によって両家の争いがなくなるであろうと考え、協力します。朝9時にロレンス神父の教会で結婚式を挙げることを約束します。式を挙げた当日の午後、ロミオはモンタギュー家とキャピレット家の争いに巻き込まれてしまう。
ロミオは、争いを止めようとしたが、親友マキューシオ(ハロルド・ベリノー)がキャピレット家のティボルトに殺されてしまう。逆上したロミオは、その怒りでティボルトを銃で殺してしまう。プリンス署長の恩赦で、死刑は免れたがヴェローナ・ビーチを永久追放となります。

ロミオは、ジュリエットと一夜を過ごしたあと、マンチュアへ逃亡。ジュリエットは、パリスとの結婚を止めるためロレンス神父に相談します。”命を懸ける”というジュリエットに対して、ロレンス神父は24時間仮死状態になる薬を渡します。ジュリエットが目覚めたら、ロミオと共にマンチュアで生きていくというのが計画でした。
急ぎ、ロレンス神父はロミオに手紙を送るが、その手紙は届かなかった。そして運命の日。ジュリエットの死を知ったロミオは教会へ。ジュリエットに最後の口づけをすると、毒薬を飲んだ。やがて、目覚めたジュリエットもまたロミオの後を追って死ぬ。こうして2人の愛は永遠になったのだった。

ロミオ&ジュリエット 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1996年
  • 上映時間:120分
  • ジャンル:ラブストーリー、アクション
  • 監督:バズ・ラーマン
  • キャスト:レオナルド・ディカプリオ、クレア・デインズ、ジョン・レグイザモ、ポール・ラッド etc

ロミオ&ジュリエット ネタバレ批評

映画『ロミオ&ジュリエット』について、感想批評です。※ネタバレあり

水も滴るイイ男!若きレオナルド・ディカプリオの魅力

「ロミオとジュリエット」を撮影時のレオナルド・ディカプリオは当時22才。笑顔の素敵な美少年です。相手役のクレア・デーンズも愛らしい美少女。仮装パーティの夜、水槽の前で2人が初めて出会うシーンには胸がきゅんとするはずです!純粋で若さゆえに飛び込んでゆく様は、もう誰にも止められない!
パズ・ラーマン監督が描く本作は、極彩色で派手な演出ですが、中でも水のシーンが多い。水槽の前で出会うシーンや屋敷のプールでのキス・シーンなどとても水が効果的に使われています。”溺れる”ように恋に落ちた宿命の2人を暗示していると思います。またセリフは、シェイクスピアの原文のまま語られていますが、違和感なく詩情に富んで聞こえてきます。
シェイクスピアの美しいセリフも味わえますよ。レオナルド・ディカプリオの魅力は、繊細かつ大胆な演技です!ロゼラインへの恋の悩みに狂わんばかりに思いつめる姿やジュリエットとの恋に舞い上がるシーンなど何度観ても心を揺さぶられます。

シェイクスピアの名作映画ベスト3を見よ!

「ロミオとジュリエット」だけでも4作以上製作されており、それぞれの作品に魅力があります。本作以上に有名なのは、イタリアのフランコ・ゼフィレッリ監督の「ロミオとジュリエット」(68)。オリビア・ハッセー&レナード・ホワイティング主演で、一番原作のイメージや年齢に近く、初恋のような瑞々しさが評価されています。
次に、劇中でシェイクスピアの戯曲が使われている作品の中から2作品を紹介します。1作目は、ロビン・ウィリアムズ主演の「いまを生きる」(89)。シェイクスピアの「真夏の夜の夢」が劇中劇で使われ、物語を彩っています。イーサン・ホークら生徒役の活躍も見どころです。2作目は、「恋におちたシェイクスピア」(98)。グウィネス・パルトロウ主演で、シェイクスピアの半生を劇中劇と併せて表現しています。
この劇中劇が「ロミオとジュリエット」で、美しい衣装やグウィネス・パルトロウの美貌に大注目です!シェイクスピアの作品と共にラブストーリーとしても秀逸です。悲劇だと分かっていても、恋の魔力に勝てず観てしまいますね。

ロミオ&ジュリエット 感想まとめ

若さは向こう見ず、という言葉がありますが、そんな激しい恋をドラマチックに描いたのが、シェイクスピア原作の「ロミオ&ジュリエット」です。原作の戯曲を読むと、ロミオとジュリエットは13才くらい。わずか5日間の悲恋でした。本作では19才か20才くらいの設定だろうと思われますが、とにかく主演のレオナルド・ディカプリオが素晴らしい!
はじめは、ロザラインへの片思いに悶え、ジュリエットに出会ってからは嬉しさに舞い上がるといった繊細な演技を魅せてくれます。水槽の前で初めて出会うシーンや屋敷のプールで愛を語るシーンなど、うっとりするほど見入ってしまいます。また2人が語り合うセリフも、原作のままを使用し、詩情に富んだ言葉を楽しむことができます。
それが、古典としてのシェイクスピア戯曲の魅力ではないでしょうか。若きレオナルド・ディカプリオとクレア・デーンズの魅力あふれる本作をぜひご覧下さい。レオナルド・ディカプリオの最新作は、「レヴェナント 甦えりし者」で2016年春に公開予定です!共演はトム・ハーディ。ご期待下さい。

Amazon 映画『ロミオ&ジュリエット』の商品を見てみる