映画『るろうに剣心』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「るろうに剣心」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心の概要:かつて一斉を風靡した伝説の漫画、「るろうに剣心」が長い時を経て、遂に実写化。第三弾に渡る実写化の一作目で、比較的原作に忠実に作られたストーリーは原作ファンにも高評価を得た。

るろうに剣心の作品概要

るろうに剣心

公開日:2012年
上映時間:134分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:大友啓史
キャスト:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優 etc

るろうに剣心の登場人物(キャスト)

緋村剣心(佐藤健)
かつて人斬り抜刀斎として世間を震撼させた暗殺者。現在は人を殺さない「不殺の誓い」をたてて流浪の旅を続けている。
神谷薫(武井咲)
女の身ながら、剣術道場の当主を務める勝気な女性。自分の門下生ばかり狙う辻斬りに悩まされている。
鵜堂刃衛(吉川晃司)
観柳に雇われた暗殺者。確かな実力を持つ不気味な男。
高荷恵(蒼井優)
観柳に捕らわれ、無理やりアヘンを作らされている女医。
相楽左之助(青木崇高)
喧嘩屋という無鉄砲な職業を営む血気盛んな若者。
斎藤一(江口洋介)
元新撰組の隊長で、幕末の最中剣心と相対している。現在は新幕府の警察官を務める。
武田観柳(香川照之)
高い地位につく男性。実は裏でアヘンを売り飛ばし、新型の武器を購入している。

るろうに剣心のネタバレあらすじ

映画『るろうに剣心』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

るろうに剣心のあらすじ【起】

日本が混沌の最中にいた140年前の幕末の動乱期、誰よりも速く、誰よりも多く人を殺した暗殺者がいました。その男は倒幕派として京都の地にてその腕を振るい続け、数え切れぬほどの死体の山を築き上げます。そして人々は人間業とは思えないその男の所業を恐れ、いつしかその男を「人斬り抜刀斎」と畏怖の念を込めて呼ぶようになりました。

しかし暗黒の時代にも終わりが訪れます。それから約10年後、時代は明治に突入しました。新政府も少しずつ形を成し、人々の生活にも平穏が戻りつつあります。そんな街を眺めながら、流浪の旅を続ける男がいました。その男こそかつて人斬りと恐れられた抜刀斎その人です。

人斬り抜刀斎は現在本名である緋村剣心として、人を二度と殺さないという「不殺の誓い」の元、流浪人となっていました。その誓いを表すように、剣心の腰には逆刃刀という、通常の刀とは刃と峰が逆についているため、普通に人を切っても峰打ちとなり相手が死ぬことは無い刀が収まっています。

るろうに剣心のあらすじ【承】

旅の最中、剣心は東京に辿り着きました。しかしその頃、東京ではアヘンの密売が横行しており世間を震撼させていました。そしてもう一つ東京の街を騒がせる事件がありました。それは何と、東京で長く根付く、神谷活心流の門下を次々と人斬り抜刀斎が斬り伏せているというものでした。勿論本当の人斬り抜刀斎である剣心には一切の心当たりはありません。

そして丁度のその時、剣心は神谷活心流の現当主である薫と出会います。薫はこの事件の為に、父から譲り受けた道場から門下生が次々と去っていく現状を嘆いていました。更に追い討ちをかけるように、観柳という男の手下達が、道場を乗っ取ろうと攻め込んできたのです。しかしその時偶然居合わせた剣心がその道場破り達を瞬く間に倒した為、道場はすんでのところで守られました。

しかし騒動の発端人として剣心は警察に捕まってしまいます。しかし、捕まった剣心の前に2人の男が現れました。彼等は人斬り抜刀斎であった頃の剣心を知る人物で、現在は新政府側の人間である斎藤一と山県有朋です。

るろうに剣心のあらすじ【転】

剣心の強さを知る2人は、剣心に巷を騒がすアヘン事件の解決を依頼します。しかし剣心は、自分は既に幕府などからは足を洗っているとそれを断り、しばらく薫の道場に居候させてもらうこととなりました。しかし、その時の剣心が知る由もありませんが、実は薫を悩ませる闇討ちと、アヘンの密売の黒幕は同一人物だったのです。

その黒幕とは、道場破り達の送り主であった武田観柳です。観柳は、アヘンを売り飛ばし得た巨額な富で、現在の戦争を大きく変える新しい武器を諸外国から買い付けていたのです。しかしそういった武器を一般人が持つ事は政府から禁止されていますので、それらを隠す場所が必要となります。そしてその隠し場所として観柳が目をつけたのが神谷道場だったのでした。

観柳は自分の目的の為に邪魔である剣心を消す為に、刃衛という用心棒に剣心暗殺を依頼します。またその頃、観柳のもとで無理やりアヘンを作らされていた恵という女医が、隙をついて観柳の元から逃げ出し偶然剣心と出会うのでした。

るろうに剣心のあらすじ【結】

しかし、金を手にする為に必要不可欠な恵を観柳が黙って手放す道理はありません。観柳は街の井戸に毒を投げ込み、それを口にした住民が次々と体の不調を訴え倒れ始めたのです。自分が戻らなければ観柳が更に人々を苦しめると考えた恵は、剣心に置き手紙を残し一人観柳のもとに自ら向かうのでした。

その事を知った剣心は、以前知り合った喧嘩屋の左之助という男と共に観柳の屋敷へ向かいます。圧倒的な実力を持つ剣心と左之助は、次々と手下を倒し観柳に近づきますが、観柳は最新武器であるガトリング砲を構え二人を迎え撃ちます。ガトリング砲の火力に中々近付く事が出来ない二人でしたが、そんな二人の元に元新撰組隊長も務めており実力は剣心に引けを取らない斎藤一が現れます。そして3人は総力を挙げて、何とか観柳を捉えるのでした。

しかし、幽閉されていた恵を救い出した一行ですが、刃衛が薫を拉致したと聞かされます。実力者である刃衛との戦いは激戦となりますが、人斬り抜刀斎として培ってきた力、そして薫の力もあり何とか刃衛を退ける事に成功します。そして東京の街には、再び平和が戻るのでした。

Amazon 映画『るろうに剣心』の商品を見てみる

関連作品