映画『超高速!参勤交代』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「超高速!参勤交代」のネタバレあらすじ結末

超高速!参勤交代の概要:2011年第37回城戸賞にて、前人未到の全審査員満点という高評価を得た脚本を元に映画化された。出演者には佐々木蔵之介や西村雅彦といった大物俳優陣から、知念侑李などジャニーズまで幅広く肩を並べている。

超高速!参勤交代の作品概要

超高速!参勤交代

公開日:2014年
上映時間:119分
ジャンル:コメディ、アクション
監督:本木克英
キャスト:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文 etc

超高速!参勤交代の登場人物(キャスト)

内藤政醇(佐々木蔵之介)
1万5千石の小さな領地の藩主。心優しくお人好しな性格で、家臣、領民達を大事にしている。
雲隠段蔵(伊原剛志)
信祝から刺客として送られた忍。政醇達と関わるにつれその心境に変化が見られるようになる。
松平信祝(陣内孝則)
政醇達の持つ金山を独り占めにする為、今回の事態を引き起こした黒幕。
相馬兼嗣(西村雅彦)
政醇の家臣で家老の役職につく参謀。今回の超高速参勤交代の計画を立案する。

超高速!参勤交代のネタバレあらすじ

映画『超高速!参勤交代』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

超高速!参勤交代のあらすじ【起】

舞台は江戸時代、1万5千石という小さな領地であったが、住民や家臣達の絆が深い、まるで全体が一つの家族の様な雰囲気を醸し出す場所があった。当時の江戸には参勤交代制度という決まりがあり、一年に一度、江戸の中枢部までお上に挨拶に伺わなければいけませんでした。この1万5千石の藩主である政醇とその家臣達は、ようやくその長い参勤交代から帰ってきたところでした。

しかし、一息ついていたところに老中の瀬川が血相を変え飛び込んできます。そして「藩の金山の届けに偽りの疑い」、つまり、政醇達の領地には金が取れる金山があるのですが、お上に自分達の所持する金品の報告をする際にその収穫量を偽り、虚偽を申し立てた可能性がある、というのです。勿論それは事実無根、 政醇達は一銭も違える事なく、正確にその報告を行なっていました。そして、その件に関する報告をする為に、再度参勤交代を命じられてしまったのでした。

参勤交代には莫大な費用がかかる為、貧乏領地である政醇達一行にそんなお金はありません。また、通常8日間はかかるであろう道程を、なんと5日で参上せよという厳しい条件まで課されたのでした。

超高速!参勤交代のあらすじ【承】

5日で参上できなければ藩は取り潰し、というお達しに家臣達は沈みます。しかし、そこで立ち上がったのは政醇その人でした。彼は班の取り潰しを防ぎ自分の家族を守るために、超高速で参勤交代をする事を決意するのでした。

それから、如何に早く参勤交代を行うかという議論が政醇を含む家臣内で夜遅くまで交わされました。そして、家老という役職につく参謀的存在の相馬が結論を出しました。それはとにかく出来る限り少人数で身動きを取れやすくしたうえで、山中の道無き道を行く、というものです。そもそも参勤交代では、要所に政府が監視の目を光らせる関所があるものの、常に見張られているというわけではないのです。その為、そういった関所に近づいた時に人を雇い大人数での参勤交代に見せかければ良いというのです。

一方、政府では静かにほくそ笑んでいる男がいました。その男の名前は信祝、彼は政醇達を陥れ、彼らの持つ金山を自分が独占する為にこの騒動を起こしたのでした。そして念には念をと、信祝は段蔵という忍びを送り、一行の参勤交代を阻止せんと動き出したのです。

超高速!参勤交代のあらすじ【転】

段蔵はまず政醇達の懐に潜り込む為、一行の用心棒を買って出て接触を図りました。勿論一行としてはプロの忍びが味方についてくれるという事は願ったり叶ったり、彼らは依頼金を段蔵に払い、森の中を進んでいきます。しかし道は荒れ放題の獣道、およそ人が歩く事など不可能と思われるその道の途中、政醇が足に怪我を負ってしまいます。そこで政醇は1人馬を使い、仲間とは二手に別れ別行動をとることとなりました。

政醇を除く一行を率いるのは段蔵です。しかし途中忍の軍に襲われた一同は命辛々逃げ出し、バラバラになってしまいます。依頼金を既に受け取っている段蔵は知った事ではないとその金で豪遊の限りを尽くします。しかし誤ってその金をばら撒いてしまった段蔵は、その銭が泥に汚れていることに気がつきます。これらは、政醇達が領民達の力も借り、なけなしの金を掻き集め何とか用意したものだったのです。段蔵の心は大きく揺さぶられ、彼は再度一行の前に姿をあらわすのでした。

一方、政醇は途中宿泊した旅先にて、お咲という女と出会います。彼女に心惹かれた政醇は彼女を連れて行く事を決意するのでした。

超高速!参勤交代のあらすじ【結】

これまで何とか関所を突破してきた一行でしたが、とうとう財源も尽き、新たに人を雇う余裕がなくなってしまいます。これでは次の関所を潜ることができない、と頭を抱えていた時、一行の前を本家の大名行列が通り掛かります。そしてこの大名とは以前政醇が助け、政醇に恩を感じている大名だったのでした。政醇達の現状を知ったその大名は、彼にその恩を返すべく、参勤交代に必要な人数を貸してくれたのです。

その先で相馬と政醇はようやく落ち合うことができました。そんな彼らを刺客達が執拗に襲いますが、段蔵や家臣達の決死の活躍により、日が落ちる寸前、政醇はギリギリ場内へと駆け込みます。まさか本当に5日以内に参勤交代を行い、さらに自分の放った刺客達の手を逃れてきたという事実に信祝は驚愕します。そして政醇はその場にもう1人いた政府の役人、松平に自分達が虚偽を申し立てていないこと、そして途中多くの刺客に狙われたなど事の顛末を報告しました。

そして信祝の企みは明るみに出る事となり、松平の手によって罷免となります。班の取りつぶしから逃れた一行は歓喜の声をあげますが、何と彼らは帰り道に関する財源のことをとんと忘れていたのです。そして一行は、再び領地へと向かって走り出すのでした。

Amazon 映画『超高速!参勤交代』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    超高速!参勤交代は、肩の力を抜いて楽しめるコメディ映画ではあります。さすが松竹制作のコメディ映画だな〜といった感じ。しかし、ところどころに納得がいかないところがあるのが残念。
    解説にも書いた深田恭子の魅力を生かし切れないヒロインの出番の少なさと福島県を題材にしているのにフィルム・コミッション無視のほか、
    全体的に迫力にかけるストーリー展開、ありきたりなラスト、やっぱり気になるおどけ演技など、もうちょっとなんとかなったんじゃないのか?と思いますね。

  2. 匿名 より:

    深田恭子が久々にヒロインとして映画に出演しています。登場シーンから途中までは魅力的な役を演じていたのですが、途中から存在感が全くなくなってしまいましたね?ただの置物にしかなっていません。画面に写っているからいいじゃないかって、そういう問題でもないので…。彼女の演じるお春は複雑な経歴を持つ人物なのですが、ラストでの進化?にはがっかりしましたよ!退化じゃないの…。せっかく代表作になりえそうな映画だったのに、もったいないですね。

  3. 匿名 より:

    近年の時代劇コメディは、かなり出来の悪いものばかりでした。おどけ演技だけで笑わせにきているような状態で、あざとさばかりが目についていました。しかし、『超高速!参勤交代』は笑えます。もちろんおどけ演技はあるのですが、設定の素晴らしさとバカバカしさがこれを見事にカバーしています。さすがに優れた脚本でした。終盤にはやや迫力のあるアクションシーンもあり、家族連れで楽しめる映画ですね。