映画『超高速!参勤交代 リターンズ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「超高速!参勤交代 リターンズ」のネタバレあらすじ結末と感想

超高速!参勤交代 リターンズの概要:湯長谷藩主の内藤政醇は参勤が無事に終わり、娶ることを決めたお咲を伴って城に帰ることにした。だが、その道中、湯長谷で一揆が起こったと報告を受ける。内藤達は目付が行くまでに、一揆を治める必要があった。

超高速!参勤交代 リターンズの作品情報

超高速!参勤交代 リターンズ

製作年:2016年
上映時間:119分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ、時代劇
監督:本木克英
キャスト:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文 etc

超高速!参勤交代 リターンズの登場人物(キャスト)

内藤政醇(佐々木蔵之介)
湯長谷藩主。家臣や民達のことを何よりも大切にしている。よく仕事をサボっては、村に行き民と交流している。
お咲(深田恭子)
内藤政醇の結婚相手。元遊女。気が強い性格。政醇との身分の差を気にしている。
雲隠段蔵(伊原剛志)
女性が苦手。結婚しており、子供がいる。元忍び。内藤政醇の仲間。
鈴木吉之丞(知念侑李)
湯長谷藩の側用人。弓の使い手。美丈夫で、女性によくモテる。
増田弘忠(柄本時生)
湯長谷藩の馬廻。「増田の千里眼」という異名を持ち、遠くの文字でも読むことができる。
松平信祝(陣内孝則)
老中。蟄居の刑に処されていたが、日光社参の恩赦で解かれる。八代将軍・徳川吉宗と内藤政醇を始末しようと暗躍する。

超高速!参勤交代 リターンズのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

超高速!参勤交代 リターンズのあらすじ【起】

1735年(享保20年)、江戸・千住大橋。湯長谷藩主の内藤政醇は参勤を終えたため、家臣達を連れて城に戻ろうとしていた。しかし、行列の費用があまり無いことが判明する。内藤達は費用を抑えるため、帰りも走って帰らなければならなかった。上の者は、一番遅れた者は半年間俸禄をなしにすると宣言し、下の者のやる気を鼓舞した。

1か月後。八代将軍・徳川吉宗が日光社参のために旅立った。日光社参とは、江戸幕府を開いた徳川家康を神として祀った、日光東照宮に参拝する一大行事である。莫大な費用がかかるため長らく見送られていたが、吉宗が65年ぶりに復活させた。行列の人数は13万人を超えた。

磐城・湯長谷(福島県いわき市)農民達が殿様の帰りを待ちわびながら、田んぼ仕事に精を出していると、米を求めて農民達が襲ってきた。農民達は成す術なく米俵を奪われてしまう。その頃、内藤達一行は、金を稼ぎながら城に戻っていた。武具奉公の荒木源八郎が道場破りを行ったり、膳番の今材清右衛門が料理番の手伝いをして働いたり、側用人の鈴木吉乃丞が矢当てで賞金を取ったりしていた。さらに、馬廻の増田弘忠は猿の菊千代と共に、見世物をして金を稼いだ。

内藤は宿屋で家臣達と、お咲との結婚を祝って飲んで騒いだ。だが、お咲は内藤の親戚筋が結婚に反対していると、家臣達が噂しているのを聞いてしまう。お咲が元遊女なのが原因だった。複雑な思いを抱きながら、内藤にそのことを話そうとしていると、江戸家老の瀬川安右衛門が慌てた様子でやって来て、一揆が起こったと進言した。

目付が湯長谷へ向けて出発しており、後2日ほどで到着予定だった。内藤は明後日までに城へ戻り、一揆の裁きをつける必要があった。そうしなければ、お取り潰しは確実だった。参勤のときよりも倍の速さで帰らなければならないと知り、家臣達は無理だと頭を抱えた。だが、内藤は諦めなかった。家老の相馬兼嗣にいい案がないか考えさせた。それにより、飲まず・眠らず・休まず・止まらず・荷物も持たず・丸腰で走ることになる。だが、参勤は終わったが交代の途中のため、大名行列の威容を保たなければならなかった。その費用を捻出する必要があったため、お咲は結婚を取り止めて宿屋で働くと声を上げた。しかし、それを鈴木が止めた。家臣達は誰もそれを望んではいなかった。内藤は瀬川にお咲のことを頼み、他の家臣と共に出立した。

超高速!参勤交代 リターンズのあらすじ【承】

1日目。夜がまだ明けていない浜辺を、内藤達は走っていた。お咲も早く移動できる簡易の籠に乗り、瀬川と共に出立した。内藤達は川を渡っていたのだが、相馬が溺れてしまう。鈴木が助けに向かうが、流木にぶつかり流されてしまう。内藤達は鈴木の身を案じながらも、時間が残されていないため、捜索をせずに城への道を急いだ。

相馬は大名行列のために何とか30人を雇い入れるが、その人数を100人にみせる必要があった。さらに、他の大名が置いていった壊れた道具しか手に入らなかったため、それで大名行列を行わなければならなかった。内藤達は不安を抱きながらも、町へと向かった。足りない人数は、棒や布で作った人形で誤魔化した。相馬は宿場を通過する間際、菊千代を使って役人の目を誤魔化した。

2日目。内藤達が先を急いでいると、関所が立っていた。実は、内藤に恨みがある老中の松平信祝が、内藤達の行く手を阻もうと裏で手を引いていた。増田は役人が持っている手配書を確認し、自分達が謀反人として指名手配されていることに気づく。相馬は内藤達を死体に偽装し、荷台に乗せて運ぶことにした。役人達に怪しまれるが、何とか無事に関所を通ることに成功する。

内藤達は森を抜けている最中、不審な集団(松平の手下)に襲撃される。荒木を筆頭に、刀を取って戦った。すると、敵の中に、内藤の友人の雲隠段蔵の姿があった。段蔵は娘を人質に取られていた。それを見た内藤達は戦うことを止める。相馬は隙を見て、人質に取られていた段蔵の娘を救い出した。

内藤達が城に戻ると、旗や荷物などが燃やされていた。目付は既に帰り、湯長谷藩は改易になったのだ。一揆を防げなかったことがお取り潰しの理由で、湯長谷藩の代わりに尾張柳生が治めることが決まっていた。内藤達は町に残っていた、次席家老の福田弥之助から話を聞くことにした。

超高速!参勤交代 リターンズのあらすじ【転】

湯長谷藩江戸屋敷にいる家臣達も、屋敷を追い出されることになった。祐筆の秋山平吾は、詮議もろくにしないまま湯長谷を潰した信祝が許せず、復讐することを決意する。政醇の娘である琴姫は秋山の身を案じ引き止めようとするが、秋山の決意は揺るがず、脱藩を覚悟して旅立っていった。秋山は信祝の屋敷を襲撃しようとするが、南町奉行の大岡忠相に止められる。

福田は突然一揆が起こり、城の中まで攻め込まれたことを内藤達に話した。藩士はおろか、女子供まで捕らえられていた。一揆を起こしたのは農民に扮した武士の集団だった。女性達は皆無事だったが、櫓の中に閉じ込められていた。

大岡は先頃あった幕閣殺しの件に信祝が関わっているとみて、調査を進めていた。信祝を裁こうとしているのだ。秋山はその件を手伝わないかと、大岡に誘われる。一方、内藤達が一揆を起こした人物に関して考えを巡らせていると、段蔵が現れ、信祝の仕業だと教えられる。信祝が日光社参の恩赦で蟄居を解かれたと知り、内藤達は驚きの声を上げた。

内藤は農民に扮し、民達の様子を見に行った。すると、田んぼは荒れ果て、食べ物も奪われ酷い有り様であることが分かった。民達は殿様がいないせいで襲われたのだと、内藤を責め立てた。内藤はただ謝ることしかできなかった。内藤が肩を落としながら歩いていると、お咲と瀬川が到着した。

超高速!参勤交代 リターンズの結末・ラスト(ネタバレ)

内藤はこれからの湯長谷を思い、不安で押し潰されそうだった。すると、お咲に上手くいかなかったら、一緒に死ぬ覚悟があると言われる。内藤はお咲に励まされ、民のために炊き出しをすることを決める。お咲は村の女性の手を借りながら、炊き出しを行った。その時、村の女性から、内藤の嫁として歓迎される。お咲はそんな村人達の気持ちが嬉しくなった。その時、尾張柳生の仲間の者が現れ、お咲は捕らわれてしまう。

城の様子を伺っていた段蔵から、内藤は報告を受ける。城内に捕らえられている藩士が、明日打ち首になり、それを信祝が視察に来るというものだった。内藤が驚いていると、農民の子供が助けを求めてやって来る。尾張柳生が道場を建てるため、畑に杭を打ち込んでいた。内藤は悲しむ民のため、城を奪い返す覚悟を決める。

大岡は尾張柳生の仲間である僧侶を捕まえた。誘導尋問を行い、信祝と懇意にしていることを白状させる。さらに、秋山は僧侶の仲間を倒したときに見つけた手紙を取り出し、僧侶達が徳川吉宗を殺そうとしていた事実を突きつけた。大岡は動揺する僧侶を見て、それが真実であることに驚いた。信祝が湯長谷に出立したのは、暗殺のとき江戸にいないという事実を残すためだった。

内藤達は槍に手紙を巻き、櫓に投げ入れた。女性達はそれを読み、隠していた武器を持って立ち上がった。そして、内藤達と合流すると、武器を渡した。内藤は段蔵と共にお咲を救い出した。しかし、お咲は内藤の足手まといになるのは嫌だと、結婚を取り止めようとした。内藤はそんなお咲を叱り、思いを伝えようとした。だが、敵が襲ってきてしまう。内藤はお咲に好きだと告白しながら、敵を倒した。

内藤・家臣達・女性・生きて戻ってきた鈴木は、尾張柳生の者達と戦った。尾張柳生の諸坂三太夫は荒木に敗れ、仲間の柳生幻道に殺されそうになる。だが、内藤がそれを助けた。諸坂は柳生を刺殺すると、仲間を連れて柳生に戻ることを決める。諸坂は内藤に、信祝が徳川吉宗の命を狙っていることを伝え、気をつけろと忠告した。

信祝は内藤を殺すため、1000人の兵士を引き連れ湯長谷に進軍してきた。内藤は民や家臣達を守るため、1人で戦に行くつもりだった。だが、家臣達や段蔵は、内藤に最後までついて行くと進言した。内藤は6人の仲間と共に、信祝が連れてきた兵士達と戦った。内藤達は煙玉を使い、敵の目をかく乱した。だが、取り囲まれてしまう。内藤は悔い改めて湯長谷で暮らさないか信祝に尋ねた。信祝は嘲笑い内藤を殺すよう命じるが、誰も動こうとはしなかった。そこに、大岡と老中首座・松平輝貞が現れる。輝貞は信祝の老中の任を解き、古河藩本多忠良の預かりにすることを宣言した。

内藤は家臣達と共に、平和が戻った町の様子を眺めて回った。そして、お咲や民達が作ったご飯を、皆で仲良く一緒に食べた。

超高速!参勤交代 リターンズの感想・評価・レビュー

藩主の内藤政醇は、家臣や町民に優しく普段はほのぼのとした人物である。しかし、町民達を悲しませる相手には、例え老中だろうと黙っていない。怒りに満ちた表情で立ち向かっていく姿が、本当にカッコいいと思う。内藤を演じているのは佐々木蔵之介なのだが、役にぴったり合っている。

内藤に復讐しようとする老中役で陣内孝則が出演している。陣内の演技があまりにも強烈で、登場人物の中でも特に印象に残っている。アクが強い悪者役を、見事に演じ切っている。そんなに出番が多いわけではないのだが、知念侑李の存在感も良かった。(女性 20代)

関連作品

前作 超高速!参勤交代