映画『心霊写真部 劇場版』あらすじとネタバレ感想

心霊写真部 劇場版の概要:ニコニコ動画の夏のホラー100選で2年連続1位の支持率を得たDVD作品の続編映画で、2015年に公開された。DVDでは明らかにされなかった、マスク殺人鬼の正体と屋上の少女の謎が明らかになっていく。

心霊写真部 劇場版 あらすじ

心霊写真部 劇場版
映画『心霊写真部 劇場版』のあらすじを紹介します。

高校生の二宮佳夕が入った“心霊写真部”は、心霊写真の調査をする部活だった。
部長の牧村や先輩のリリと共に心霊写真に関わるようになり、屋上で出会った謎の少女の助言を得て、写真に潜む謎を解いてきた佳夕。
同時に通称“マスク殺人鬼”という猟奇殺人犯が世間を騒がせていた。

部のホームページに、エンジェル様を行った最中に天使を撮影した、という心霊写真が届いた。
撮影者の女子中学生、望海の元に向かった心霊写真部の3人だったが、不可解な現象に巻き込まれてしまう。
屋上の少女の力を借りて、写真の謎と望海の心の闇を明らかにした佳夕。

牧村とリリは校内の心霊スポットに出るという、自殺した男子生徒の心霊写真を見つける。
同時に、屋上の少女が一ノ谷玲花という生徒で、彼女の母親が行方不明になっているカメラマンの一ノ谷未沙だということ、亡くなった男子生徒は玲花の父親であり、未沙の恋人だった篠原圭人だと判明する。
心霊写真部の3人は玲花と共に心霊写真の再現をしようとするが、途中で思わぬハプニングが起こる。
翌日から学校に来なくなった玲花の身を案じて彼女の自宅に向かった佳夕は、そこに居合わせた2人の刑事から意外な真実を聞かされる。

玲花の自宅から持ち帰った心霊写真を調べていた牧村、リリ、佳夕の3人だったが、体調が悪いはずの牧村が行方不明に。
リリと佳夕は牧村がいると思われる心霊スポットへ向かうのだが、そこで全ての真実を知ることになる。

心霊写真部 劇場版 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:101分
  • ジャンル:ホラー、ミステリー
  • 監督:永江二朗
  • キャスト:奥仲麻琴、伊藤陽佑、上野優華、工藤美桜 etc

心霊写真部 劇場版 ネタバレ批評

映画『心霊写真部 劇場版』について、感想批評です。※ネタバレあり

本作だけでも楽しめる、打ち切りになった作品の劇場版

ホラーDVDとしてリリースされた前作「心霊写真部 壱限目」「心霊写真部 弐限目」で謎のまま終わっていた、マスク殺人鬼の正体、幽霊ではないかと思われていた屋上の少女が何者かが解き明かされていく作品。
それだけでなく、キツネ憑きとなって偽物の心霊写真を作った少女のストーリーも組み込まれていて、説明口調の台詞や回想シーンを多く使うよりも、どのような事を前作で行ってきたのかがわかりやすく描かれている。
テンポのいいストーリーと、起承転結がはっきりした展開、ホラー特有の驚かせ方も凝ったものではなくストレート。
近年の映画に多く見られる、凝りすぎて逆につまらなくなってしまう設定ではない。

心霊写真をテーマにしたホラーでありながら、マスク殺人鬼は誰なのかという謎が謎を呼ぶ展開にハラハラさせられる。
写真の記憶の中に入り込むという能力を使った佳夕の謎解きと、取り憑かれて震える牧村とリリの動きも独特。
しかし気を失っている2人をそのままに、謎を解こうと自分の世界に入る佳夕の姿は違和感がある。
パソコンの解析ソフトを使いこなしている様子の牧村が、エンジェル様の合成に気が付かないのはツッコミどころ。
最後のマスク殺人鬼になったはずの牧村が、お咎めなしというのもまたツッコミどころだ。

新キャストと続投キャストが入り混じった続編映画

2010年リリースの前作から時間が経っている関係か、キャスティングが一新されてフレッシュな女優が配役されている。
だが部長の牧村役の伊藤陽佑は続投し、30歳を超えていると感じさせない高校生役を演じている。
また前作でリリ役を演じた戸田れいが、未沙を殺人の容疑者として追っていると佳夕に告げる女性刑事役で出演しているのは上手いファンサービスだ。
前作から見ていても、違和感が少ないキャスティングであり、変わらない世界観が作り出されている。
しかし前作を見なければわからないマスク殺人鬼の犯行もあり、劇場版だけでは理解しきれない部分があるのは矛盾があるだろう。

心霊写真部 劇場版 感想まとめ

印象的な震えるシーンがニコニコ動画で話題になって「痙攣部」という愛称で親しまれ、DVD作品は打ち切りになっているにもかかわらず高い評価を受けて映画化にまで発展した作品。
脚本も手がけた原作者の小説「Re:心霊写真部」とは違うラストになっており、原作を読んでいても楽しめる内容になっている。
また、視聴者による制作費の寄付や、きっかけとなったニコニコ動画での投票で決まったシャワーシーンがあるのも興味深い。

2010年リリースのDVD「心霊写真部 壱限目」「心霊写真部 弐限目」を見ていればマスク殺人鬼の不気味さや、屋上の少女のミステリアス感も増すし、劇場版だけでも十分に面白い作品だ。
若い世代の奥仲麻琴や上野優華と共に高校生役を演じた、30代の伊藤陽佑の違和感のない“部長役”には驚きを隠せない。

Amazon 映画『心霊写真部 劇場版』の商品を見てみる