映画『スノーホワイト』あらすじとネタバレ感想

スノーホワイトの概要:グリム童話「白雪姫」に独特のアレンジを施し、騎士のように戦う白雪姫(スノーホワイト)を描いた2012年のダークファンタジー映画。メガホンを取ったルパート・サンダースは、本作が監督デビュー作。

あらすじ

スノーホワイト
映画『スノーホワイト』のあらすじを紹介します。

雪のように白い肌、血のように赤い唇、カラスのような黒髪、そしてバラのような強さを持って生まれたスノーホワイト。
王妃エレノアが突然亡くなり、悲しみに暮れるマグナス王の前に謎の軍隊が攻めてきた。
そこに捕虜として捕らえられていた美女ラヴェンナを新しい妃として迎えるが、彼女の正体は破滅を呼ぶ魔女であり、マグナス王の命を奪うと、弟フィンが率いる軍隊を招き入れて国を乗っ取った。
そしてスノーは北の塔に幽閉された。

数年後、ラヴェンナは永遠の美しさと命を手に入れるため、鏡の精の助言の元、美しく成長したスノーの心臓を奪おうとするが失敗。
呪われた黒い森に逃げ込むが、飲んだくれの猟師エリックがラヴェンナの命令で追ってきた。
だが、魔女の魂胆を知ったエリックはスノーの味方になって、マグナス王の家臣ハモンド公爵に助けを求める手伝いをすることに。

途中、小人たちに助けられ妖精が住む森に匿われたスノーとエリック。
スノーは森の精霊に祝福を受けるが、そこにもラヴェンナの追っ手がやってくる。
ハモンド公爵の息子でスノーの幼馴染ウィリアム王子も合流して戦い、ラヴェンナの弟フィンという大きな戦力を奪うことに成功。

スノーが救世主だと確信した小人たちとエリックは、彼女に忠誠を誓う。
だが、ラヴェンナの魔法によって命を落としてしまうスノー。
残された仲間たちは、スノーのためにラヴェンナと戦う決意を固める。

スノーホワイト 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2012年
  • 上映時間:127分
  • ジャンル:ファンタジー、アクション
  • 監督:ルパート・サンダーズ
  • キャスト:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン etc

スノーホワイト ネタバレ批評

映画『スノーホワイト』について、感想批評です。※ネタバレあり

童話「白雪姫」のアレンジ映画が同時期に2本

童話やおとぎ話に現代ならではの斬新なエッセンスを加え、独特のアレンジを施す、という近年になって多く作られるようになったありふれた設定のストーリー。
同時期に、同じ白雪姫をアレンジしたコメディアクション映画「白雪姫と鏡の女王」が公開されており、ジュリア・ロバーツの初めての悪役とリリー・コリンズのキュートな白雪姫が話題になった。

本作は2012年6月に日本で公開され、「白雪姫と鏡の女王」が2012年9月に公開と、狙ったようなタイミング。
同じ白雪姫ばかりで飽きた、というのが本音になってしまう。

対照的なキャスティング

トワイライト」シリーズが終わったばかりのクリステン・スチュワートは、色白で意志の強い表情を持つ女優であり、スノーホワイト(白雪姫)に適役。
魔女ラヴェンナ役には、元モデルでブロンドのロングヘアーと抜群のプロポーションを持ち合わせ、アカデミー賞受賞経験もある演技派女優のシャーリーズ・セロン。
対照的な2人のキャスティングは、“白と黒”というイメージの童話「白雪姫」を象徴している。

だが、日本語吹き替え版でラヴェンナの声を演じた女優、小雪の声が悪役とは思えない優しい声で、もったいない印象を与えている。

白雪姫をアレンジしすぎたストーリー

元が童話だということを忘れるくらい、自ら甲冑を身にまとい馬に乗って戦うスノーの姿は印象的。
しかし、中世ヨーロッパをイメージさせるような衣装、「ロード・オブ・ザ・リング」などを連想させるような戦闘シーンは、オリジナルからかけ離れすぎている。
白雪姫がベースでなくても良いのではないかと思わせるが、7人の小人や毒リンゴという、白雪姫ならではのアイテムも登場する。

ウィリアムがスノーの運命の王子様かと思えば、なぜか猟師のエリックのキスで目覚めるというのはツッコミどころ。

日本のアニメ映画「もののけ姫」のワンシーンをそのまま抜き取ったかのような、森の精霊とスノーが出会うシーンなど、どこかで見たようなシーンの多さには呆れ果ててしまう。

スノーホワイト 感想まとめ

大量生産されている有名童話を大胆にアレンジした作品のひとつで、元になっているのは「白雪姫」。
鏡の精から世界で一番美しいのは白雪姫だと告げられた継母が実は魔女で、白雪姫に毒リンゴを食べさせるが、7人の小人が白雪姫の遺体を守り、最後に王子様のキスで姫は目覚めるというストーリーが、「ロード・オブ・ザ・リング」のようなダークファンタジーになり替わっている。
白雪姫がベースの作品として見るのではなく、ひとつのダークファンタジー映画として見たほうが楽しめる作品。

監督のルパート・サンダースと主演のクリステン・スチュワートが熱愛報道で騒がれたりもしたが、続編の計画もあるようで、うまくいけば三部作のシリーズになると噂されている。

Amazon 映画『スノーホワイト』の商品を見てみる