映画『少女は自転車にのって』あらすじネタバレ結末と感想

少女は自転車にのっての概要:イスラム教の厳しい戒律の中で暮らす10歳の少女ワジダは、男の子と同じように自転車に乗ることを夢見ていた。サウジアラビア初の女性監督による長編映画で、世界中から高い評価を得た。2012年公開。サウジアラビアとドイツの合作映画。

少女は自転車にのって あらすじネタバレ

少女は自転車にのって
映画『少女は自転車にのって』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

少女は自転車にのって あらすじ【起・承】

サウジアラビアで暮らす10歳のワジダ(ワアド・ムハンマド)は、意志の強い活発な少女だ。近所に住む男の子のアブダラと遊び、彼と自転車競走をしたがっているような娘を母(リーム・アブドゥラ)はいつも心配している。周囲に自転車に乗る女性などおらず、ワジダがいくら頼んでも、自転車は買ってもらえなかった。

厳格なイスラム教の国サウジでは学校も男女別で、年頃になった女性は家族以外の男性に顔や肌を見せることも禁止されている。ワジダの通う女学校は教師も全て女性であり、校則も厳しい。従順な生徒が多い中、黒のコンバースを履きコーランを覚えようともしないワジダは、教師から問題視されていた。

ワジダは自転車を買うため友達に手作りのミサンガを売ったり、上級生の密会を手伝ったりしてお小遣いを貯めていた。しかしワジダの欲しい自転車は800リヤルと高額で、なかなか手が届かない。学校で行われるコーランの暗唱大会の優勝賞金が1000リヤルだと知ったワジダは、大会への参加を決める。校長や教師に“心を入れ替えます”と嘘をつき、賞金のために学校の宗教クラブに入って熱心にコーランの勉強を始める。

アブダラのおじさんは選挙に出馬しており、その選挙事務所はワジダの自宅前にある広場だった。ワジダの家の屋上に照明をつけさせて欲しいと頼みに来たアブダラをワジダは母に内緒で招き入れ、屋上でアブダラの自転車に乗せてもらう。

少女は自転車にのって あらすじ【転・結】

ワジダの母は2人目が妊娠できず、男の子が欲しい父の家では第二夫人を迎える準備を進めていた。父は長く帰ってこず、母はそのことで神経質になっていた。ある日母が突然屋上にやってきて、ワジダとアブダラはきつく叱られる。それでもワジダは自転車を諦めるつもりはなかった。

母は夫に嫌われないため、男性のいない遠くの職場へ通い、容姿も夫好みであるよう努力していた。しかし一夫多妻が認められているイスラム社会で女性の立場は弱く、夫の結婚を止める権利はない。ワジダはそんな両親に疑問を感じていた。

いよいよコンクールの日。もともと頭のいいワジダはライバルたちを抑えて見事優勝する。舞台上で校長から賞金の使い道を聞かれたワジダは、正直に“自転車を買います”と答える。しかしそんなことは認められず、賞金は学校の都合でパレスチナに寄付されてしまう。

努力の結果手に入れた賞金まで取り上げられ、ワジダはすっかり落ち込む。アブダラは自分の自転車をあげると言ってワジダを慰める。それでは競走ができないと言って帰っていくワジダに、アブダラは“いつか結婚しよう”とプロポーズする。

家には父が帰っており、母と連絡がつかないと言いながら再び出て行く。ワジダは悔し涙にくれ、泣き疲れて眠ってしまう。夜、目を覚ましたワジダは母の気配を感じて屋上へ行く。父は別の女性と結婚し、母は父好みの長い髪を切っていた。母はワジダの欲しかった自転車を買ってくれており、“世界一幸せになって”と言ってワジダを抱きしめる。

ついに念願の自転車を手に入れたワジダは、アブダラを誘って自転車で町を走り抜ける。

少女は自転車にのって 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2912年
  • 上映時間:97分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、青春
  • 監督:ハイファ・アル=マンスール
  • キャスト:ワアド・ムハンマド、リーム・アブドゥラ etc

少女は自転車にのって 批評・レビュー

映画『少女は自転車にのって』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

生き生きとしたサウジアラビアの女性たち

厳しい戒律を守るイスラム教徒の女性がどんな日常生活を送っているのか。それを目にする機会はほとんどない。本作では少女ワジダの日常を通して、イスラム教徒の女性の家庭生活や学校生活、さらには結婚や仕事についての現実まで自然と見ることができる。

外では黒い布で全身を覆っている女性だがおしゃれへの関心は強い。きちんとメイクもしてファッショナブルな洋服を着ている。しかしその姿を夫以外の男性に見られてはいけない。年頃を迎えた少女たちは恋人と会うことも許されず、親の決めた男性と結婚させられる。男性は4人までの女性と重婚が許されているので、夫が第二夫人を迎えても妻は文句を言えない。日本の自由な環境に慣れている私たちから見ると驚くほど窮屈な生活を送っている彼女たちだが、本作に悲壮感や卑屈さはない。彼女たちはその慣習の中でたくましく生きており、その姿は生命力に満ち溢れている。

この生き生きとした女性の描写にサウジアラビア初の女性監督であるハイファ・アル=マンスールの強い意志と女性らしい柔らかさを感じる。監督はこの作品を通して、画一化されて捉えられがちなイスラム教徒の女性たちもそれぞれの人生を持ち、いろんな葛藤をしながら笑ったり泣いたりしているのですよと、自然体で私たちに語りかけている。

ワジダとアブダラの明るさ

ワジダは“自分の自転車で友達のアブダラと競争したい”という具体的な目標に向かってまっすぐに突き進んでいく。先生や母親に怒られたぐらいでは全くへこたれない。親に泣きついたりするのではなく、自分の努力で自転車を手に入れようとするワジダの自立した姿勢は立派であり、日本の子供たちにも見習って欲しい。

ワジダを演じたワアド・ムハンマドもサウジアラビア生まれであり、凛とした瞳が印象に残る魅力的な少女だ。ワジダを献身的に支えるアブダラを演じたアブドゥルラフマン・アル=ゴニハという少年も素直な表情がとても可愛い。この2人のキャラクターが爽やかな青空のように清々しく、明るい未来を予感させてくれる。

少女は自転車にのって 感想まとめ

サウジの街並みも乾いた景色も、人々の日常もコーランの暗唱も…全てが新鮮で興味深く、全く飽きることがない。ストーリー展開や編集のテンポも良く、映画としてのクオリティーもしっかりしている。何より明るいトーンで統一された演出が見事で、鑑賞後も清々しい気持ちになれる。

この作品が生まれたことで映画館のないサウジアラビアに映画館ができたり、女性の地位が向上したりすると素敵だなと思う。古い慣習を変えていくのはとても難しいことなのだろうが、この作品が世界中で高く評価され、多くの映画ファンの目に触れる機会に恵まれたことは大きな一歩になったはずだ。ハイファ・アル=マンスール監督の次回作にも是非期待したい。

Amazon 映画『少女は自転車にのって』の商品を見てみる