映画『沈黙 サイレンス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「沈黙 サイレンス」のネタバレあらすじ結末

沈黙 サイレンスの概要:キリシタン弾圧について書かれた遠藤周作の小説『沈黙』を、マーティン・スコセッシ監督が2016年に映画化した作品。スコセッシ監督が30年近く前から構想を練っていたというだけあって、巨匠の底力を見せつける重厚な作品に仕上がっている。

沈黙 サイレンスの作品概要

沈黙 サイレンス

公開日:2016年
上映時間:162分
ジャンル:歴史、ヒューマンドラマ
監督:マーティン・スコセッシ
キャスト:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ etc

沈黙 サイレンスの登場人物(キャスト)

セバスチャン・ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)
ポルトガルのイエズス会の神父。日本では司祭と呼ばれる。師であるフェレイラ神父の消息を確かめるため、危険を冒して日本へやってくる。
フランシス・ガルペ(アダム・ドライヴァー)
ロドリゴ神父とともに日本へやってきた神父。ロドリゴ神父よりも、感情的な一面がある。
クリストヴァン・フェレイラ(リーアム・ニーソン)
日本で15年間もキリスト教の布教活動をしていたが、幕府の激しい弾圧により、棄教を余儀なくされる。貿易商人に最後の手紙を託し、消息不明となる。
キチジロー(窪塚洋介)
長崎の五島の村出身のキリシタン。海を漂流中にポルトガル人に助けられ、マカオにいた。ロドリゴ神父たちの案内人として、日本に帰ってくる。家族は踏み絵を拒否して火あぶりにされたが、キチジローは踏み絵を踏んで生き残っていた。
井上筑後守(イッセー尾形)
長崎奉行所の大名。一見温厚そうな老人だが、キリスト教弾圧のためなら手段を選ばない男で、キリシタンから恐れられている。
通詞(浅野忠信)
長崎奉行所に捕まったロドリゴ神父の通訳を務める男。英語は、ポルトガル人の神父に習った。フェレイラ神父のこともよく知っている。
モキチ(塚本晋也)
長崎の寒村のキリシタン。ロドリゴ神父を司祭として敬い、彼らに尽くす。自分の死を覚悟し、木彫りの小さな十字架をロドリゴ神父に託す。
ジュアン(加瀬亮)
五島で捕まった貧しいキリシタン。ジュアンは洗礼名で、本名はチュウキチ。キリスト教を信仰すれば、天国という飢えや苦しみのない世界へ行けると信じている。

沈黙 サイレンスのネタバレあらすじ

映画『沈黙 サイレンス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

沈黙 サイレンスのあらすじ【起】

1633年、長崎県の雲仙。キリスト教布教のため、ポルトガルからやってきたイエズス会のフェレイラ神父は、長崎奉行に捕らえられ、棄教を迫られていた。長崎奉行は、修道士4名を磔にし、熱湯を浴びせるという拷問をフェレイラ神父に見せる。修道士たちは福音を捨てることを拒み、拷問によって命を落としていく。

それから数年後。フェレイラ神父の最後の手紙がポルトガルに届く。その手紙によると、フェレイラ神父は棄教し、日本人として暮らしているらしかった。彼を師と仰ぐロドリゴ神父とガルペ神父は、彼の消息を確かめるため、日本への渡航を志願する。年長の神父は「危険すぎる」と止めるが、若い2人は使命感に燃えていた。

1640年、ロドリゴ神父とガルペ神父は、マカオから日本へ密航する中国船に乗せてもらい、日本へ密入国する。通訳兼案内人として、マカオにいた唯一の日本人のキチジローが同行する。キチジローはポルトガル人に助けられた遭難者で、日本へ帰りたがっていた。

船は無事に長崎の果てへ到着するが、陸へ上がった途端、キチジローが姿を消す。2人が怯えていると、松明を持ったトモギ村のキリシタンたちが集まってくる。2人の到着を伝えたのはキチジローだった。ジイさまと呼ばれている村の長老は、2人を村に迎える。

貧しい村には隠れキリシタンが大勢いた。彼らは、長崎奉行・井上筑後守の迫害を恐れ、息を潜めて暮らしていた。彼らは司祭の出現を喜び、2人を炭焼き小屋に匿って、祈りを捧げる。ロドリゴ神父は、日本の信徒の熱心さに感動する。

ガルペ神父は、狭い炭焼き小屋から出られない日々にストレスを感じていた。そんなある日、五島の村から「自分たちの村にも来て欲しい」と、使いの村人がやってくる。五島はキチジローの故郷で、彼が2人のことを村人に伝えたのだった。

「せめて1人はここに残って欲しい」というジイさまたちの願いを聞き入れ、ガルペ神父はトモギ村に留まり、ロドリゴ神父だけ五島へ向かう。五島の隠れキリシタンたちは、ロドリゴ神父の来訪を心から喜ぶ。ロドリゴ神父は6日間五島に滞在し、多くの人々の告悔を聞く。そして、8年前に踏み絵を踏んだキチジローの罪も赦す。キチジローの家族は踏み絵を踏むことを拒み、全員火あぶりにされていた。

沈黙 サイレンスのあらすじ【承】

トモギ村に奉行所の役人が訪れ、ジイさまが捕らえられる。井上は村人に3日間の猶予を与え、司祭(ロドリゴ神父たちのこと)のことを話すよう命じる。話せば褒美を与えるが、隠した場合は村からジイさまに加えて3名の人質を長崎へ連れていくという。信仰心の厚いモキチとイチゾウは、自ら人質に志願し、ロドリゴ神父たちを守ろうとする。残りの1名はよそ者のキチジローが指名され、村から4人の人質が差し出される。

別れる前の晩、モキチはロドリゴ神父に手作りの小さな十字架を託し、村人を守るために踏み絵を踏んでもいいか尋ねる。ロドリゴ神父は、踏み絵を踏むことを赦すが、ガルペ神父は反対する。

村を発つ前、役人は4人に踏み絵を踏ませる。4人は村人を守るために踏み絵を踏むが、役人は彼らの動揺を見逃さなかった。そして今度はキリスト像に唾を吐くよう命じる。キチジロー以外の3人はどうしてもそれができず、キリシタンであることがバレてしまう。3人は、海面ギリギリの岩場で磔にされ、荒波に打たれて命を落としていく。3人の遺体は燃やされ、遺灰は海に捨てられる。ロドリゴ神父は山から全てを見ており、強いショックを受ける。

役人が山狩りをすることになり、ロドリゴ神父とガルペ神父は別々に村を離れる。ガルペ神父は使命を果たすため平戸へ向かい、ロドリゴ神父は五島へ戻る。五島に到着したロドリゴ神父は山をさまよい、キチジローと再会する。キチジローは、磔にされた3人のために告悔する。ロドリゴ神父は、沈黙を続ける神に疑問を抱き、無に祈っているような気持ちになる。

キチジローの案内でキリシタンの村へ移動する途中、ロドリゴ神父は役人に捕らえられる。キチジローが裏切ったのだ。五島では、他にも数名の信徒が捕まっていた。井上は、「お前しだいで彼らを自由にできる」と言って、ロドリゴ神父に棄教を迫る。しかしロドリゴ神父は、それを断る。

沈黙 サイレンスのあらすじ【転】

ロドリゴ神父は、他の信徒たちとともに、長崎奉行所へ送られる。これから尋問が行われるため、ロドリゴ神父には通詞(通訳の役人)がつく。通詞は、フェレイラ神父が棄教し、現在は日本名を名乗って日本人の妻もいることを教えてくれる。日本人は、棄教のことを「転ぶ」という言葉で表現しており、通詞はロドリゴ神父もいずれ転ぶと思っていた。

奉行所の牢屋で、ロドリゴ神父は丁重な扱いを受ける。井上は、日本ではキリスト教は育たないのだとロドリゴ神父を諭す。しかし、ロドリゴ神父は抵抗を続ける。

キチジローは牢屋までロドリゴ神父を追ってきて、もう一度告悔させて欲しいと懇願する。ロドリゴ神父は、キチジローのことを悪と呼ぶほどの価値もない下劣な男だと軽蔑する。そしてそんな自分の冷たさに苦しむ。

牢屋の外に5人の信徒が出され、そこで踏み絵を踏むよう命じられる。しかし5人は踏み絵を踏まない。役人は、ジュアンという洗礼名の男以外を牢屋に返す。そしてロドリゴ神父の目の前で、あっという間にジュアンの首をはねてしまう。ロドリゴ神父は無残に転がったジュアンの生首を見て、牢屋の中で嘔吐する。キチジローはお手本として踏み絵を踏み、再び自由の身となる。

井上は、屋敷内にロドリゴ神父を招き、日本にとってキリスト教が危険な宗教であることを説明する。そしてなかなか棄教しないロドリゴ神父をさらに苦しめるため、次の行動を起こす。

砂浜へ連れて行かれたロドリゴ神父は、囚われの身となったガルペ神父の姿を見る。役人たちは、ガルペ神父の目の前で信徒たちを簀巻きにし、船から海へ投げ落としていく。ガルペ神父は「私を身代わりにしろ!」と叫びながら海へ入り、信徒たちとともに溺死する。通詞はロドリゴ神父に「お前が彼らに苦しみを押し付けたのだ」と囁く。ロドリゴ神父は、気が狂いそうだった。

ロドリゴ神父を転ばすため、井上の命令で、フェレイラ神父が呼ばれる。ロドリゴ神父は師との再会を喜ぶが、フェレイラ神父の表情は曇っていた。彼は沢野という日本名で呼ばれ、日本のために働いていた。フェレイラ神父は、医学や天文学の発展に貢献し、キリスト教を否定する書物まで書いていた。ロドリゴ神父は、あまりにむごすぎると涙を流すが、フェレイラ神父は今の生活に満足していると言い張る。そして、自分の受けた穴吊りの拷問がいかに恐ろしいものかを語り、ロドリゴ神父にも棄教を勧める。ロドリゴ神父には、自分は絶対に屈しないという自信があった。

沈黙 サイレンスのあらすじ【結】

井上は、いよいよ最終手段に出る。ロドリゴ神父は穴吊りの拷問場所に連れて行かれ、拷問に苦しむ信徒たちの叫び声を聞かされる。信徒たちは、耳の横に穴を開けられた状態で逆さに吊るされ、顔だけを穴の中に沈められる。それは、滴り落ちる血が穴に溜まっていくという壮絶な拷問だった。彼らは踏み絵も踏み、棄教も宣言していたが、ロドリゴ神父が棄教しないため、代わりに拷問されていた。同じ苦しみを味わったフェレイラ神父は、祈りでは彼らは救えないとロドリゴ神父を説得する。

踏み絵の前に立たされたロドリゴ神父は、「踏みなさい、お前の苦しみは知っている」という神の声を聞く。そしてついに踏み絵を踏み、その場にうなだれる。ロドリゴ神父が棄教したことで、信徒たちは解放される。

1641年、オランダ貿易会社の医師をしている男が日本を訪れ、棄教したフェレイラ神父とロドリゴ神父の噂を聞く。彼らは、巧みに隠されたキリスト教の証を探し出し、日本からキリスト教を根絶するために働いていた。棄教してからのロドリゴ神父は、黙々とその役目をこなしていた。

ロドリゴ神父は井上の命令で、江戸で亡くなった岡田三右衛門という男の名前を引き継ぎ、岡田の妻と子供とともに江戸で暮らし始める。井上は、棄教の誓いや転び証文を何度もロドリゴ神父に書かせ、キリスト教の弾圧に彼を利用する。

キチジローはロドリゴ神父の召使いとして側にいた。2人きりになった時、キチジローはロドリゴ神父を「パードレ(司祭)」と呼び、告悔を聞いて欲しいと懇願する。ロドリゴ神父は驚いてそれを断るが、キチジローは、彼の沈黙の中にある信仰心を感じ取っていた。

井上の定期的な取り調べは続いていた。1667年、キチジローはお守りの中に聖母の絵を隠し持っていたことがバレてしまい、役人に連れ去られていく。その時もロドリゴ神父は、沈黙を続けていた。

1682年、「最後の司祭」と呼ばれたロドリゴ神父は、江戸で息をひきとる。彼は棄教してから2度と神を認めず、死に際しても神への祈りを口にすることはなかった。彼を知る人はみんな、彼の信仰はずっと昔に消え去ったものと思っていた。

仏式で執り行われたロドリゴ神父の葬儀の際、妻だけが棺の中のロドリゴ神父への接触を許される。妻は遺体の胸元に守り刀を置き、夫の棺を見送る。ロドリゴ神父は仏教徒として荼毘に付されたが、彼の手の中には、かつてモキチから託された木彫りの小さな十字架があった。それは彼の妻が密かに握らせたものだった。

Amazon 映画『沈黙 サイレンス』の商品を見てみる