歴史映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ

歴史映画一覧

歴史映画のネタバレあらすじ一覧です。歴史映画のストーリーをネタバレを含めて結末までわかりやすく簡単に解説しています。

「クィーン」のネタバレあらすじ結末と感想

クィーンの概要:1997年のイギリス。国民の多くが忘れることのできない8月31日の深夜、ダイアナ元皇太子妃が交通事故により亡くなった。公に哀悼の意を示さない王室に、国民の不満は高まる。エリサベス女王を始めとする王室の面々と、当時就任したばかりのトニー・ブレア首相がどのように葬儀までの一週間を過ごしたのか、その裏側を描く。

「ブラック・クランズマン」のネタバレあらすじ結末と感想

ブラック・クランズマンの概要:今も存在する白人至上主義団体・KKK(クー・クラックス・クラン)に黒人警官が潜入するという嘘のような本当の話をもとに、アメリカでの黒人差別の実態を描く。時に大胆なフィクションも織り交ぜながら、この話は決して昔話ではなくまさに今起こっている事実だと強く訴えかけてくる映画である。

「ボストン・ストロング ダメな僕だから英雄になれた」のネタバレあらすじ結末と感想

ボストン・ストロング ダメな僕だから英雄になれたの概要:2013年のボストン・マラソンで爆弾テロが発生した。近くにいたジェフは爆弾に巻き込まれて両足を失ってしまう。テロから生き延びた彼はボストンの英雄として皆から尊敬と希望のまなざしを受けるようになるが……。

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」のネタバレあらすじ結末と感想

ロダン カミーユと永遠のアトリエの概要:40歳にして国からの注文を受けたロダンは“地獄の門”の製作に取り掛かった。彼にはカミーユという弟子で愛人がいた。カミーユはロダンに愛と情熱をくれたが、次第にカミーユは今の立場に悩みだす。

「梟の城」のネタバレあらすじ結末と感想

梟の城の概要:原作は故司馬遼太郎の同名長編小説。天正伊賀の乱から10年後。伊賀忍者、葛籠重蔵の元へ時の権力者、太閤豊臣秀吉の暗殺依頼が舞い込む。重蔵は依頼を引き受けて遂行を目指すが、彼の前に伊賀の裏切り者、風間五平が立ち塞がるのだった。

1 2 3 4 9