『タイタニック(1997)』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

監督・脚本はジェームズ・キャメロン。主演ジャック・ドーソン役は「インセプション」でも主演を務めたレオナルド・ディカプリオ。ローズ・デウィット役はケイト・ウィンスレット。

あらすじ

タイタニック(1997)』のあらすじを説明します。

1912年に沈没したタイタニック号。月日は流れ84年後の1996年現在。トレジャーハンターのブロック・ロベットらはタイタニックと共に沈んだ最高峰のダイアモンド「碧洋のハート」の在処を求めてタイタニック号を調査していた。小型潜水艇でタイタニック号の内部調査をしていた時、1等客室の部屋から一つの金庫を回収する。ブロックらは当然、碧洋のハートに期待を寄せたが、残念な事に金庫の中には古ぼけた紙切れしか残されていなかった。
 肩を落としていたブロックらだがその紙切れを洗い直したら、碧洋のハートらしきダイアを身に着けた女性の姿が浮かび上がった。
そして、その絵画をテレビで報じた所、ある視聴者の老婆が驚きを隠せずに居た。老婆から一本の電話がブロックの元に入り話を聞くと、その老婆はなんとその絵のモデルであり100歳を超えてなお生存していたローズという名の女性であった。老婆は孫娘らと共に調査団の船を訪れ、ブロックらに当時にタイタニック号で起こった事について語り始めた…
イギリスからニューヨークへ向けて処女航海を始めたタイタニック号。ローズはその客船にキャルドン・ホックリーの婚約者として乗船した。
 タイタニック号には様々な階級の人が乗船しており、貧しい青年ジャック・ドーソンは出向直前にポーカーで船にチケットを手に入れ、友人のファブリッツィオと乗船していた。
タイタニック号で階級の違うジャックとローズはなぜ出会い、そしてタイタニック号はなぜ沈没へと向かうのか…。そして、ジャックとローズの関係は…。

評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1997年12月20日
  • 上映時間:189分
  • ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
  • 監督:ジェームズ・キャメロン
  • キャスト:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『タイタニック(1997)』のついて、3つ考察・解説します。※ネタバレあり

名脇役

キャルドン・ホックリーというローズの婚約者(通称キャル)。作中ではジャックの敵役として憎らしい存在で描かれているが、私自身は一番好きな役どころ。
 様々な場面で婚約者ローズに当たり散らし、ジャックの救難船への乗船を阻み、あげくにはジャックにピストル発砲する。プライドの高い上流階級の人間を見事に演じていると思います。救難船の席手配もビジネスで船員を買収しようとする有様。結局失敗に終わりましたが…。お金じゃ解決しない事もあるよって現実を受けるキャル。それでもめげずに最終的に船上で子供を拾って同情作戦で見事に救難船に乗れたキャル。汚い大人ですが、賛同者も多いと思いました。
しかし、1929年の世界恐慌で株の大暴落でピストル自殺してしまうキャル。キャルの人生が最後まで作中で出てて良かったです。

ジャックは生き残れたのでは

なんだかんだ最後の最後で海で凍死してしまうジャック。まるでローズを船の部材の上に避難させた代わりに自分が犠牲になった様に描かれています。一旦ローズの非難が済んだんだから自分の安全地帯も探せと思うかもしれませんが、そこはやはり海…。しかも夜ですしね。はぐれてしまう可能性が非常に高いし体力的にも限界があったのでしょう。
素直にジャックは“頑張ったがだめであった”と受け止めるのがいいと思います。

この作品のテーマとは

色々あると思います。生の執着からタイタニックのリアル再現と、つまるところ愛だと思います。形は違えどみな登場人物は愛をもって動いてました。

まとめ

全体的にタイタニック号の内部状況がリアルであったと感じました。すべての階級の人々と船員。そして、船員音楽団の人達も含めて。登場人物が死と向き合っている作品でした。やはり、人は死を直前にして愛を選ぶのだと思います。恋愛のみでなく自己愛や物愛や他者愛すべてを含めて…。
メインがジャックとローズの恋愛で描かれていますが、上流階級の方の自己愛や船長始め船員の船に対する責任と愛情も感動ものです。
 感想は、観ていないのであれば是非観てほしい作品です。恋愛推しの作品だから抵抗ある方でも感じるものは必ずあると思いますよ!
作品は二部構成になっており、後篇はタイタニック沈没もあって命冷や冷やなシーンも多いのでスリルも楽しめます。あくまで恋愛がメインな作品だと思います。

Amazon 映画『タイタニック(1997)』の商品を見てみる