映画『タイタニック(1997)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「タイタニック(1997)」のネタバレあらすじ結末

タイタニック(1997)の概要:レオナルド・ディカプリオの生涯にわたる代表作であり、世界で最も有名なラブ・ストーリーの一つ。実際に起きたタイタニック号沈没事件を題材に、今世紀最大の愛を美しく描く。

タイタニックの作品情報

タイタニック

製作年:1997年
上映時間:189分
ジャンル:ラブストーリー
監督:ジェームズ・キャメロン
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ etc

タイタニックの登場人物(キャスト)

ジャック・ドーソン(レオナルド・ディカプリオ)
絵描きを目指す貧しい青年。たまたまタイタニック号のチケットを手にし、乗船することになる。
ローズ・デヴィット・ブケイター(ケイト・ウィンスレット)
名家、ブケイター家の人間。傾きつつある家を建て直すため、政略結婚を強いられそうになる。そんな中出会ったジャックに、徐々に心惹かれていく。

タイタニックのネタバレあらすじ

映画『タイタニック(1997)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

タイタニックのあらすじ【起】

今から84年前、とある大事件が起きていた。それは、豪華客船『タイタニック号』の沈没。そして月日が流れた今、未だ海底に沈んだままとなっているタイタニック号を調査しようという計画が始まっていた。

その調査を行なっていたのは、トレジャーハンターであるブロック・ロベットである。実は、タイタニック号の中には、世界最高峰のダイアモンド、『碧石のハート』が共に眠ると言われていたのだ。小型潜水艇が放たれ、本格的な調査が始まった。そして、1等客室のとある部屋に、一つの金庫がしまわれていたのだ。調査団は、この中に碧石のハートがあるに違いないと歓喜に沸く。

そして、彼らはその金庫を開けてみる。すると、中には碧石のハートではなく、一枚の古い絵画が入っていたのだった。それがダイアモンドでなかったことに落胆する調査団だったが、念のためその絵画を持ち帰ることにする。そして、その絵画を綺麗に整復すると、1人の美しい女性の絵が現れたのだった。

タイタニックのあらすじ【承】

そして、その絵画に描かれた女性の首元には、碧石のハートと思しきダイアモンドが描かれていた。この一連の騒動は、テレビで大々的に報道された。そして、その報道がとある人物の目に留まったのである。そのニュースを目にした1人の老女が、ブロックに連絡を入れてきた。

そして、なんと彼女こそが、その絵に描かれている女性のモデルであるという。その老女は、孫娘に連れられ調査団の元へとやってきた。なんと、彼女は沈没した例のタイタニック号に乗船していたのだという。彼女は、あの悪夢から奇跡的に生還を果たしたのだ。そして、彼女はあの日何があったのかを、調査団に語り出すのだった。

当時、世間の話題を集めていた超豪華客船タイタニック号の処女航海。その船に、ローズ・デヴィット・ブケイターという良家の娘が乗っていた。しかし、折角の旅行だというのにローズの気持ちは晴れなかった。当時、彼女は望まない結婚を強いられ、旅行に婚約者であるキャルも同席していたのである。

タイタニックのあらすじ【転】

実は良家の娘とはいえ、ローズの父親は既に他界。ブケイター家は破産の危機に陥っていたのだ。そんな状況の打開策が、ローズが良家の人間と結婚することである。

一方、同じくタイタニック号にジャック・ドーソンという青年が乗船していた。しかし、彼はローズとは異なり低流階級の人間。船のチケットを手に入れたのも、たまたまポーカーで勝利したためだった。ジャックは絵描きで、彼の描いた絵がローズの目に止まる。自分が今まで関わる機会のなかったタイプである、自由で活力溢れるジャックに、ローズは徐々に惹かれていく。

そして、ローズはジャックの絵を紹介しよう、と自身の母親に会わせるのだった。しかし、それが母親の怒りを買ってしまう。母親は、ジャックのような身分の低い人間が娘の周りをうろついていることが我慢ならなかったのである。しかし、母親がいくら叱責しようと、ローズとジャックは既に互いに惹かれあっていた。そんな二人の仲は、徐々に縮まっていくのである。

タイタニックのあらすじ【結】

しかし、そんな時だった。恐ろしい報せが乗客に伝えられた。なんと、タイタニック号が巨大な氷山に突撃してしまったのである。そして、船はゆっくりと沈み始めていた。それから、場はパニックに陥る。全員が我先にと救命ボートへと乗り込み、そして、ジャックが船の中に取り残されてしまったのである。

ローズはそんなジャックを探しに船へと戻る。沈んでいく船の中、二人はなんとか生き延びた。しかし、暗い闇の中、辺りにボートの姿は見えなかった。たまたま一つあった瓦礫の上に、ジャックはローズを乗せる。その瓦礫は、人一人が乗るので精一杯の大きさだったのだ。

それから暫くして、ようやく救援を知らせる声がローズの耳に届く。しかし、その時には既に、冷え切った水に体力を奪われたジャックは息絶え、海の底へと沈んでしまっていた。ジャックは死の間際、ローズに「生きろ」と声をかける。ローズは必死に声を上げ、なんとか救助されたのだった。そして、それからというもの、ローズは『ローズ・ドーソン』と名乗り、彼と共に人生を歩んできたのだった。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①名脇役

    キャルドン・ホックリーというローズの婚約者(通称キャル)。作中ではジャックの敵役として憎らしい存在で描かれているが、私自身は一番好きな役どころ。
    様々な場面で婚約者ローズに当たり散らし、ジャックの救難船への乗船を阻み、あげくにはジャックにピストル発砲する。プライドの高い上流階級の人間を見事に演じていると思います。救難船の席手配もビジネスで船員を買収しようとする有様。結局失敗に終わりましたが…。お金じゃ解決しない事もあるよって現実を受けるキャル。それでもめげずに最終的に船上で子供を拾って同情作戦で見事に救難船に乗れたキャル。汚い大人ですが、賛同者も多いと思いました。
    しかし、1929年の世界恐慌で株の大暴落でピストル自殺してしまうキャル。キャルの人生が最後まで作中で出てて良かったです。

    ②ジャックは生き残れたのでは

    なんだかんだ最後の最後で海で凍死してしまうジャック。まるでローズを船の部材の上に避難させた代わりに自分が犠牲になった様に描かれています。一旦ローズの非難が済んだんだから自分の安全地帯も探せと思うかもしれませんが、そこはやはり海…。しかも夜ですしね。はぐれてしまう可能性が非常に高いし体力的にも限界があったのでしょう。
    素直にジャックは“頑張ったがだめであった”と受け止めるのがいいと思います。

    ③この作品のテーマとは

    色々あると思います。生の執着からタイタニックのリアル再現と、つまるところ愛だと思います。形は違えどみな登場人物は愛をもって動いてました。

  2. 匿名 より:

    全体的にタイタニック号の内部状況がリアルであったと感じました。すべての階級の人々と船員。そして、船員音楽団の人達も含めて。登場人物が死と向き合っている作品でした。やはり、人は死を直前にして愛を選ぶのだと思います。恋愛のみでなく自己愛や物愛や他者愛すべてを含めて…。
    メインがジャックとローズの恋愛で描かれていますが、上流階級の方の自己愛や船長始め船員の船に対する責任と愛情も感動ものです。
    感想は、観ていないのであれば是非観てほしい作品です。恋愛推しの作品だから抵抗ある方でも感じるものは必ずあると思いますよ!
    作品は二部構成になっており、後篇はタイタニック沈没もあって命冷や冷やなシーンも多いのでスリルも楽しめます。あくまで恋愛がメインな作品だと思います。