映画『時計じかけのオレンジ』あらすじとネタバレ感想

時計じかけのオレンジの概要:「時計じかけのオレンジ」(原題:A Clockwork Orange)は、1971年のイギリス・アメリカ合作映画。監督は「スパルタカス」、「2001年宇宙の旅」などの スタンリー・キューブリック 。主演はマルコム・マクダウェル、ウォーレン・クラーク、ジェームズ・マーカス、ポール・ファレルなど。

時計じかけのオレンジ あらすじ

時計じかけのオレンジ
映画『時計じかけのオレンジ』のあらすじを紹介します。

治安が悪化し退廃の極めた近未来のロンドン。町には少年ギャングの群れが横行していた。強姦と暴力とベートーベンだけに生き甲斐を求める15歳のアレックス(マルコム・マクドウェル)を首領とする、ディム(ウォーレン・クラーク)とジョージー(ジェームズ・マーカス)の一味は、その夜も街で暴れ廻っていた。泥酔していた老いた浮浪者を殴る蹴るの袋叩きにし、爽快になったアレックスたちは別の獲物を求め、ライバルグループの一団が女性を暴行しようとしていたところへ殴り込み、大乱闘の末に敵の首領に傷を負わせた。さらに彼らはスポーツカーで突っ走り、郊外の邸宅に覆面姿で押し入り、主人のアレクサンダー(パトリック・マギー)の眼前で妻の衣服を切り裂き凌辱に及んだ。そしてアレックスは大好きなベートーベンの第九交響曲を聴きながら幸福な眠りに就くのだった。ある日、些細な事から部下のディムとジョージーが反抗し、老婆の家に押し入った時、アレックスを裏切り警察に売ってしまう。刑務所に収監されたアレックスは模範囚だった。その頃、政府は凶悪な犯罪者の人格に人工的な治療を施す計画を進めており、アレックスはその第1号に選ばれた。それは特殊な覚醒剤を注射した上で衝撃的なフィルムを見せ、そのショックから生理的に暴力やセックスを受け付けない肉体に改造する方法だった。連日に及ぶ治療の結果を公開実験するショーの日が訪れ、アレックスが舞台に上ると1人の男が彼に乱暴を働き、殴り返そうとした彼に吐き気が襲った。セックスに対しても、音楽を聴いても同様に激しい吐き気が襲った。無害な人間に変わった彼は釈放されたが、家に帰ると彼の部屋には得体の知れない男が入り込んでおり、町を彷徨う中で二人の警官に捕まったが、彼らはアレックスを裏切ったディムとジョージーだった。アレックスに恨みを持つ二人は彼を森に連れ込み暴行した。瀕死のアレックスは一軒の家に辿り着いたが、そこは昔アレックス一味に乱暴されたアレクサンダーの家だった。彼の妻は自殺し、彼自身も半身不随となってしまっていた。そこでアレクサンダーは自分が属する反政府運動の道具にアレックスを使おうと思いつく。部屋に閉じ込められたアレックスは、翌朝に第九交響曲の響きで目を覚まし、拒絶反応に狂い窓から飛び降りた。アレクサンダーの狙いは、アレックスを自殺に追いやり復讐を果たすと同時に、人格矯正という非人間的な行為を行なった政府を攻撃する事だった。しかしアレックスは一命を取り留め、アレクサンダーは逮捕された。失脚を恐れた内務大臣(アンソニー・シャープ)は、アレックスを元の人間に戻すと発表した。やがてアレックスは、セックスとベートーベンの第九交響曲に再び歓びを見い出していった。

時計じかけのオレンジ 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1971年
  • 上映時間:137分
  • ジャンル:サスペンス、SF
  • 監督:スタンリー・キューブリック
  • キャスト:マルコム・マクダウェル、パトリック・マギー、エイドリアン・コリ、オーブリー・スミス etc

時計じかけのオレンジ ネタバレ批評

映画『時計じかけのオレンジ』について、感想批評です。※ネタバレあり

キューブリック独自の世界観

言わずと知れたキューブリックの傑作だが、社会的観念から暴力を描くという視点でも、未来への警鐘というメッセージなどもなく、嫌悪感や狂気みたいな心理をリアルに表現したかったのではないだろうか。初の長編「恐怖と欲望」のタイトルにあるように、キューブリックは本来、何かに特化したメッセージはそれほど抱いておらず、人間心理の深淵をビジュアル化するというところに表現の拠り所を求めていたのではないかと感じるのだ。本作はその方法論として、社会に蔓延する暴力や性描写、洗脳などを利用しているに過ぎず、啓蒙的な思想などが内包されている描写は窺えない。舞台を近未来に据えているのも、表現を膨らますためにはリアルな現在より極端に誇張し空想的に描けるからではないだろうか。描こうとしても映像として捕らえることが不可能と思われるような心理を追究し、辿り着いた独自の世界観がフィルムに染みついている希な映像作家である。

イギリスを感じさせるアヴァンギャルド

道徳的な観点で本作を観ても何も得られないだろう。キューブリックの作品に一貫して流れるのは、倫理観や道徳というものにはほど遠い描写というものに徹底した表現であり、ストーリーはその表現を取り巻く枝葉のようなものでしかない。ヌーヴェルバーグの流れの影響ではないのだろうが、キューブリックの真価はストーリーというものに重きを置かず、表現という概念を前面に据えて映画を作るムーブメントの先駆けになったところである。アメリカで生まれ育ちながら全くアメリカを感じさせない革新的な作風は、伝統的なフランスやイタリアとも異なり、前衛的という点ではイギリスのイメージがピッタリ当てはまる。本作を含めたSF三部作は最もイギリス的な妖しさに満ちている。

時計じかけのオレンジ 感想まとめ

「博士の異常な愛情」や「2001年宇宙の旅」に共通する、未来的な得体の知れない恐怖感が漂うSF作品である。幻想というものを決してファンタジックに描かず、ダークで無機質な神経症的描写は正直受け付けない人も多いだろう。「突撃」や「スパルタカス」はカーク・ダグラスが制作の主権を握っていたのでキューブリックらしさは窺えないが、「現金に体を張れ」や「ロリータ」などではすでにその闇の部分を窺うことができ、後年の「シャイニング」ではスティーヴン・キングの原作と相俟って、無機質な狂気が波状で襲いかかってくる。その独特な映像の強烈さは特筆されるところであるが、フェリーニをはじめとするヌーヴェルバーグの監督ほどの芸術性は感じることはなく、印象的でありながらも身近なリアリティをストレートに伝えてくる生々しさが魅力である。

Amazon 映画『時計じかけのオレンジ』の商品を見てみる