映画『タワーリング・インフェルノ』あらすじネタバレ結末と感想

タワーリング・インフェルノの概要:『タワーリング・インフェルノ』は、アメリカのパニック映画。サンフランシスコの超高層ビル火災の混乱を描く。ポール・ニューマンとスティーブ・マックイーンが主演。アカデミー賞三部門を受賞した。

タワーリング・インフェルノ あらすじネタバレ

タワーリング・インフェルノ
映画『タワーリング・インフェルノ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

タワーリング・インフェルノ あらすじ【起・承】

サンフランシスコに、地上138階建の超高層ビルが建つ。落成式の日を迎え、オーナーのダンカンや設計者のロバーツをはじめ、関係者や来賓を招いてのパーティが開かれる。

だがその頃、ビルのあるところで小さな火災が発生する。地下室の発電機の不具合で呼びの発電機を作動させたところ、ヒューズの発火し、マットへ引火したのだ。
ロバーツは知らせを受け、設計通りに配線が行われていないことに怒る。経費削減のため、見た目にはわからない箇所の予算をケチっていたのだ。

ロバーツは安全のためにパーティを中止するように言うが、ダンカンは無視してパーティを強行。何も知らない招待客たちは危険に巻き込まれることになる。
火元の81階で火は燃え広がっていった。
80階まではオフィスだが、81階より上は居住用に作られており、すでに人が住み始めていた。
住人達は火災に気付かない。しかしすでに死人も出始めていた。

パーティが開かれているのは135階のプロムナード・ホール。ロバーツは再度招待客300人を避難させるように言うが、はるか下の階の火災が135階に影響するとは微塵も考えないダンカンはまだ聞き入れない。

タワーリング・インフェルノ あらすじ【転・結】

消防隊が到着した。ダンカンは消防隊の呼びかけでやっとパーティを中断して非難することを受け入れる。
消防隊は、室内エレベーターを使うと火災の階を通り、焼ける恐れがあるので展望エレベーターを使用するように忠告するが、その時もう室内エレベーターに客を乗せた後だった。
エレベーターが戻ってくると、丸焦げになった焼死体がエレベーターに乗っていた。
客はここでやっと危機感を覚え、パニックに陥る。

消防隊長は海軍にも救助を要請するが、強風でビルに近づくこともできない。なんとかビルに近づけたヘリコプターもビルに激突して炎上してしまう。

隊長は隣のビルから救護籠を使って救助することにする。先に避難する女性は無事地上に下ろせたが、次の男性の番になり、順番を無視して助かろうとする設計責任者ロジャーが先に乗り込み、それを止めようとする人々が籠にしがみつくが、ワイヤーが切れてしまいそのまま地上まで落下する。

消防署長から「屋上の貯水槽を爆破して消火する」という作戦を聞いた隊長は、人が命を落とす危険な作戦だと思うが、多数の人間を助けるには他に方法がない。設計者であるロバーツと協力して屋上へ向かう。100万ガロンの水が一気に放出し、その勢いで多くの人ががれきと共に流されたが、火は消された。

タワーリング・インフェルノ 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1974年
  • 上映時間:165分
  • ジャンル:アクション、アドベンチャー
  • 監督:ジョン・ギラーミン、アーウィン・アレン
  • キャスト:スティーヴ・マックィーン、ポール・ニューマン、ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ etc

タワーリング・インフェルノ 批評・レビュー

映画『タワーリング・インフェルノ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

パニック映画の先駆け

1970年代中頃、パニック映画が大流行したらしい。その中でも傑作と言われたのがこの作品である。
超高層ビルの大規模火災。実際あり得そうで、リアリティがある。有名なパニック映画でいうと、『アルマゲドン』とか『インデペンデンス・デイ』とか、それこそあり得そうもない話。しかもどうしようもない大災害なので、怒りをぶつけていくところもない。こういう映画は「捨て身で頑張るヒーローを応援して感動する」ために観る映画だと思う。
しかし、『タワーリング・インフェルノ』は違う。『タイタニック』もこれに近いかもしれない。これらの映画で起こるのは、注意していれば防げた事故だ。一人でも複数人でも、必ず悪いやつとか注意を怠ったやつがいる。
人間ミスは誰にでもあるので、こういう映画を観ると恐ろしくなる。起こり得る事故で、フィクションだけどフィクションとして楽しんでいられない。
単純にヒーローが地球を救って星になるお涙頂戴物、感動してスッキリ晴れやかな物ではない。
そこが今でもパニック映画の代表作として人気の理由なのではないだろうか。

一人一人にエピソードがある

この映画は3時間近くある長い映画で、登場人物もたくさんいる。その全てを覚えてはいられないし中心人物に比べて登場シーンも少ないのだが、ちゃんとそれぞれにエピソードがある。大規模な事故なので全員が助かることはないだろうと思っていたが、良い人も悪い人もどんどん死んでいく。大体映画だとなかなか簡単には死なないしフィクションだから助かる場合の方が多い(『海猿』みたいに)印象があるが、この映画では簡単に死んでいく。そこまで現実的に描くのがこの映画の特徴だと感じた。

タワーリング・インフェルノ 感想まとめ

主演はポール・ニューマンにスティーブ・マックイーン。誰もが憧れる俳優だと思う。それこそこの二人の超人的な活躍でどうにかするのかと思っていたけど、至極現実的範囲内で設計者として、消防士として活躍している。普通なのにそれでもやっぱりかっこいい。
ハッピーエンドでは決してなく、モヤモヤした気持ちだけが残るけど、こういう事故は他人ごとではない。「人間の驕り」が招いた結果が最悪こういうことなんだと教訓にしたいと思えた。

Amazon 映画『タワーリング・インフェルノ』の商品を見てみる