映画『忘れられない人』あらすじとネタバレ感想

忘れられない人の概要:1993年製作のアメリカ映画(UNTAMED HEART)。マリサ・トメイとクリスチャン・スレーター共演で贈る、切なくも一途な純愛を描いた感動のラブストーリー。

忘れられない人 あらすじ

忘れられない人
映画『忘れられない人』のあらすじを紹介します。

美人で明るいが気の強いキャロライン(マリサ・トメイ)は、レストランのウェイトレスとして働いている。
見た目はもてそうな彼女なのに、なぜかいつも男性に振られてしまう恋愛ばかりだった。

ある日の帰り道、店に来た素行の悪い2人組の男性客につけられたキャロラインは暴行されそうになる。
それを救ってくれたのが同じレストランで働いていたアダムだった。
アダムは気絶した彼女を自宅まで送ったあと、無言で帰宅する。
店でのアダムの印象は孤児院育ちのため変わり者で無口、そして心臓が悪いということ。
しかし悪い人には思えないキャロラインは、お礼を言おうと話しかけた。
そして彼が自分のことを密かに思い、暗い夜道の危険から守りたくてあとを毎日つけていたことを明かす。

驚きと感激で思いが彼に向かうキャロライン。
こうして孤独だったアダムはキャロラインと少しずつ打ち解け、会話をするようになった。
話せば話すほど惹かれる二人だったが、最大の障害が残っていた。
それはアダムには心臓の移植が必要なこと。
しかし彼は頑なに拒み、このままでいたいと願う。
それを受け入れたキャロラインはアダムをアイスホッケーの試合へ誘う。

楽しくてキラキラした時間を過ごしたアダム。
キャロラインが車でアパートへ送り到着したと声をかけたが、彼は永遠に目を覚ますことは無かった。
そして彼の部屋には「僕を忘れないで」というメモと共に、お気に入りのCDが残されていたのだった。

忘れられない人 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1993年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:トニー・ビル
  • キャスト:クリスチャン・スレイター、マリサ・トメイ、ロージー・ペレス、カイル・セコー etc

忘れられない人 ネタバレ批評

映画『忘れられない人』について、感想批評です。※ネタバレあり

感動する純愛ならこの映画だった

当時、この映画はまさに女性うけするタイプの悲劇の純愛であった。
タイトルを知らない映画好きの女性はいないというほどの人気だったことでも知られている。
孤児院で育ったことから心を閉ざした青年は自分の悪い心臓が特別なものであると、シスターからおとぎ話を教わって育った。
その作り話を信じている彼は、心臓移植を頑なに拒み結局悲しい結末を迎えることになる。

この純愛で悲劇的なラストシーンは、一途に思われる女性の幸せのようなものを描き女性からはクリスチャン・スレーターの人気が一時的にあがったのだと言う。
まさに映画らしい映画の悲恋。
見て損はないだろう。

今の時代だったら色々問題点が多い作品

ヒロインに一途なのは良いが、暗闇であとをつけたり物語の最後の方で明かされるが、部屋に侵入して寝顔を見ていたという事実。
当時はそんなに問題にはならなかったし、これが美しく儚い美談として語られたが今やったら大問題である。
ストーカーという立派な犯罪になってしまう。
考えただけで気持ちが悪いし、そんな人と付き合いたくない。
この映画で感動した時代は良き時代であっただろう。
この時代だったからこそ許された作品であると言える。

悲恋だから記憶に残る

最後がハッピーエンドだったとしたら、あまり記憶に残らなかったかもしれない本作品。
最後に待っている悲しい別れが、この作品をよい作品であったと決定的に位置付けしたのだろう。
クリスチャン・スレーターの強いながらも儚げな演技力と存在感も、ドラマにより一層深みを与えている。

ラストシーンまで心臓移植を拒み、最後まで自分の意思を貫き通した主人公の微物語として語られることが多い本作品。
助手席で静かに息を引き取っていたという衝撃的な最後には当時かなら驚かされたものである。

忘れられない人 感想まとめ

映画というのは時代を物語ると言っても過言では無い。
その時々の社会風刺や政治的な状況を取り入れることが多いからだ。
本作品もストーカーが問題視される前の映画であり、それが一途な愛であると信じて疑わないヒロイン。
見ている側も羨ましささえ感じてしまうほどである。
今見るとつまらないものでも、当時はかなり楽しめる娯楽作品となっていることが多い。
それを改めて鑑賞することで、また違う視点から楽しむことができるのも映画の魅力である楽しみの1つである。

現在は露出が減ったクリスチャン・スレーターだが、その魅力的な演技は絶品であり今みても見劣りしないクオリティーである。
ぜひ見て欲しい1本であり、残して欲しい作品の1つだ。

Amazon 映画『忘れられない人』の商品を見てみる

関連作品