映画『アンタッチャブル』あらすじとネタバレ感想

アンタッチャブルの概要:「アンタッチャブル」(The Untouchables)は、1987年のアメリカ映画。監督は「キャリー」のブライアン・デ・パルマ、脚本は「評決」のデヴィッド・マメット。主演は「JFK」のケビン・コスナー。共演に「007」のショーン・コネリー、「タクシードライバー」のロバート・デニーロ、「オーシャンズ11」のアンディ・ガルシア。

アンタッチャブル あらすじ

アンタッチャブル
映画『アンタッチャブル』のあらすじを紹介します。

時代は1930年、禁酒法下のシカゴ。ギャングたちは酒の密造やカナダからの密輸により、莫大な利益をあげていた。地元の警察や裁判所さえ賄賂にまみれ、市民は日々脅かされていた。
中でもアル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)はマスコミも味方につけ、絶大な権力でシカゴを牛耳っていた。

財務省から調査官として派遣されてきたエリオット・ネス(ケビン・コスナー)。野心家で目立ちたがり屋のネスは、カポネにつながる証拠を押さえようと倉庫に踏み込む。ところがそこには酒ではなく雑貨が置かれおり、あえなく失敗。マスコミに写真まで撮られ落ちこむネスは、帰り道で初老の警官ジム・マローン(ショーン・コネリー)と出会う。

翌日ネスは、とある被害に遭った少女の母と出会い、その涙ながらの訴えを聞かされる。心を動かされたネスは、彼女の思いに応えようとカポネの逮捕を決意する。

ネスはまず、前夜のやり取りから信用するに足ると考えたマローンに協力を依頼。盗聴を恐れながらもカポネ逮捕の決意を打ち明ける。ためらいを隠せないマローンだが、正義のために協力を決意する。
マローンのアドバイスによって、警察学校の生徒ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)、財務省から応援にきたオスカー・ウォーレス(チャールズ・マーティン・スミス)と、協力者も集めることが出来、初めての踏み込みに成功する。

カポネは大激怒。賄賂の手を伸ばしてくるが、ネスは応じない。それどころか、ウォーレスの提案により脱税容疑での逮捕が一番の近道であると考え、捜査を続行する。経理の担当者を逮捕するなど、カポネの周囲を着々と切り崩していく。
ここに至り、脅威を感じたカポネは反撃に打って出、ネスの仲間を殺害し始める。仲間を次々殺され、味方のいない絶体絶命の状況。追い込まれたネスは最後の賭けに挑む。

アンタッチャブル 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1987年
  • 上映時間:120分
  • ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ、サスペンス
  • 監督:ブライアン・デ・パルマ
  • キャスト:ケヴィン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、チャールズ・マーティン・スミス etc

アンタッチャブル ネタバレ批評

映画『アンタッチャブル』について、感想批評です。※ネタバレあり

事実をモチーフとした素晴らしい脚本、演出

最初に述べるが、実際の事件とこの作品は全く違う。あくまでも、エンターテイメント作品である。

事実を記した資料が数々残っているにもかかわらず、フィクションとして時代を超越したヒット作品と成し得た最大の要因は、デ・パルマ監督の満点ともいえる演出である。サイコスリラーを得意とする監督なだけに、敵が近づいてくる描写の演出は見る者を心底震え上がらせる。また、デ・パルマ作品のいわゆるお約束なので、銃撃や襲撃のシーンにおいて血のりが存分に多用されていることは覚悟してもらいたい。
一時期低迷していたデ・パルマ監督だが、最近では「リダクテッド 真実の価値」が第64回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞している。

脚本家のデヴィッド・マメットはアメリカの演劇界では大御所。数々の有名な舞台を手掛けている。これでもかとクライマックスを連ねたような脚本で、観客に息吐く暇も与えない。

そしてカポネという怪物を追って、正義の名のもとに戦う男たち。公的機関が全て買収されている四面楚歌の状況が、主人公を徐々に追いつめていく。この緊張感が、演出及び脚本と相まって見事な映像となっている。

有名な階段落ちは、当初は予定されていなかったそうだ。予算の都合などにより急遽決定されたそうだが、スローモーションや目線アングルなど、世にデ・パルマカットと呼ばれる独特な演出が満載だ。現在ではこの映画を代表するシーンの一つともなっている。

豪華なキャスト陣の輝き

この作品によって、ショーン・コネリーはアカデミー賞を獲得している。マローン役は迫力ある演技で、観ているこちらを圧倒する。どのシーンにおいても、これぞ名優…という演技を、これでもかと見せつけてくるのだ。
ケビン・コスナーとアンディ・ガルシアは今作にて第一線で活躍する俳優へと成長する。
特にコスナーは「ゲイリー・クーパーの再来」とまで評されるほど大ブレイクする。以降はヒット作品に恵まれ、1990年、初監督の「ダンス・ウィズ・ウルブズ」はアカデミー作品・監督賞を受賞。幅広い才能を示している。
ロバート・デニーロは説明もいらないほどの大御所だ。カメレオン俳優のデニーロは今作では実際に頭髪を抜いて挑んでいる。その存在感は観る者すべてに強烈な印象を残した。

アンタッチャブル 感想まとめ

古典ともいえる作品だが、製作から30年近く経つにも関わらず、魅せられてしまう映画である。演出・脚本・キャスト…どれを取っても素晴らしく、そしてバランス良く成り立っているところに、この作品の凄味がある。
若きケビン・コスナーは名優相手に情熱あふれる演技を繰り広げ、正義感あふれる主人公を体現しており、全てが終結した後の表情は輝きを放っている。
コネリーは先に書いた通り迫力ある演技で若き主人公を導き、正義を貫く姿には何度でも感動させられる。これ以降も数々の活躍をしているが、忘れられない作品の一つである。

繰り返すが現実は知らない方が良い。この作品だけで十分だ。数々の名シーンに酔いしれて欲しい。

Amazon 映画『アンタッチャブル』の商品を見てみる

コメント

  1. ビッグストーン より:

    懐かしいですね。この映画を初めて観た時は凄い感動と感激をしたのを覚えてます。当時の宣伝ポスターやパンフ等も大切にしてます。何と言っても素晴らしい脚本、デパルマの冴えた演出、豪華さと演技力を備えた出演者等、非の打ち所が無い出来映え。モリコーネの音楽も忘れがたい仕上がりですね。