映画『WALL・E/ウォーリー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「WALL・E/ウォーリー」のネタバレあらすじ結末

WALL・E/ウォーリーの概要:人の住めなくなった地球で人間が残していったゴミを処理するウォーリー。ゴミの中に埋もれていた映画を観た彼は恋に憧れるが、地上に残っているのは彼だけ。しかし、ある日、彼は宇宙からやってきた探査船から一体のロボットが降りてくるのを目撃する。

WALL・E/ウォーリーの作品概要

WALL・E/ウォーリー

公開日:2008年
上映時間:103分
ジャンル:SF、アニメ
監督:アンドリュー・スタントン
キャスト:ベン・バート、エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード etc

WALL・E/ウォーリーの登場人物(キャスト)

ウォーリー(ベン・バート)
地上が再び人間の住める土地になるよう、ゴミの処理を命じられたロボット。作業中に発見した記憶媒体に録画されていた映画を観て、恋に憧れる。
イヴ(エリサ・ナイト)
地上の環境を調査するために派遣されたロボット。真面目な性格で、任務に対する責任感が強い。

WALL・E/ウォーリーのネタバレあらすじ

映画『WALL・E/ウォーリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

WALL・E/ウォーリーのあらすじ【起】

荒廃した地球。そこには、かつてそこで暮らしていた人たちの建物や、無数のゴミが残されていた。廃棄物処理ロボットのウォーリーは誰もいない町の中、誰も通らない道を走り、ゴミを集めていた。彼が集めたゴミは搭載している装置によって、ブロック状に圧縮される。ウォーリーが作ったゴミブロックでできた塔が、町のいたる所にできていた。

走り過ぎたウォーリーの足はボロボロだった。道の途中で廃棄されていた自分と同型のロボットから使える部品を拝借したウォーリーは、足を直すと再び進み出した。ゴミを集め、片付ける。それがウォーリーに科せられた仕事だった。ゴミの多さにうんざりして宇宙に避難した人類が戻って来るそのときまで、ウォーリーはゴミを拾い続ける。

そろそろ陽が沈む頃。ウォーリーは自分の家に帰った。ウォーリーは仕事中に拾った記録メディアを再生機にかけた。すると、モニターにラブロマンスの映画が映し出された。主役とヒロインが手を握るシーンを、ウォーリーは自分に搭載された録画機能で記憶に焼き付けた。孤独な日々を過ごすウォーリーには恋愛への強い憧れがあった。

WALL・E/ウォーリーのあらすじ【承】

明くる日、ウォーリーは仕事の最中に、植物の芽が育っているのを見つけた。人間が汚染して行った地球で見つけたそれは、自然が着実に復活しているその証だった。ウォーリーはその芽を長靴に植え替えて、持って帰ることにした。

家の傍まで戻ってきたウォーリーの頭上に何か巨大なものが降下してきた。それは人類が地球の様子を観察するために送りつけてきた探査船だった。探査船は一体のロボット、イヴを投下すると、再び宇宙に向けて出発した。

ウォーリーは宇宙からやってきたイヴに恋をした。何度もアプローチをかけるウォーリーだが、イヴは何かを探しているようで、ウォーリーの相手をしてくれない。それでも思いを伝えようとし続けるウォーリー。そこに偶然、砂嵐がやってくる。ウォーリーはイヴを自分の家に避難させた。イヴはウォーリーの家に貯蔵されたガラクタのコレクションを見て、ウォーリーに興味を持つようになる。それから、ウォーリーはイヴに植物の芽を見せた。すると、イヴは植物の芽を体内に保管し、休眠状態に陥ってしまった。

WALL・E/ウォーリーのあらすじ【転】

予期せぬイヴの休眠状態に困惑したウォーリーは、探査船なら何とかしてくれるかも知れないと思い、動かなくなった彼女を外に連れ出し、船が自分たちを見つけてくれるのを待つことにした。雨や風の日も、ウォーリーはイヴに寄り添った。しかし、イヴが目覚める気配はない。ウォーリーは渋々諦めて、再びゴミを回収する毎日を繰り返した。

ある日、ウォーリーは探査船が戻ってきたのを見つける。探査船はイヴを連れ去ろうとしていた。彼女と離れたくない一心で、ウォーリーは船を追いかけた。探査船にしがみつき、大気圏を越えたウォーリーは探査船ごと大きな宇宙船に収容された。

宇宙船の中には高性能なロボットと、人間が沢山いた。人間は移動も食事も機械に面倒を見てもらい、自分では身動き一つ取れなくなっていた。イヴは艦長の下に運ばれた。本当に植物が見つかれば、船は地球に進路を向ける。艦長はイヴに植物を提出させるが、イヴの体内にあったはずの植物は、何時の間にか消えてしまっていた。

WALL・E/ウォーリーのあらすじ【結】

イヴは故障を疑われ、治療室に連れて行かれた。そこで彼女が拷問を受けると誤解したウォーリーは船内で騒動を起こす。暴れるウォーリーを地球に戻そうとするイヴだが、そこで二人は、セキュリティロボットがイヴの腹の中に入っていたはずの植物を運んでいるのを目撃する。植物を取り返したイヴは再び艦長に会い、植物を提出した。植物を見た艦長は帰還の意欲を見せ、船の進路を変えるよう、制御ロボットのオートに命じた。しかし、オートは艦長の命令を拒んだ。地球は人が住むには厳しい土地になったとオートは言う。艦長は自分たちの故郷が窮地に陥っている今、どうにかしたいんだと反論した。宇宙に居れば生き延びられる。そう言うオートに対し、生き延びたいんじゃなく、生きたいんだと訴える艦長。両者は平行線を辿った。オートは艦長を監禁し、船の実験を握った。

艦長はイヴやウォーリーと協力し、オートを機能停止に追い込み、船の進路を変えることに成功する。地球に戻った人々は自分たちの足で立ち上がり、地球での営みを再会した。

Amazon 映画『WALL・E/ウォーリー』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    こんなに素晴らしい映画がアメリカではあまりヒットしなかったというのが信じられません。
    制作費の3倍の興行収入でようやく黒字になると言われているのに、アメリカ国内では2倍しか稼げなかった。もっとヒットしていたら、続編も検討されていたでしょうね。世界中では5億ドルを稼ぎだしているので、一応黒字ではありますが、ギリ黒字だと続編製作には踏み込めないでしょう。
    私は、手塚治虫の火の鳥に登場するロビタを思い出してしまいました。不器用なロボット……。なかなかいいじゃないですか。感情移入できますよね。

  2. 匿名 より:

    本作はピクサー映画ということもあって、アップル製品のエッセンスが随所に見られます。ウォーリーの充電完了音が、Macの起動音だったりね。
    そして、SF映画の金字塔と称される『2001年宇宙の旅』へのオマージュが散りばめられています。ウォーリーの相棒・HALの名前は『2001年』の悪役・HAL9000。
    AUTOの赤い目はHAL9000の「サイクロプス」風デザイン。
    そして、これは気が付かなかったのですが、イヴの卵のような姿に変形するこのデザインは『2001年』の冬眠装置。
    これらのオマージュを捧げられていることから、本作がスタンリー・キューブリックの影響下にあることは明らかです。

  3. 匿名 より:

    宇宙で宇宙船が大暴れするのだけがSFじゃない!孤独なロボットの話だってSFだ!
    本作の物語は火の鳥の未来編を思い出してしまいます。不老不死になり、人類の滅亡、そして地球の滅亡を見守らなくてはいけないことを運命づけられてしまった男の話です。人類が滅んだ後の地球を綺麗にするという任務をこなしながら、700年の孤独に耐えたウォーリー。そんな彼女のもとに現れたイヴとともに過ごす時間……。未来編は残酷な話でしたが、本作は希望を見せてくれる話です。これがなんと美しく、感動できるものか!脚本家は天才です。でも、本作以外に代表作がないんですよねー。不思議。
    なによりも泣けるのは、ウォーリーが『ハロー・ドーリー』を見ながら歌って踊るシーン。おそらく、700年間ずーっと同じことを繰り返してきたのでしょう。そして、ラストシーンで毎回落胆する。なんと悲しくも美しい……。これが芸術ですよ。映画の芸術たらしめる、独自性を披露しているシーンです。この悲しさが他の芸術で表現できるものか!