『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常の概要:『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督と作家・三浦しをんが初タッグを組んだヒューマン・コメディ。主演は日本映画界で今、最も勢いのある若手俳優・染谷将太。若手からベテラン、個性派俳優が集結した矢口映画屈指の最高傑作。

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常

スコーピオン・キング あらすじ

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』のあらすじを紹介します。

卒業間近の高校3年生の平野勇気(染谷将太)。大学受験に失敗し、ガールフレンドにも振られてしまう。周りの友達は、受験に合格し、お祝いムード。散々な高校の卒業式を迎えた落ち込む勇気は、たまたま商店街で見つけた林業研修者募集のチラシを手に、産まれ育った街からまるで逃げるように、都会の生活を捨て、三重県の田舎の山奥深くに赴くのだった。ただ彼の目的は、チラシに映る可愛い女の子目当てだった。

研修に参加するものの初めてのことばかりで、戸惑う勇気。携帯電話の電波は繋がらず圏外。毒蛇のマムシが出現するわ。お目当ての女性はいない代わりに、研修者は皆、男性ばかり。何も考えずに何気なく研修に参加した勇気は、周りの研修者に比べ、すごく不真面目な態度。指を切って、貧血を起こしてしまうようなヘタレな一面も。勇気のこれからを、誰もが心配する有様だった。

1ヶ月後、無事研修も終わり、これからが本番。研修に参加した男性は皆、それぞれが決められた就業先の組にこれから、1年間お世話になるのだ。心配された勇気もまた、無事研修を終了。彼が1年間お世話になる組は中村組。そこには研修時、勇気を怒鳴った現地の男・飯田ヨキ(伊藤英明)の姿もあった。彼も中村組の一人。中村組は多くの組の中でも一番山奥にある神去村にある。ボロボロのヨキのトラックに乗って、中村組があるその村に向かう。

神去村は、街から徒歩で数時間も掛かるようなド田舎。軽い気持ちで来てしまった勇気は、早くも後悔していた。一刻も早く、村を逃げ出すことばかりを考えてしまう。ただその村には、チラシで見たあの女性・石井直紀(長澤まさみ)も住んでいた。勇気が寝泊りする家は、不運にも反りが合わないヨキの家だった。彼には若い奥さん・飯田みき(優香)と80代のおばあちゃんとの3人家族。

こんな田舎だが、中村組の親方・中村清一(光石研)と彼の奥さんの中村祐子(西田尚美)達にも良くしてもらい、勇気も村の一人として少しずつ慣れてゆくのだった。村に来た頃は、体中をヒルに吸われて慌てたり、鹿の死骸を目の前にして驚いたり、都会っ子らしいひ弱な青年だったが、月日が経つにつれて、山の男として成長した彼の姿が、そこにはあった。

数年に一度行われる村の一大イベントのお祭りに参加を許された勇気。村の男たちの中には、勇気の存在をよく思わない人もいて、祭りの参加を許さなかったが、ヨキや親方たちの尽力と勇気のある活躍で、無事参加が許された。その祭りとは、男たちが皆、褌姿で村を練り歩き、山の頂上へ向かう。そこには100年以上植えられた大木。それを男たちの手で切り、男性の性器の形に整えられ、木製レールに滑らせ、山の麓にある女陰のオブジェに突っ込む大祭だ。その祭りはいわゆる、五穀豊穣、子宝を祝う村人たちにとっての大切な祝い事だった。

なんだかんだ多くの経験を積んだ勇気。研修プログラムの一年が経ち、あのチャランポランだった学生が、立派な青年となり、村を後に家路に着くのだった。東京の実家に帰った勇気。楽しそうに彼の帰りを待つ父と母。家の前まで帰って来た勇気だったが、どこか遠くからあの懐かしい“匂い”は彼の鼻をつく。その匂いを辿ってみると、そこには新築中の家の木材が。勇気は家には帰らず、その足で一年過ごしたあの村へ帰るのだった。

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2014年5月10日
  • 上映時間:116分
  • ジャンル:コメディ、ラブストーリー、青春
  • 監督:矢口史靖
  • キャスト:染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香 etc

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常 批評 ※ネタバレ

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

矢口史靖監督自身の最高傑作

矢口史靖監督と言えば『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』など、10代
20代の学生や青年たちが、活躍する作品が多くある。その中でも、本作はそれらの作品の集大成と言ってもいいだろう。

彼の作品は、すべてがオリジナル脚本の作品だが、今作は作家三浦しをんの小説『神去なあなあ日常』を基に監督自身の手で脚色された物語だ。監督にとっては、初めての試みだった。正確な脚本を執筆するにあたって、矢口監督は映画のディテールを求めて、小説の舞台となった三重県の奥地、神去村に何度も足を運び、本作の脚本を作り上げた。映画の中に、染谷将太演じる主人公・勇気が初めて林業の現場を訪れた時に、体中をヒルに吸われるシーンや初めて村に赴く道中に偶然出くわす鹿の死骸などは、監督が現地で行った時に実際に体験した事柄を物語に付け足している。細かいディテールに拘った演出が所々光るストーリーだろう。

本作では特に拘ったと言われているのは、映画の終盤に行われる祭りのシーンだ。原作を読み切った監督が、物語の軸をまず、この祭りのシーンを据え置くところから、映画の制作が始まった。その想いは、映像に十分表現されている。物語のクライマックスを飾る10分間の祭りのシーンは、日本映画史上屈指の名シーンだろう。そのシーンを撮影するために、総勢1600人のエキストラが用意され、山頂でのシーンは実に一週間かけて撮影されました。近年の映画では、アクションシーンや役者にとって危険なシーンはすべて、CGを使用するかスタントを採用する作品が多い中、監督は原作を読んだ時点で、すべてを実写で撮影しようとする無謀とチも言える大きなャレンジをしています。山頂で切り倒された千年桧を男性器に形作り、それを滑らす木製のレール、山の麓に作られた女性器のオブジェまですべて、原寸大で作られた美術セットなのだ。制作時間、日数、そして莫大な費用を要しながらも完成したクライマックスは、コメディ映画ながらアクション映画さながらの空前のスペクタクルシーンとして大いに盛り上がりを見せる名場面だ。ただ、このシーンには、性的な意味も大いに含まれていると考えれば、このシーンを不快に思う方もいるかも知れないと考慮できる。そのような方には私はオススメできないが、私個人はとても好きなシーンだ。今までの過去に公開された監督の映画たちの良い所だけを抜粋したような本作品は、まさに彼自身の最高傑作とでも言うべき位置にあるのかも知れない。

矢口監督と役者・染谷将太

拘りを見せたのは、映画のシーンだけでなく、役者のキャスティングにも監督は力を入れている。主人公の勇気のキャスティングは、映画の出来を左右する大きな役目だった。そのためには、役にぴったりの役者を見つけることだった。映画の制作も、脚本もまだなく、ただ矢口史靖監督が新作を撮ると言うオーディションだった。監督自身もプロデューサー陣も勇気に合った役者を見つけるのは、長い長い時間が掛かると覚悟していた。だが、オーディションの一日目に出会った青年、本作の主人公役でもある染谷将太に出会った瞬間、役にぴったりの役者だと、直感したらしい。この時点で染谷将太は園子温監督の作品『ヒミズ』にて、二階堂ふみと一緒に2011年の開催されたヴェネツィア国際映画祭にてマルチェロ・マストロヤンニ賞をW受賞。当時は日本国内外でも大きな話題を呼んでいた。そんな次世代の役者として注目を受けている中、本監督は最初、どんな人物なのか彼をまったく知らなかった。彼の作品を見たのは映画完成後。勇気の性格とはまったく真逆の暗い役柄が多かったと、後日本人が話しています。

染谷翔太はどちらかと言えば、比較的暗い役柄か映画に出演することが多いが、本作の出演は彼の子役時代から始まった役者人生の中で大きな転換期を迎えたのではないだろうか。彼の役者としての方向性を決定付けた明るい性格を持った主人公・勇気の存在は、彼の役者としての幅を広げた貴重な役柄だ。役者人生の中で一度巡り会うか会わないかの、大きな機会だっただろう。矢口監督本人も、染谷将太との出会いは映画『ウォーターボーイズ』の妻夫木聡の時に「若手の役者でスターを見つけた」受けた衝撃と今回染谷将太を人選した時の衝撃は一緒だと本人談。

染谷将太だけでなく、彼を取り巻く周囲の役者との化学反応は、大いにこの映画を盛り上げる活力にもなっている。助演の伊藤英明をはじめ、ヒロイン役の長澤まさみなど、皆個性を発揮しながらも、確かな演技力で主人公の染谷将太、はたまた映画自体を支えているのでしょう。だからこそ、日本で注目されたのは、監督をはじめ、彼らの功績がまさに、今までになかった林業の世界観を見事に表現、映像化出来たのは、傑作と位置づける価値があるでしょう。

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常 感想まとめ

この映画で私自身が好きなシーンがいくつかあります。まず都会育ちの勇気が、初めて田舎に赴くために、冒頭で勇気が人にぶつからずスイスイ街中を歩き、街中を乗車するまでのシーンは、特殊な撮影法だ。これは、監督自身が新しく生み出した実験的な撮影法だ。監督はそれを“自分カメラ”と呼んでいるらしい。ハンディカメラを改良し、カメラを支えるアームを、染谷将太のリュックから伸ばし、股を通してレンズが本人の目の前にくるようにして、まるで人物に張り付いた面白い映像を撮影することに成功した。この撮影法に似たシーンは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のあるシーンに、とてもよく似ている。ユニークで、少し変わった撮影をしているが、実に良く出来た撮影だからこそ、私は好きなのです。

次に、林業シーンはすべて本物です。スタント入れずに、役者本人たちに数百メートル上の高い木に登るシーンでは、撮影班も役者と同じように機材を使って撮影したらしい。木々から見える雄大な自然のショットは、すべて本物のシーンなのです。また林業に携わる中村組を演じた役者たちは、実際に林業に従事した人物に見えるように一ヶ月早く現地入りし、経験を積んだそうです。このような努力のお陰で、私たち知らなかった林業という世界を上手に表現しているのです。

最後はやはり、主人公の成長物語でしょう。初めは軽い気持ちで参加した高卒したての若い青年が、林業の奥深さに触れて、少しずつ心情が変わっていく姿に感動を覚えます。今、大きく育った木々たちは、100年前に植えられた木。また今から植える苗は、100年後に大きく育つ木。先祖から代々受け継がれ、祖父から孫へと渡されるバトンのように、未来を見据えた林業の魅力に、勇気自身気付かされてゆくのです。ラスト、森林のあの爽やかな匂いを嗅いで、匂いの基を辿ると、そこには家を建てる大工と、その家の完成を待ち侘びる家族の姿を目にした勇気は、あの村に帰ってしまうのです。それは、命を張って大切に育てた木々が、人々の生活の支えになっている。それを支える林業の素晴らしさ。そんな仕事のやり甲斐を見つけたある一人の青年の成長物語が、この映画に詰まっているのです。

Amazon 映画『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』の商品を見てみる