「ズートピア」のネタバレあらすじ結末

ズートピアの概要:ディズニーが55作品目として描いたのは、様々な動物たちが生活を共にする夢の世界。歴代のディズニー映画の中でもトップレベルの名作。子供だけでなく、大人にこそ見て欲しい一本。

ズートピアの作品概要

ズートピア

製作年:2016年
上映時間:108分
ジャンル:アニメ、アドベンチャー
監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア
キャスト:ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、イドリス・エルバ、ジェニー・スレイト etc

ズートピアの登場人物(キャスト)

ジュディ・ホップス(ジニファー・グッドウィン)
幼い頃から正義感に溢れるウサギ。様々な苦難を乗り越え、史上初のウサギの警察官となった。
ニック・ワイルド(ジェイソン・ベイトマン)
詐欺師の狐。とある事件でジュディと出会い、天真爛漫な彼女に振り回されるうち徐々に感化されていく。
フィニック(トミー・タイニー・リスター)
ニックの相棒。外見は非常に可愛らしいが、実際は凶暴な40代のフェネック。
ボゴ署長(イドリス・エルバ)
ジュディが勤めることになった、ZPDの署長。小さいジュディをバカにして、彼女に冷たく当たる。
ドーン・ベルウェザー副市長(ジェニー・スレイト)
ズートピアの副市長。小さな羊で、常にライオンハートにこき使われている。
レオドア・ライオンハート市長(J.K.シモンズ)
ズートピアの市長。ズートピアが、どんな動物でも平和に暮らすことができる理想郷だというイメージを作った人物。

ズートピアのネタバレあらすじ

映画『ズートピア』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ズートピアのあらすじ【起】

この世のどこかに存在する世界、ズートピア。そのズートピアでは、肉食草食問わず、あらゆる動物が生活を共にしていた。そんなズートピアに、1匹のウサギが警察官として派遣された。彼女の名前はジュディ。幼い頃から正義感の強い女の子で、あらゆる苦難を乗り越え、史上初のウサギの警官として認められたのだった。

その頃、ズートピアでは大事件が起きていた。なんと14匹もの肉食動物が忽然と行方を眩ましていたのだった。同僚達がその事件にかかりきりになる中、ウサギということで馬鹿にされているジュディは事件の調査さえ許されない。ジュディは署長であるボゴに、自分も事件の調査に参加したいと願い出る。すると、なんとボコは、48時間以内に事件を解決できなければジュディをクビにするという滅茶苦茶な条件を提示してきたのだった。

一方、その頃ジュディはニックという詐欺師の狐と出会っていた。ニックが消えた肉食動物の一匹と関わりを持っていたことから、ジュディはニックを無理矢理調査に協力させるのだった。

ズートピアのあらすじ【承】

ニックとジュディは、凶暴化した肉食動物に襲われたというマンチャスの元へと向かう。そこで、マンチャスから『夜の遠吠え』というキーワードを聞き出すのだった。ジュディに無理矢理連れまわされたニックは、なんとか彼女を巻こうと考えていた。しかし、この頃にはニックは真っ直ぐな思いを持つ彼女の熱意にすっかり感化され、彼女のために事件を解決してやりたいと思うようになっていた。

そして、遠吠えという言葉から、ジュディは狼が何らかの形で事件に関与していると考える。そして、狼が警備するとある建物に潜入するのだった。そこで、二人は信じられない光景を目にする。なんと、その建物には行方不明とされている14匹の肉食動物が閉じ込められていたのだった。

そして、その犯人はズートピアの市長、ライオンハートだった。実は、14匹の動物達はいずれも、なぜか突然野生を取り戻し凶暴化してしまったのだ。ズートピアは、肉食動物も草食動物も共に生活できる街。彼らの存在が明るみになることでズートピアの平和が侵されることを恐れたライオンハートは、こうして彼らを閉じ込めていたのだ。

ズートピアのあらすじ【転】

この大事件を活躍したジュディは、ズートピアの英雄として讃えられることになる。しかし、その時の記者会見で、思わずジュディは肉食動物の危険性を示唆するような発言をしてしまった。勿論、ジュディには肉食動物を迫害する気などさらさら無かったのだが、ジュディのその発言によって、ズートピア内では肉食動物に対する不信感が募るようになってしまった。そして、肉食動物であるニックもジュディの発言に怒り、彼女から去って行ってしまうのだった。

自らの発言を深く反省したジュディは、そのまま警察を辞め田舎に戻ることにした。しかし、そこでジュディはとんでもない発言を耳にする。なんと、ジュディの親が夜の遠吠えという単語を口にしたのだ。

そして、夜の遠吠えとはどんな動物をも凶暴化させる恐ろしい植物のことである、とジュディは知るのだった。つまり、夜の遠吠えを使って動物達を凶暴化させていた人物がいる。事件はまだ終わっていなかったのである。ジュディは今度こそ事件を解決するため、再びズートピアに舞い戻る。

ズートピアのあらすじ【結】

ジュディがまず向かったのは、ニックの元だった。ニックは元の詐欺師業に戻っており、ジュディはそんなニックに対して心より謝罪をする。そして、ニックはそんなジュディを許してくれるのだった。

再びバディとなった二人は、事件の真犯人を突き止めるべく動き出した。そして、とうとう彼らは真実に辿り着く。夜の遠吠えを使って動物達を凶暴化させていた人物、それはズートピアの副市長、ベルウェザーだった。小さな羊である彼女は、そのことだけで他から軽く見られる現状に我慢がならなかったのだ。そして、自分より大きい、草食動物を馬鹿にする肉食動物をズートピアから追い出してしまおうと考えたのである。

ジュディにも同じような経験があったが、しかし、ジュディは全ての動物が手を取り合える未来があると心から信じていた。そして、ニックと協力してベルウェザーを逮捕するのだった。それからというもの、ニックは警官学校に通い史上初のキツネの警察官となった。そして、正式にジュディとニックはバディを組み、日々事件を解決して行くのだった。

Amazon 映画『ズートピア』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. アリス より:

    とても感動した!!また見たい(*・ω・*)

  2. 匿名 より:

    ①動物でアメリカ社会をわかりやすく表現

    この作品、子供向けアニメと侮ってはいけない。夢見る主人公が困難に立ち向かって解決し頑張れば夢は叶うんだと伝える単純なものではない。
    肉食度物と草食動物。ズートピアはその二つに大別される動物が共存する街である。それはまるで白人・有色人種が暮らすアメリカ社会の縮図である。
    人種によって差別してはならない、平等でなければならないというのは、子供でもわかること。差別してはいけないと誰もが頭では理解し、差別をしなようにしていると思う。だが実際、潜在意識では人種差別意識のある人は多い。それは既に子供の頃からその傾向にある。「自分とは違うもの」に対する差別意識は頭で考える以上に根深いものなのである。

    それを映画の中でも分かりやすく表現している。肉食度物と草食動物、強くて怖い動物と弱くて小さく可愛い動物など。両者は、差別・被差別のどちらにもなり得る。ジュディは肉食動物に対して、幼少期のいじめられた記憶から心の奥では「怖いもの」という意識があるし、ウサギであることにコンプレックスも持っている。ニックも、幼少期に「キツネだから、肉食動物だから」という理由でいじめられた記憶を持ち、「キツネはずる賢く悪い動物」という世間の印象があるなら、夢なんて持たずに典型的なキツネらしく生きればいいと思っている。
    草食動物のジュディも肉食動物のニックも、どちらも差別され傷ついた過去を持っているのである。
    アメリカ社会も同様で、黒人差別による事件はよくニュースで目にする。白人による黒人差別だけでなく、黒人による白人差別だってある。
    アメリカアメリカと言ってきたが、人種差別はアメリカだけでの問題ではない。どの国でだって「自分とは違うもの」に対する偏見はある。最近では人種ではなく、イスラム教徒に対する差別も色濃い。

    この映画は、弱者であり差別されてきた意識のあるウサギのジュディが、自分も肉食動物に対して差別意識を持っていることに気付くところに意味があると思う。
    差別はいけないこと、それは子供でも分かること。しかし潜在的差別意識を自覚している人は多くない。まずは気付くことから始めよう、というメッセージを持った作品だと感じた。

  3. 匿名 より:

    ジュディのように、夢をみて努力すれば実現できるのだというメッセージ性を持ちつつ、現代社会の暗い問題を入れ込んだ作品でもある。ちょっと真面目に考えてしまうのだが、単純に楽しめるところもたくさんある。まずコンビものに外れなし。純真で夢見る少女ジュディはまるで朝ドラの主人公のようで、反対にニックは社会を皮肉るひねくれ者で、それぞれのキャラクターが立っている。ジュディとニックは男女コンビだが、恋愛要素なんて微塵もなく終始友情を描いているところがいい。
    それから、随所にいろんな作品のオマージュがあるのでそこにも注目したい。『ゴッドファーザー』や『ゴジラ』など。