8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

「1917 命をかけた伝令」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

1917 命をかけた伝令の概要:第一次世界大戦の最中である1917年のある日、ブレイク上等兵とスコフィールド上等兵は、最前線の味方へ作戦中止を伝えるよう命じられた。二人はどこに敵兵が潜むか分からない戦線を抜け、無事味方の命を救うことができるのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1917 命をかけた伝令の作品情報

1917 命をかけた伝令

製作年:2019年
上映時間:119分
ジャンル:戦争
監督:サム・メンデス
キャスト:ジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、マーク・ストロング、アンドリュー・スコット etc

1917 命をかけた伝令の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『1917 命をかけた伝令』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年11月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

1917 命をかけた伝令の登場人物(キャスト)

ウィリアム・スコフィールド(ジョージ・マッケイ)
イギリス陸軍第8連隊所属の若き上等兵。ソンムの戦いを経験し勲章を貰ったが、喉が渇いていてワインと交換してしまったという。どうしても故郷に帰りたくないという理由から、今も尚戦線にいる。
トム・ブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)
スコフィールドと同じく、イギリス陸軍第8連隊所属の上等兵。スコフィールドよりも若く戦歴もない。作戦中止命令を届けるデヴォンジャー連隊第2大隊に、兄のジョセフが中尉として所属している。
エリンモア将軍(コリン・ファース)
本部司令部の指揮官。航空偵察によりドイツ軍の計画的撤退を知り、敵を追うマッケンジー大佐を止めるためブレイクとスコフィールドに伝令を渡す。
マッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)
デヴォンジャー連隊第2大隊の指揮官。1600人の兵士を取りまとめている。目の前で撤退を始めたドイツ軍を追ってイギリス軍の勝利に王手をかけようとするも、自らの戦線に誘い込むことこそドイツ軍の策略だった。
スミス大尉(マーク・ストロング)
チェシャー連隊を率いる大尉。部下を想う上官であり、戦友を失い傷心のスコフィールドの面倒を見る上、「悲しみを引きずるな」と励ましの声を掛ける。

1917 命をかけた伝令のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『1917 命をかけた伝令』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

1917 命をかけた伝令のあらすじ【起】

1917年、4月6日の朝。ブレイク上等兵は軍曹に叩き起こされた。人を連れて司令部へ来るよう命じられたブレイクは、たまたま隣で眠っていたスコフィールド上等兵を起こすと、二人で司令部へと向かった。

司令部でエリンモア将軍と接見した二人は、エクースト町から南東へ2キロ進んだ場所にいるデヴォンジャー連隊第2大隊指揮官のマッケンジー大佐へ、ドイツ軍への突撃作戦を中止するよう伝えろと指示された。ドイツ軍は数ヶ月かけて戦力的撤退を計画しており、新たな戦線へイギリス軍を誘い込もうとしていたのだ。本部司令部は航空偵察によってこの計画に気付いたが、マッケンジー大佐は状況を見誤り、まんまとドイツ軍を追ってしまっていた。明朝までに伝令が間に合わなければ1600人の仲間を失うと言われたブレイクは、デヴォンジャー連隊第2大隊に所属している兄、ジョセフ・ブレイク中尉の身を案じた。

兄を心配し勇み足になるブレイクに対し、スコフィールドは夜間に移動した方が安全だと説得した。二人が進もうとしている無人地帯からドイツ軍は撤退したと説明を受けたが、スコフィールドは手榴弾を持たされたことが気がかりだった。そんな心配をよそに塹壕を進むブレイクは、ドイツ軍の前線を抜けるための道を尋ねるためスティーブンソン少佐を探した。

スティーブンソン大佐は、二日前の戦闘で死亡していた。代わりに指揮を執っていたレスリー中尉が戦場を突っ切ろうとする二人へ抜け道を教え、前線を渡り切れたら信号弾を撃つよう指示した。

1917 命をかけた伝令のあらすじ【承】

塹壕を出て前線へ到達した二人は、ぬかるんだ地面に埋もれる死体の山を越え、もぬけの殻となったドイツ軍の塹壕を進んだ。ドイツ軍は撤退したばかりだったようで、まだ煙を上げている炭や銃火器が残されたままだった。二人が地下室を抜けようとした時、仕掛けられていた爆弾にネズミがかかり、スコフィールドは瓦礫の下敷きになった。ブレイクは慌てて彼を外へ連れ出し、信号弾を撃ち上げた。

エクーストを目指し再び歩き出した二人は、ドイツ軍はイギリス軍の連絡隊が通過することを想定して罠を仕掛けていたと確信していた。そうして草原を抜けた彼らは民家に差し掛かり、そこが廃屋かどうか調べた。

民家に人影はなかったが、僅かに生活の跡が残る室内を見たスコフィールドは「嫌な予感がする」と独り言ちた。彼はそのまま裏手の牧場に向かい、絞ってあった牛乳を水筒へ注いだ。その時、友軍機とドイツ軍が空中戦を繰り広げる轟音が響いた。ブレイクとスコフィールドは地上からイギリス軍の勝利を見届けたが、機体が損傷した敵の戦闘機が二人の元へ墜落した。ブレイクはパイロットがまだ生きていることを確認し、彼を助けるためスコフィールドに水を汲みに行かせた。しかし、言葉の通じないパイロットは錯乱の末ブレイクの腹部をナイフで刺し、スコフィールドは咄嗟にパイロットを撃ち殺した。

ブレイクは母へ手紙を出すようスコフィールドに頼み、息を引き取った。

1917 命をかけた伝令のあらすじ【転】

ブレイクの遺体を運ぼうと足掻くスコフィールドは、偶然通りかかったイギリス陸軍チェシャー連隊に声を掛けられた。彼らはトラックでニューファンドランド連隊の応援へ向かう途中だったのだ。チェシャー連隊を率いるスミス大尉は、戦友の死に放心しながらも急報を届けるため進もうとするスコフィールドをエクーストの近くまで送っていくと言った。

すし詰め状態のトラックの荷台に揺られるスコフィールドだったが、しばらくして、橋の崩落のためトラックは停車した。先を急ぐ彼は徒歩で街を通過することを決め、チェシャー連隊に別れを告げた。別れ際、スミス大尉は「マッケンジー大佐に会う時は第三者が必要だ。将軍からの直接命令とは言え、意地で戦う軍人もいる」と忠告した。

戦禍に飲まれた街を進むスコフィールドは、生き残っていたドイツ兵とかち合った。双方出会いがしらに発砲し、相手は死亡したがスコフィールドは気を失ってしまった。

スコフィールドが目を覚ますと、辺りは既に暗闇に包まれていた。街外れで建物が燃え盛る明かりと、時折撃ち上がる照明弾の明かりを頼りに走る彼は、またしてもドイツ兵に見つかり民家へ身を隠した。そこには、怯えた女性が身寄りのない赤ん坊と共に身を潜めており、スコフィールドは持っていた食料と牛乳を渡し再びエクーストへ向かった。

1917 命をかけた伝令の結末・ラスト(ネタバレ)

空が白んできた頃、ドイツの残兵に追われるスコフィールドは川へ飛び込み逃げきった。岸に打ち上げられた無数の死体を掻き分けて対岸へ渡った彼は、まばらになぎ倒された森の木々の間を進んだ。

森を抜けた先には、座り込んで歌に聞き惚れる大勢のイギリス兵がいた。スコフィールドは移動しようとする彼らに「D連隊を探している」と告げた。彼らこそまさしくデヴォンジャー連隊第2大隊であったが、マッケンジー大佐は新たな前線を築くため隊を4つに分割しており、彼らは最後尾の隊だった。第一波は既に攻撃準備を整えた後と知り、スコフィールドは慌てて最前線を目指した。

ドイツ軍からの攻撃は始まっていた。司令部を目指すスコフィールドは、敵陣に向かって走る第一波の兵達の間をくぐって進んだ。彼がマッケンジー大佐の元へ着いた時、第一波に次いで第二波による突撃が始まろうとしていた。スコフィールドは将軍からの命令を告げ、ドイツ軍の撤退が罠だったとし知ったマッケンジー大佐は作戦を中止させた。

役目を終えたスコフィールドは、ブレイクの兄を探して回った。死傷者選別所で指揮を執っていたジョセフ・ブレイク中尉は弟の死を知ると、「最期にいてくれてありがとう」とスコフィールドと握手を交わした。

スコフィールドは喧騒の外へ歩き大木の麓に腰を下ろすと、家族の写真を取り出し、朝陽を浴びて目を閉じた。

1917 命をかけた伝令の感想・評価・レビュー

全編ワンカット映像という衝撃の売り文句で非常に楽しみにしていたが、実際は「ワンカットに見える」というだけで、驚きなのはその編集技術である。

この作品のカメラワークは、まるで悪夢を再現しているかのようだった。画面越しに伝わる緊張感と臨場感はこの上ない。腐臭まで感じ取れそうな程だった。ブレイクが刺殺される場面もまた、現実的なあっけなさが悪夢のそれだった。人って簡単に死ぬよな、と再確認させられた。死に際に偉業を成したり、華々しく散ったりするのはそれこそ映画の中だけなのだ。(MIHOシネマ編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦争映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約20万本
特徴国内最大級の配信数(20万本)で、そのうち19万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました