映画『1978年、冬。』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『1978年、冬。』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『1978年、冬。』の概要:文化大革命後、1978年の中国西北部。西幹道という小さな田舎町で暮らす少年と、叔父を頼って町に訪れた少女の淡い関係を弟の目線で描いた一作。監督は「思い出の夏」のリー・チーシアン。

スポンサーリンク

映画『1978年、冬。』の作品情報

1978年、冬。

製作年:2007年
上映時間:101分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、青春
監督:リー・チーシアン
キャスト:チャン・トンファン、リー・チエ、シェン・チアニー、チャオ・ハイイエン etc

映画『1978年、冬。』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『1978年、冬。』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ
dTV
TELASA×
TSUTAYA DISCAS
ビデオマーケット
Netflix×

※動画の配信情報は2021年12月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『1978年、冬。』の登場人物(キャスト)

ファントウ(チャン・トンファン)
11歳の少年。人見知りであまり友達ができない。絵を描くことが唯一の趣味だが、父親から止められているため隠れて絵を描きためている。兄の影響で酷いいじめにあってしまう。
スーピン(リー・チエ)
シュエンの兄。18歳ですでに就職しているが、工場での仕事が肌に合わず隠れてサボっていた。廃墟ビルに籠り、ラジオから聞こえてくる外の世界の音に興味を持っている。
シュエン(シェン・チアニー)
ファントゥとスーピンが住む町に叔父を訪ねてやって来た少女。スーピンに好意を寄せられ、最初は拒絶していたが徐々に心を惹かれていく。

映画『1978年、冬。』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『1978年、冬。』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『1978年、冬。』のあらすじ【起】

1978年、冬。中国北部を走る列車には通勤する者と通学する者が多く乗っている。小さな町「西千道」の住民はこの名前のない列車を皆使う。18歳のスーピンもその一人だ。工場への通勤のため列車に乗ったスーピンは友人にいたずらされ、凍るような寒空の下ではしゃぐのだった。

スーピンは何日も家に帰らないことがあった。母親はそんなスーピンを父親譲りで身勝手だと罵り、帰宅するたびに叱りつける。弟のファントゥは連日の罵倒に耳を塞ぎ俯いている。母親は通学時に、スーピンが工場に入るまで監視するようにファントゥに言いつけるのだった。

軍医の父親は、母親の厳しいしつけには一切口出しをしない。朝も一人で出ていってしまい、ファントゥは言われた通りスーピンが工場に入るまで見守ってから隣の学校へと入っていった。しかしスーピンはファントゥの目を盗んで廃墟の高いビルへと移動し、仕事をサボる。ラジオを聞いて外の世界を知り、町を眺め時間を潰して過ごすのだった。

映画『1978年、冬。』のあらすじ【承】

スーピンとファントゥは「新年迎戦友文芸演出」という公演を観に行った。「舞」という演目で北京から来たシュエンという少女が踊る姿を見て、二人は密かなに憧れを抱いていた。

父親に似て無口なファントゥは、学校で上手く馴染めずにいた。人見知りなため友達を作れず一人で絵を描いて過ごすことが多い。そんなファントゥをクラスの数人はいじめていた。

スーピンが時間を潰していた廃墟ビルにシュエンが偶然訪れた。大切にしていた二胡に触れたことでスーピンは怒りをかってしまう。ビルを飛び出したシュエンは、下校途中に原っぱのドラム缶を机にして一人絵を描くファントゥと出会う。父親に反対され家では絵を描けないというファントゥに「展覧会を開けるわ」と褒めてあげるのだった。

シュエンがファントゥに画用紙をプレゼントしているところを目撃したスーピン。シュエンに避けられていることに気付いているスーピンは、声をかけようとするもいつも失敗してしまう。帰宅しても母親に不条理な叱られ方をしたスーピンは、腹いせにファントゥがおねしょをしたように偽装するのだった。

映画『1978年、冬。』のあらすじ【転】

金属片を盗んでは売りに出し小遣い稼ぎをしているスーピン。ある日の帰り道にシュエンが文芸団員に嫌がらせを受けているところを目撃し、助ける。これまでスーピンを拒絶していたシュエンだが、帰り道一緒に線路を歩いてくれたのだった。

窓掃除をしているふりをして、向かいに住むシュエンへサインを送るスーピン。こっそりと会うことを期待していたが、銅を盗んでいた時に顔を観られていたスーピンはシュエンの前で捕まってしまった。シュエンも共犯かと疑われるが、スーピンはシュエンを守り切るのだった。

父親の反対を押し切り、文芸団に入ることを目指しているシュエン。少しでも夢に近づけようと、スーピンは大事にしていたラジオを売りカメラを借りた。こっそりと劇場に忍び込み、シュエンの父親に送るための写真を撮影するのだった。

父親の病気が悪化し、シュエンは突如町から姿を消した。二人の距離が縮まっていることに気付いていたファントゥは、スーピンの心中を察するのだった。

映画『1978年、冬。』の結末・ラスト(ネタバレ)

突如町に戻って来たシュエン。シュエンに連れられ廃墟ビルにやって来たスーピンは、父親が亡くなり傷心しきっているシュエンに声をかけられずにいた。その様子を見てしまったファントゥは思わず逃げ出し、泥だらけになって帰宅した。

自宅にはついにスーピンの解雇通告が届いた。激怒する母親の怒りは、監視を頼んでいたファントゥにも向いてしまう。さらにスーピンとシュエンの関係は町中に知れ渡り、不良だと罵られるようになった。その影響はファントゥにも及び、酷いいじめを受けるようになってしまう。

ファントゥのためにも、家を離れ軍隊に入隊することにしたスーピン。家族が盛大に見送る中、シュエンはこっそりと隠れて見送りに来ていた。

1年後が経ち、スーピンからは順調に任務をこなしていると報告の手紙が届いた。その矢先、任務中に台風に見舞われ命を落としたと訃報が届く。「英雄」と呼ばれ同志に看取られたスーピン。ファントゥと両親、そしてシュエンはスーピンの死を受け入れるしかないのだった。

その後ファントゥ一家は小さな町を出た。シュエンは小学校の教員となり文芸団に入る夢を諦めるのだった。

映画『1978年、冬。』の感想・評価・レビュー

文化大革命然り、世の中の流れに身を委ねることの難しさと虚しさを描いているような一作であった。まだ18歳の少年・スーピンにとって、知らない世界がもっと広がっていることは希望にも近いはずだが、この物語では絶望にも見える。自由の光はそう簡単に手に入らないと言われているような閉塞感と共に、初めて抱く感情の青々しさがとても繊細に描かれていた。三人が歩く線路の上が無限に繋がっていて欲しいと、願ってしまうような時間であった。(MIHOシネマ編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブストーリー映画青春映画ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました