映画『30年後の同窓会』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「30年後の同窓会」のネタバレあらすじ結末と感想

30年後の同窓会の概要:ベトナム戦争時に友人同士だった3人の男、ドク・サル・ミューラーがドクの息子の死をきっかけに再会する。イラク戦争のさなかに戦死した息子の遺体をドクが故郷へ運ぶ旅に、30年の空白を超えてかつての仲間たちが力を貸す。

30年後の同窓会の作品情報

30年後の同窓会

製作年:2017年
上映時間:125分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:リチャード・リンクレイター
キャスト:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン、J・クィントン・ジョンソン etc

30年後の同窓会を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『30年後の同窓会』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

30年後の同窓会の登場人物(キャスト)

ラリー・“ドク”・シェパードジョン(スティーブ・カレル)
過去に軍隊に所属し、何らかの理由で服役していた過去を持つ。妻に先立たれ、息子は戦死したという報せを受ける。
サル・ニーロン(ブライアン・クランストン)
ドクの軍隊時代の友人。現在は寂れたバーを営む。
リチャード・ミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)
ドクの軍隊時代の友人。無法者だった過去とは決別し、現在は牧師になっている。
ワシントン(J・クィントン・ジョンソン)
ラリーJr.の同僚であり友人。海兵隊上等兵。

30年後の同窓会のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『30年後の同窓会』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

30年後の同窓会のあらすじ【起】

イラク戦争真っ只中の時代。妻を病気で亡くしたドクは、一人息子が戦場で亡くなったという報せを2日前に受け取る。かつてドクはベトナム戦争に参加しており、その時の友人2人を30年ぶりに訪ねる。

一人目はサル。寂しいバーを営み大の酒好きである彼は初めこそドクを認識できないが、ドクが名乗ってからは一気に昔の友情を思い出す。昔話に花を咲かせ、翌朝ドクに連れられリッチモンドにある教会へ赴く。そこでは二人目の友人であるミューラーが牧師を務めていた。

サルは以前かなり粗暴だったミューラーの変貌ぶりに驚き彼を茶化し、ミューラーは仕方なく彼らを自宅へ招待する。ミューラーの妻と共に楽しく食卓を囲んでいた最中、ドクはここに来た訳を打ち明ける。

妻のこと、息子のことを聞き押し黙る一同。ドクはこれから軍隊の基地で亡き息子に会ってくるという。そこにサル、ミューラーの二人も同行してほしいと頼む。最初は戸惑う二人だったが、ドクに付き添う決意をする。

30年後の同窓会のあらすじ【承】

道中、三人は30年の空白などなかったかのように昔の関係性を取り戻す。やはり元気のないドクを気遣いながら一路アーリントンへ向かう。そして、到着した場所ではドクの息子がアメリカ国旗をかけられた棺の中で眠っていた。上官の反対を振り切ってドクは棺を開け、後ろから撃たれたためほとんど顔がなくなってしまった息子と対面して打ちひしがれる。

その時、サルとミューラーは亡くなった息子と友人でもあった同僚のワシントンに話を聞く。それによると息子の死は戦場で起こったものではなく、街中でイスラム教徒に突然撃たれたのだという。名誉の戦死ではない死に方に憤る二人。そして、それを知ったドクは、このまま息子をアーリントン墓地には埋葬しない、自分の家へ連れて帰ると決意する。ただし、あくまで最後までドクをサポートするつもりのサルと違いミューラーは葬儀の手伝いをするつもりだったため、あまり長い間家を空けられないと一人バスで帰ることにする。しかし、サルがトラックを借りたレンタカー屋で、店員が少々挙動不審な彼らをテロリストだと勘違いしてしまう。結果、ドクとサルはもちろん別行動していたミューラーまで足止めを食う。

このハプニングを契機に再び三人で出発することになる。さらに、上官の言いつけに背いたワシントンも彼らに同行する。列車の中で思い出話をする四人。その話の中でドク達三人には過去の海兵時代に苦いトラウマがあることが明らかになってくる。

30年後の同窓会のあらすじ【転】

実は三人が海兵隊に所属しベトナム戦争に参加していた頃、ちょっとした悪ふざけにより仲間が一人亡くなっていたのだった。そのことを未だに引きずっており、それぞれの心の傷になっていた。しかし、ラリーJr.を送り届ける道中で彼らが今までの人生を語るうち、少しずつそのわだかまりが解けてくる。

サルは亡くなった戦友の実家を訪ねて彼の家族に本当のことを打ち明けようと二人を説得する。住所を探し当て、いざ家に招き入れられしばらく亡き戦友の遺した子供や孫の話をするのだが、母親から「息子はあなた達を助けて死んだの?」と聞かれ予定を変更する。「そのとおりです」と答えるのだ。彼は勇気ある戦友だったと。

奇しくもこの母親とドクは同じ立場にある。二人とも息子を戦場で亡くし、しかもその原因は戦争以外にある。そんな母親をドクはしっかりと見つめ、真相は伏せる。そしてサルも、今までだったら「本当のことを教えた方がいい」と真相を話してしまっていたかもしれない。けれど、今回の旅の中での友人達との交流が彼を少し変えたようだった。

30年後の同窓会の結末・ラスト(ネタバレ)

ようやく息子を自宅に連れ帰った三人とワシントン。葬儀を翌日に控え、いろいろな話をする。息子を送るときどんな服装をさせてやろうかとドクが言い、彼らと話すうちやはり軍服を着せようと考える。ワシントンもそれに賛成する。きっと後悔しないはずだと。

そして、葬儀当日。サルとミューラーは海兵の軍服に身を包み、葬儀の手順を自らこなしていく。もちろんワシントンも軍服姿で戦友を見送る。サルはドクに、「アメリカ大統領や政府が本当に死を悼んでいるのかわからない。だけどこの国旗を受け取れ。お前の国の旗だ」と言い国旗を手渡す。友人らに見送られながら息子を送ることができ、その墓は妻の隣だ。

最後にワシントンから、息子から預かっていたという手紙を渡す。それは父親に宛てた遺書だった。父親を愛していたこと、奇しくも息子も「母の隣に埋葬してほしい」と言っていたこと。息子の最後の望みを叶えてやることができ、ドクは涙を流す。そんな彼の背中をサルが優しく叩き、ミューラーと共に見守るのだった。

30年後の同窓会の感想・評価・レビュー

このストーリーはとても意味の込められたロードムービーだったと思う。もともとはドクの息子を故郷に連れ帰るための旅だったが、そこに彼らの過去のトラウマが重ねられていく。そのトラウマ、苦い思い出や後悔を道中ときほぐしていき、それは同時にドクにとっての息子の葬送でもある。

個人的にサルがとても良いキャラクターだったと思う。彼は雑な性格で行く先々の無料のアメを大量に持ち帰るような男だが、そのアメを最初は「虫歯になるから」と断っていたミューラーが最後には「ありがとう」と受け取る。嬉しそうなミューラーの笑顔が心に残っている。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする