映画『42 世界を変えた男』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「42 世界を変えた男」のネタバレあらすじ結末と感想

42 世界を変えた男の概要:黒人で初めてメジャーリーガーとなった男ジャッキー・ロビンソン。類まれなる才能を持っていた彼だが人種差別という問題が彼の行く手を阻む。黒人差別にも負けず紳士的な対応を貫いた男の実話をもとにした感動ムービー。

42 世界を変えた男の作品情報

42 世界を変えた男

製作年:2013年
上映時間:128分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ドキュメンタリー
監督:ブライアン・ヘルゲランド
キャスト:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ etc

42 世界を変えた男を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『42 世界を変えた男』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

42 世界を変えた男の登場人物(キャスト)

ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)
アメリカの野球界にて初めて黒人選手となった男。黒人差別を受けながら我慢し紳士に振る舞う。誰よりも野球に対し誠実な人間。
ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)
ロビンソンをスカウトしたドジャースの会長。実力があるロビンソンをスカウトする。人種差別に苦しむロビンソンを精神的に支える。

42 世界を変えた男のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『42 世界を変えた男』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

42 世界を変えた男のあらすじ【起】

1945年のアメリカ。黒人に対する人種差別が当たり前として問題とも認識されていない時代。ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーはドジャースの戦力強化を検討していた。そこで彼は一人の選手に目を付ける。その選手の名はジャッキー・ロビンソンという黒人選手であった。

ブランチに声をかけられたロビンソンはブランチのオフィスにやってくる。オフィスにやってきた彼にブランチは唐突に黒人差別的用語を彼へ浴びせる。ブランチはロビンソンに黒人差別を強く言われる環境下においても辛抱強く我慢できる覚悟があれば、ドジャース傘下のチーム、モントリオール・ロイヤルズへの入団を提案する。

露骨に黒人差別が充満した社会であったため、アメリカのプロ野球に前例がない黒人選手が混ざる。それが多くの人からバッシングを受ける行為だと容易に想像できたロビンソン。だが、彼は自分の野球にかける想いを貫き通すため、ブランチからの提案を承諾しロイヤルズへの入団を決めるのであった。

42 世界を変えた男のあらすじ【承】

ロビンソンはロイヤルズへ入団しキャンプへ合流する。チームのメンバーやロイヤルズの監督も黒人選手が参加することに動揺していた。マスコミの注目や差別的用語も浴びせられる中、ロビンソンはオープン戦に参加する。

ドジャース対ロイヤルズのオープン戦が開始される。ロビンソンの初打席はフォアボールで一塁に出る。その後、持ち前の身体能力で盗塁に成功する等、存在感を示したオープン戦となった。

だがその日の夜、ロビンソンを受け入れない野球ファンから脅迫を受けてしまう。身の危険を感じたロビンソンや同伴していた黒人記者ウェンデルは居住地を変える等、厳しい環境下での生活を虐げられる。

ナショナルリーグの開幕戦では、ロビンソンはホームランを放つ等、バッシングに負けないよう結果を残していた。

その後ロビンソンの妻は妊娠と出産を経て家族が増える。ロビンソン自身もロイヤルズからドジャースへ入団するべくキャンプへ合流するのであった。

42 世界を変えた男のあらすじ【転】

ロビンソンは一塁選手としての起用が想定され練習にかかる。その頃、ロビンソンのドジャースへの合流が気に食わないチームメンバーは、ロビンソンのチーム合流を阻止すべく嘆願書を作り著名活動を行っていた。

嘆願書の情報はブランチにも入り、直ちにドジャースの監督へチームメンバーへの是正処置を行うよう命令する。監督はメンバーを呼び出し、注意喚起を行う事態になる。

順調に好成績を残したロビンソンはドジャースへの入団を果たす。その後のフィラデルフィア・フィリーズ戦ではバッターボックスへ立ったロビンソンに対し敵監督からの極悪な差別用語が浴びせられる。その場では怒りを抑えたが、ベンチに下がった後彼は怒りと化し身から泣いてしまう。そこにやってきたブランチは、批判に屈するのではなく結果で見返すことで世界を変えることをロビンソンへ伝える。

再び試合に戻った彼に対し尚も続くバッシングにドジャースのチームメンバーのエディも抗議する。ロビンソンの紳士的な行動は少しずつであったが、周囲に伝わり始めるのであった。

42 世界を変えた男の結末・ラスト(ネタバレ)

次第にチームメンバーと打ち解け始めるロビンソン。だが、メンバーの中にはロビンソンと仲良くしていることで脅迫状も届き、ブランチへ相談する者も現れた。だが、ブランチはそれとは比較にならないほどのロビンソン宛に届いている脅迫状を見せ、ロビンソンがいかに辛抱強いかを示すのであった。

ドジャースとカージナルスとの試合では、敵チームからの悪意あるプレイからロビンソンは負傷してしまう。チームメイトは怒り抗議しようとしていたが、ロビンソンは制止しプレイを続行するのであった。ロビンソンの誠実な行動によってチームメイトとの絆はより強固なものになっていた。

あと1勝でナショナルリーグ制覇というところまできたドジャース。彼のこれまでの野球にかける想いを見てきたチームメイトや客席のファンはロビンソンへ温かい声援を送っていた。周囲からの注目を浴びながらロビンソンはホームランを放つ。ドジャースはナショナルリーグ優勝を果たし、不屈の精神でプレイするロビンソンの偉大さを世に知らしめることとなった。

その後、ロビンソンに続くよう実力のあるものは人種関係なく野球界へ進出していくこととなる。彼の歩んだ道は後世の野球界へ大きな変革をもたらしたのであった。野球界の殿堂入りしたロビンソン。彼が着けていた背番号42は全球団の永久欠番として未来永劫名を残すこととなった。

42 世界を変えた男の感想・評価・レビュー

実話をもとに作成された本作。今でも人種差別は消えていないが、ロビンソンの現役時代はそれが問題ともみなされていなかった時代。映画内で語られる人種差別な扱いは恐らく映画ように脚色されたものではなく普通にあったことだろう。そんな中、ロビンソンはひたむきに野球と向き合い、自分を見失わず貫いた。その姿こそ人として一番大事なことが詰まっている。生まれた場所や肌の色、瞳の色では人の本質は計れない。本作を見てどう生きるか、私たちはロビンソンから多くのことを学べるはず。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする