8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『愛がなんだ』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『愛がなんだ』の概要:恋愛に振り回され、全てを惚れてしまったマモルに捧げるOLのテルコ。それでもマモルにとってテルコは、ただの都合の良い女であった。恋愛の形が多様化する中で、その在り方を考えさせられるリアルな作品。

スポンサーリンク

映画『愛がなんだ』の作品情報

愛がなんだ

製作年:2018年
上映時間:123分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:今泉力哉
キャスト:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也 etc

映画『愛がなんだ』の登場人物(キャスト)

テルコ(岸井ゆきの)
マモルに惚れ込み、生活の全ての優先事項がマモルになってしまう。そのため、仕事や友人関係も崩れるが、どう頑張ってもマモルの恋人になれない。いつしかマモルに対する恋愛感情は、執着に変わっていた。
マモル(成田凌)
鈍感だが、思わせぶりな態度でテルコを振り回す。テルコの気持ちを考えず、恋人のような態度をとることもあれば、あっけらかんと別の女性に好意があることをテルコに伝えたりする。
スミレ(江口のりこ)
ガサツで言葉使いが荒く、さばけた性格。マモルの好意にも、興味がないと切り捨てる。

映画『愛がなんだ』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『愛がなんだ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『愛がなんだ』のあらすじ【起】

ある日突然、テルコの元にマモルから電話がかかってきた。マモルは、体調を崩し動けないから何か食べ物を届けて欲しい、とテルコに言った。マモルからの連絡に浮かれ、マモルの家に駆け付けたテルコは、味噌煮込みうどんを作り、部屋の掃除を始める。そんなテルコを見てマモルは、もう家に帰ってくれないか、とテルコを追い返す。テルコは、その足で友人の葉子の家に向かう。葉子はマモルの態度を非難し、テルコとマモルの関係を心配した。

テルコとマモルは知り合いの結婚パーティーで出会った。パーティーに馴染めなかった2人はすぐに打ち解け、それ以来テルコは、毎週金曜日に来るマモルからの連絡を待ち望むようになっていた。テルコは、マモルから連絡が来たらいつでも対応できるように会社で時間を潰し、連絡が来なければ深夜1人で家に帰るのであった。

夜遅くにマモルから連絡があり、テルコとマモルは居酒屋で食事をする。2人は朝まで飲み明かし、マモルの提案でタクシーに乗りマモルの家に帰宅した。2人で一緒に寝て、昼過ぎから散歩に出かけた。その日から、毎日のようにマモルから連絡が来るようになったテルコは、連絡が来たらすぐに対応できるように備え、終電がなくなったら当たり前のようにマモルの家に泊まるようになった。

映画『愛がなんだ』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『愛がなんだ』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『愛がなんだ』のあらすじ【承】

ある日、テルコは仕事を休んでマモルと動物園に行く。テルコは象の檻の前でテルコは、会社を辞めることになるかも、とマモルに打ち明ける。マモルは、自由で良いな、とあっけらかんとして、自分は象の飼育員になろうかな、とふざけた。テルコはそれを聞き、マモルの未来に自分も含まれているような気がして嬉しくなり、泣き出す。

テルコは仕事を辞めたのではなく、クビになっていた。テルコは恋愛運と仕事運は反比例するところがあるから、恋愛運を下げないために暫く仕事はしない、と葉子に宣言する。葉子は、まともでない、とテルコを咎めるが、テルコは、マモルと多分付き合い始めていて結婚するかも、と濁した。

会社を退職した帰り道、テルコは2人用の土鍋を買ってマモルの家に帰宅した。マモルの洋服棚を整理したり部屋を掃除するなど、尽くすテルコに、マモルは嫌気が差していた。翌朝、いつもより早く仕事に行くと言ったマモルは、他人に留守中の部屋にいられたくない、とテルコを追い出すように捲し立て、それ以降一切テルコに連絡をしなくなった。

映画『愛がなんだ』のあらすじ【転】

マモルから連絡がないまま、いつしか季節は冬から春になった。新しい仕事探しの面接中に、突然マモルから電話がかかってきた。呼び出された先のカフェには、マモルと一緒にスミレという女がいた。スミレはテルコと真逆のタイプで、派手な柄シャツを着て煙草を吸い、ガサツな態度だった。マモルとスミレは合コンで知り合ったと聞かされたテルコは、帰り際に、スミレは恋人なのか、とマモルに問う。マモルは、テルコの先回りして気を遣うところや自意識過剰が苦手、とスミレを見習うようにテルコに言った。

銭湯でバイトを始めたテルコにスミレから連絡が入る。スミレの友人たちが集まるクラブパーティーに呼ばれたテルコは、クラブの雰囲気に馴染めずマモルに連絡する。スミレもいることを伝えると、マモルはすぐにクラブに現れたが、テルコと同じように周囲の雰囲気に馴染めなかった。マモルはスミレの灰皿を替えたり、飲み物を注いで気を引こうとするが、軽くあしらわれた。マモルとテルコは店を後にし、2人でテルコの家に帰宅する。なんとなくの流れで一緒に寝ている時に、テルコはマモルに、スミレじゃなくて私で良いじゃん、と呟くがマモルは曖昧にしたまま寝てしまった。

映画『愛がなんだ』の結末・ラスト(ネタバレ)

テルコとテルコの友人、マモル、スミレの4人でバーベキューに行くことになる。そこでスミレはテルコに、マモルから告白されたことを匂わせるが、マモルに興味が無く、マモルはテルコみたいな人と付き合うのが合っていると言った。テルコは複雑な表情を浮かべた。

後日突然、テルコに話がある、とマモルはテルコの家の前にやって来た。スミレのことが本気で好きなマモルは、スミレに会うためにテルコを利用していたことを告白し、お互いのためにもう会うのをやめよう、と伝えた。テルコは強がって、もうとっくに冷めているから会わなくなる必要はない、とマモルに言った。マモルに安心した、と言われてしまったテルコは、これからは友達として互いの恋愛に協力し合おう、と無理に笑った。

テルコはマモルにこんなにも執着している理由がわからなかったが、それはもう恋だとか愛だとかそんなことはとっくにどうでも良い問題になっていた。そんなことを思いながら、テルコはマモルとデートした動物園で象の飼育員になっていた。

映画『愛がなんだ』の感想・評価・レビュー

マモルのように悪気があるのかないのか、人の気持ちを弄び振り回す男性も、テルコのように恋愛最優先で男に尽くしすぎる女性も、凄くリアルで、いるいる、と頷きながらむず痒い気持ちで観てしまった。恋人かどうかなんてとっくにどうでも良くて、好きな人の傍にならどんな関係でも良いから一緒にいたい、というテルコの気持ちは切ないが、恋愛の形について考えさせられる作品であった。(MIHOシネマ編集部)


本作は、マモちゃんに一目惚れしたテルコは生活の全てがマモちゃん中心になるが、マモちゃんにとってテルコはただの都合のいい女、そんなテルコの究極の片思いを描いたラブストーリー作品。
登場人物のどうしようもなく不器用で繊細で自由でダメな感じも、何故だか皆愛おしく人間味を感じた。
すれ違いや交わらない一方通行の恋愛は、かっこ悪いけれどこんな恋愛も悪くないなと思った。何せ若い二人のリアルな恋愛なので、懐かしい気持ちになった。
愛って難しい。(女性 20代)


フィクションなのに、フィクションではないような、不思議な気持ちになる映画だった。
他人事のはずなのに、どこかで感じたことがあるような、そういった生々しさを感じた。恋人ではない。友人でもない。どっちつかずの宙ぶらりんな状態で、それでも彼が自分の世界だと信じ続けるテルコの言動は見ていて時折痛々しく、しかし切なく胸を抉る。
登場人物ひとりひとりが丁寧に描かれていて、非常に良い作品だったと思う。(女性 20代)


好意がことごとく裏目に出てしまうテルちゃんが痛々しいのだが、それを理解できる自分もいる。テルちゃんには「好きか、どうでも良いか」のどちらかしかない。マモちゃんのことになると、自分のことですらどうしようもなくなってしまう。私は絶対にテルちゃんみたいにはならないと思ったが、どこかで羨ましさを感じてしまった。

すみれさんといる時のマモちゃんがあまり魅力的に見えないのは、恐らくテルちゃんからそう見えているから。成田凌のひどい男なのにどうしようもなく惹かれてしまう佇まいや、細かな演出がリアルでとても良かった。(女性 20代)


友人やネットの口コミの評判が良く、特に共感するような内容のものが多かったので驚きました。自分にとってはあまり共感をもてず、感情移入できる登場人物もいませんでした。ですが、この作品の主人公くらい恋愛にのめりこむ経験を、人生で一度くらいしてみたいと羨ましく思いました。
岸井ゆきのさんの演技はリアルでかわいくて、イチャイチャシーンなどはにやにやしてしまったので、ストーリーにハマれなくても楽しめる作品でした。(女性 20代)


「恋は一方通行、愛と狂気は紙一重」恋や愛を言葉で表すのは難しい。理屈じゃないんだってこともありますよね。この作品の登場人物はみんな、クセが強くて理屈じゃ語れないような人たち。
好きな人が好きな自分が好き。恋に恋してる時間が好き。都合のいい女でもいいやと思ってしまう。そんな都合のいい女が楽でいい男。こういうのって文字にすると本当にクズだなあ…と思ってしまうけど、少し共感できてしまう部分もあって、嫌いになれないんですよね。ぜひ、そんな人に観て欲しい作品です。(女性 30代)


他人の恋愛を見ているのに、他人事には感じられなかった。作品が進むにつれてどの関係も苦しくなっていく。どうしてこうも恋とか愛っていうのは、苦しいんだろう。でも楽しい時もたくさんあり、この作品自体がまるで恋そのもののようだった。今は恋をしていない人でも、何か思い出したりするだろう。

恋愛の経験がある人ほどいろんな恋愛を肌で感じているのでこの作品は響いてしょうがないだろうし、それだけ複雑な気持ちになる。恋人や気になっている人と観るのは勧められない。(女性 20代)


決して報われない、パッとしないラブストーリー。
でもきっと誰もがどこか自分を重ねてしまう、そんな映画だと思う。
マモルに依存し、仕事や友達、他のことは全てどうでもよくなってしまうテルコ、そんなテルコに付かず離れずのマモル。テルコの考え方はあまりにも極端で、共感できる部分があるわけではないが、マモルに夢中でいつも全力なテルコは可愛くて仕方がない。
そんなマモルも、テルコとは正反対の女性に恋をする。
最終的にテルコはどこまでいってもテルコのままで、やはり共感できない女性ではあるものの、嫌いにはなれない。これも岸井ゆきのの魅力だと思う。
どこか惹かれてしまう、不思議な魅力溢れる大好きな作品である。(女性 20代)


不器用な人たちのいびつな恋愛劇だ。テルコがマモルに執着する姿はストーカー的で怖いし、それが原因で仕事をクビになるなんてどうかしている。マモルには都合よく使われているだけなのに、それでも傍にいることが彼女の幸せなのだ。友人ヨウコのことを好きなナカハラもまた、都合よく呼び出してもらえるだけでいいのだと情けないことを言っている。
自分が辛いだけの恋愛は「やめときなよ」と言いたくなるけれど、きっと街中のどこかでテルコたちのように形容しがたい愛が生まれているのだ。なんて愛おしい作品なのだろう。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブストーリー映画ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. hamataro より:

    好きな人中心の生活を送る主人公。恋は盲目とはまさしくこういうことだなと思いました。というか、これは恋愛なのか。良く言えば献身的、悪く言えば狂気的にマモルに尽くすテルコ。マモルは中々なダメ男で、二人の関係は共感できません。本人が幸せならそれで良いんじゃないかと、一歩引いて鑑賞してしまいました。狭い日常を切り取った作品なので、もう少し知名度の低い俳優さんを起用すれば、作品にもっとリアリティが出たのかなとも思います。

  2. モクズ より:

    全く違うタイプの若い男女が恋愛を繰り広げていく。恋愛といってもそれらは一方的な片思いであったり、共依存的な関係であったりと、いわゆる恋愛映画で描かれるものとはかなり違って生々しい。でもそのすべてが人を突き動かす強度を持っていて、主人公たちはいろいろなことを犠牲にし、傷つきながら生きていく。細やかな演出と俳優たちの演技が素晴らしく、多少大げさであってもどのシーンもリアルに感じられて見応えもある。
    恋愛とは、人間関係とは何かについて考えさせられる作品。

タイトルとURLをコピーしました