映画『愛より強く』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「愛より強く」のネタバレあらすじ結末と感想

愛より強くの概要:ドイツで暮らすトルコ系移民のカップルを主人公に、自暴自棄に陥った男が自由奔放な女と偽装結婚したことで引き起こる悲劇的な恋愛を描いた作品。ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞するなど高い評価を得た。

愛より強くの作品情報

愛より強く

製作年:2004年
上映時間:121分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ファティ・アキン
キャスト:ビロル・ユーネル、シベル・ケキリ、カトリン・シュトリーベック、グヴェン・キラック etc

愛より強くを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『愛より強く』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

愛より強くの登場人物(キャスト)

ジャイト・トムルク(ビロル・ユーネル)
妻と死別して人生に絶望している。酒に溺れて自殺を図るが、シベルと出会ったことで再び生きる希望を見出していく。
シベル・グネル(シベル・ケキリ)
自由奔放な性格をしているが、厳格な家族に囲まれ伸び伸び生きられずにいる。ジャイトと偽りの結婚をして自由を謳歌しようとする。

愛より強くのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『愛より強く』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

愛より強くのあらすじ【起】

バーで飲んだくれたジャイトは車ごと壁にぶつかり事故を起こして自殺しようとする。入院させられたジャイトは病院でシベルと出会う。シベルは突然結婚してくれと迫ってくる。シベルは自殺未遂をし、家族から責められていた。散歩をしているジャイトの元にシベルが駆け寄ってきて、再び結婚話を持ち出す。2人は夜中に病院を抜け出しバーで飲む。シベルは自由に楽しんで生きたいと話し、厳格な家族の目を誤魔化すために見せかけの結婚をしてほしいと迫る。ジャイトが断ると目の前で腕を切って見せる。ジャイトは慌てて介抱し、シベルはジャイトがトルコ系だから親も許すと説明する。

ジャイトはゴミの散らかった自分のアパートに戻ってくる。ジャイトは友人に相談するが、友人は結婚に反対する。ジャイトはシベルを助けてあげたいと説明し、友人を説得する。友人はジャイトの叔父の振りをして、シベルの家族に会いに行く。友人はジャイトとシベルを結婚させてほしいと頼み、シベルも結婚したいと応じる。シベルの父親は渋々了承する。

愛より強くのあらすじ【承】

シベルの従姉妹が結婚式のためにトルコからやって来る。正装したジャイトはウェディングドレス姿のシベルを迎えに行き、結婚届を出す。その際にシベルはジャイトが前妻と死別していたことを知る。2人は盛大に結婚式を挙げる。自宅に戻ってきたシベルは、ジャイトに前妻の名前を聞こうとして追い出されてしまう。シベルはバーでバーテンダーに色目を使い、バーテンダーはシベルを自分の家に来るように誘う。

翌朝、シベルは幸せそうにジャイトのアパートに戻ってくる、シベルはアパートを模様替えする。2人はディスコに行くが、シベルはそこで引っかけた男と出て行ってしまう。1人でアパートに戻ったジャイトは飲んで荒れてしまう。そしてシベルのベッドで寝付く。

ジャイトとシベルは飲みに行き、シベルはまたバーにいた男と姿を消す。シベルはトルコ料理を作り、ジャイドに食べさせる。しかし、途中でムードが悪くなり、ジャイトは出て行ってしまう。しばらくしてジャイトはシベルがいるディスコに行き、シベルに謝る。その夜、ジャイトとシベルは関係を持ちそうになるが、シベルは本当の夫婦になるのが嫌で途中で止めてしまう。

愛より強くのあらすじ【転】

ジャイトは友人にシベルを愛していると打ち明ける。シベルは遊園地で愛の言葉が書かれたチョコレートを見付け、ジャイトのために買ってくる。一方、ジャイトはバーでシベルが関係を持った男に絡まれて、男を殴り殺してしまう。シベルは絶望のあまり再び自殺を図ろうとする。ジャイトの事件は新聞で報じられて、シベルの家族も悲しみに暮れる。家族の名誉を汚したため、シベルは家族に命を狙われてしまう。シベルは刑務所に収監されたジャイトに面会に行き、出所を待つと告げる。

シベルは親戚を頼ってイスタンブールに渡る。親戚が働くホテルで雇ってもらい、清掃員として真面目に働くようになる。しかし、直ぐに単調な生活に退屈を感じて麻薬を求めるようになる。シベルは親戚の家を出て、麻薬を手配してくれたバーテンダーの元に引っ越そうとする。バーで踊り狂って酔いつぶれたシベルは、路上で男達とケンカとなり殴られてしまう。それでもシベルは男達を挑発し続けて遂には刃物で刺されてしまう。血まみれになって倒れていたところをタクシー運転手に助けられる。

愛より強くの結末・ラスト(ネタバレ)

ジャイトの出所の日が訪れ、友人が迎えに来てくれる。ジャイトはシベルを探すためにイスタンブールに行くと告げる。ジャイトの気持ちを理解した友人はジャイトのために蓄えてきたお金を旅費として渡す。ジャイトはイスタンブールに渡り、シベルの従姉妹を訪ねる。シベルに会わせてほしいと頼むが、従姉妹はシベルには既に恋人と娘がいるので会わせられないと拒否する。ジャイトはシベルが生きる力を与えてくれたと説明して、説得しようとする。

ホテルで休んでいたジャイトの元にシベルから電話が掛かってくるが直ぐに切れてしまう。ジャイトはイスタンブールに滞在してシベルからの連絡を待ち続ける。シベルは恋人が留守となった日に、娘を従姉妹に預けてジャイトのホテルにやって来る。2人は愛し合い、ジャイトは故郷のメルシンに一緒に来るように誘う。シベルはホテルから従姉妹に電話し、娘の様子を確認する。ジャイトはバス停で落ち合い、ジャイトとシベルと娘の3人でメルシンに行こうと提案する。自宅に戻ったシベルは荷造りをするが、リビングから娘と恋人の声が聞こえて来て悩み込んでしまう。結局シベルはバス停には現れずジャイトは1人でメルシンに向かう。

愛より強くの感想・評価・レビュー

主人公2人の激しい恋愛模様に圧倒される作品。今作でメガホンを握ったファティ・アキン監督はカンヌ、ベルリン、ベネチアの3大国際映画祭で受賞歴がある実力派で、トルコ系移民を主人公に数多くの作品を発表している。今作でもトルコ系移民の間における社会通念やイスラム教というものが重要な役割をなしており、主人公の行動を理解する上でも欠かせない要素となっている。2人がトルコに居場所を求めていくのも象徴的でならない。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする