映画『亜人』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「亜人」のネタバレあらすじ結末と感想

亜人の概要:死ねば全てがリセットされる、『亜人』という存在を巡る戦いを描いた大人気コミックがとうとう実写映画化。原作ファンからも好評を得た作品で、綾野剛の肉体美も必見。

亜人の作品情報

亜人

製作年:2017年
上映時間:109分
ジャンル:アクション
監督:本広克行
キャスト:佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大 etc

亜人の登場人物(キャスト)

永井圭(佐藤健)
研修医をしていた青年。ある日交通事故に巻き込まれ、自分が亜人であることを知る。慧理子のため、佐藤達と戦う決意を固める。
永井慧理子(浜辺美波)
永井圭の妹。重い病気を患っており、病院に入院していた。兄と敵対する佐藤の刺客に命を狙われる。
佐藤(綾野剛)
国内第一号の亜人。酷い拷問を受けており、そのために人類を深く憎んでいる。亜人特別区域を政府に要求する。
田中功次(城田優)
国内第二号の亜人。拷問されていたところを佐藤に助けられ、佐藤の元で働いている。
戸崎優(玉山鉄二)
厚生労働省亜人管理委員会のトップである男性。永井に拷問を命じた張本人だが、佐藤を捕らえるため一時的に手を組む。

亜人のネタバレあらすじ

映画『亜人』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

亜人のあらすじ【起】

重い病気を患う妹を助けるため、研修医として日々働く永井圭は、ある日不幸にも交通事故にあってしまう。かなりの衝撃で、確実に命を落としたはずの永井圭。しかし、彼はなんと次の瞬間、黒い煙と共に生き返っていたのだった。

それが、初めて彼が亜人であることが明らかになった瞬間だった。亜人とは、近年世間を騒がせている、死ねば全ての怪我が回復し生き返るという特殊な習性を持った、人間とは異なる存在のことである。

世界でも亜人はまだ数少なく、日本国内では永井で3番目という状況。そのため、どの国も謎に包まれた亜人の実態を解き明かすため、研究に躍起になっていた。保護という目的で政府に連行された永井圭。しかし、それは世間の目を欺くための偽りで、本当は亜人に対する残酷な人体実験が行われていたのだ。永井は、必ず生き返るというその性質のため、何度も何度も、残虐な方法で殺され続けたのだった。終わることのない地獄に絶望していた永井。そんな彼の前に、一人の男が現れる。佐藤という名のその男こそ、日本国内で発見された一人目の亜人だった。

亜人のあらすじ【承】

そして、彼は永井とは比にならないほどの長い時間、この拷問を受け続けていたのである。それをキッカケに人類を深く憎むようになった佐藤は、人類の滅亡を企てるようになっていた。

佐藤は、永井を自分の仲間に引き込むべく、彼を助けにやってきたのだった。そんな佐藤には仲間がいた。国内2番目の亜人、田中である。田中もまた、拷問を受けていたところを佐藤に救われた過去があったのだ。そして、佐藤達は圧倒的な亜人の力を使い、次々と研究員達を殺害していく。

田中は永井にも研究員を殺すように促すが、しかし、永井にはどうしてもそれができず、なんと彼は佐藤に向けて引き金を引いてしまうのだった。復活した佐藤は怒り、亜人が召喚できる『黒い幽霊』と呼ばれる存在を呼び出し、永井を追いかける。絶体絶命、そんな時、偶然にも永井も黒い幽霊を召喚できたのである。そして、佐藤と永井の黒い幽霊がぶつかり合う。危うく捕まりそうになりながらも、永井はなんとかその場から逃げ出すことに成功するのだった。しかし、それからも永井には平穏は訪れなかった。

亜人のあらすじ【転】

政府が永井に懸賞金をかけたため、国民中が永井を追うようになったのだ。そんな永井に、一人の老婆が手を差し出してくれた。彼女の家で、永井は束の間の安息を手に入れたのだった。一方、佐藤は新たな計画に乗り出していた。佐藤は政府が亜人に対してこれまで行ってきた非道な拷問の数々を世間に発表、そして、亜人が平和に暮らせる場所、亜人特別区域の制定を要請したのだった。

さらに、佐藤は永井の妹である慧理子を狙い、田中の黒い幽霊を病院に送り込ませる。絶体絶命の彼女を救ったのは、永井に拷問を強いた厚生労働省の戸崎のSPで亜人である下村泉だった。事件を知った永井は、慧理子を守るために彼女を居候している老婆の家へと連れて行く。しかし、結局彼らがそこにいることが露見し、老婆の家に人々が詰め寄せるようになってしまったのだ。老婆に別れを告げた永井達は、再び旅に出る。一方、亜人特別区域を設けるという交渉は決裂してしまい、佐藤は厚生労働省の破壊を宣言する。

亜人のあらすじ【結】

そして、その宣言通り、佐藤はたった一人でSATを壊滅させてしまうのだった。佐藤がいる以上、妹に平穏は訪れないと悟った永井は、戸崎と一時的に手を組む決意をする。

佐藤の次の狙いは、グラント製薬が持っている毒ガスだった。その毒ガスで、大量虐殺を起こそうというのだ。必死にそれを食い止めようとする戸崎や永井達。しかし、やはり佐藤の力は強大で、彼らは多大な犠牲を払うことになってしまう。

最終的に、永井と佐藤の一騎打ちとなる。そこを対亜人特選群、通称『対亜』が狙う。彼らは冷却ガスを持ち出すと、永井ごと佐藤を氷漬けにしたのである。そして、これは佐藤を確実に確保するために永井自身が提案した計画だった。佐藤もろとも捕まってしまったように思われた永井。しかし、永井の腕が部屋の片隅に落ちていた。亜人には、最も大きく残された身体の部位から復活できるという習性があったのだ。そして、その腕から再生を果たした永井は、その場を立ち去るのだった。

この記事をシェアする