映画『悪党に粛清を』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「悪党に粛清を」のネタバレあらすじ結末と感想

悪党に粛清をの概要:妻子を殺されたデンマーク人の元兵士が復讐に燃える西部劇。「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のマッツ・ミケルセン主演。声の出せない女役で登場するエヴァ・グリーンが、作品に深みを与えている。

悪党に粛清をの作品情報

悪党に粛清を

製作年:2015年
上映時間:93分
ジャンル:西部劇、フィルムノワール
監督:クリスチャン・レヴリング
キャスト:マッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーン、ジェフリー・ディーン・モーガン、エリック・カントナ etc

悪党に粛清をの登場人物(キャスト)

ジョン(マッツ・ミケルセン)
デンマーク人で元兵士。銃の腕はピカイチで、月明りのようなわずかな光の下でも狙いを定めることができる。戦時中はドイツ兵と戦った。
デラルー(ジェフリー・ディーン・モーガン)
町の用心棒で元軍人。暴力的で傍若無人な態度に、町の人々は逆らうことができない。密かにマデリンを愛している。
マデリン(エヴァ・グリーン)
先住民に捕らえられ、舌を切られたため、声を出すことができない。ポールに助けられ、彼の妻になる。頭がよく、計算が得意。デラルーの仕事の帳簿係を担当している。
ピーター(ミカエル・パーシュブラント)
ジョンの兄。ジョンと共に兵士として戦った過去を持つ。敗戦後、共にアメリカに渡った。
ポール(マイケル・レイモンド・ジェームズ)
デラルーの弟でマデリンの夫。三年ぶりに刑務所から出所した際、ジョンたちと駅馬車に乗り合わせ、ジョンの妻と息子を殺してしまう。

悪党に粛清をのネタバレあらすじ

映画『悪党に粛清を』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

悪党に粛清をのあらすじ【起】

1864年、ジョンとピーターの兄弟は敗戦したデンマークから逃れ、海を渡って新天地アメリカへとやってくる。ジョンには妻のマリーとクリステンという名の息子がいたが、彼らはデンマークに残したままだった。アメリカでの生活も足場が固まり、デンマークからマリーとクリステンを呼び寄せる。列車から降り立つ二人の姿を見つけるジョン。この再会は、実に7年ぶりのことであった。

兄のピーターは久しぶりに再会した三人に気を使い、町に泊まると言う。三人は駅馬車へと急いだ。馬車の中には一組の夫婦が先に乗っていたが、先客がいるからと降ろされ、代わりにポールとレスターというガラの悪い男たちが乗ってきた。

ポールはマリーを気に入ったらしく、ちょっかいを出してきた。やめろと言うジョンの言葉に腹を立てたポールたちは、クリステンを人質にし、ジョンを馬車から突き落とす。ジョンは必死に馬車を追いかけるが、しばらく行くと月明りの下にクリステンと御者の死体を発見する。

馬車に追いついたジョンは、ポールとレスターを容赦なく射殺する。マリーを助けに馬車へと駆けつけるジョン。だが、マリーは無残に犯され、殺されていた。

悪党に粛清をのあらすじ【承】

町にデラルーがやってきた。デラルーは町の用心棒で、この町の者たちは全員、町長や保安官ですら口出しできないほど恐れられていた。ジョンが殺したポールは、デラルーの弟だった。デラルーは激怒し、“弟を殺した奴を2時間以内に捜してこい。できなければ、町の者を代わりに殺す”と言う。当然、見つけることはできず、三名の町民が無慈悲に殺されてしまった。

ポールにはマデリンという妻がおり、“姫”と呼ばれていた。マデリンは昔、原住民にさらわれて舌を切られてしまったため、声を出すことができない。原住民から救い出したのがポールだった。ポールの葬儀が行われ、デラルーはマデリンに復讐を誓う。

マリーとクリステンを埋葬したジョンとピーターは、この地を離れることを決めた。土地を売るため、町長に会いに町へやってくる。町長との会話の中で、自分が殺したのはデラルーの弟だったことを知ったジョンは、身の危険を感じ、すぐにその場を離れようとするが、保安官たちに囲まれ、逮捕されてしまう。夜にはピーターも捕まってしまう。

悪党に粛清をのあらすじ【転】

ジョンはデラルーのもとへ連れていかれ、広場の真ん中に吊るされてしまった。そこに現れた町長にブーツを盗られてしまう。激しい雨となった夜、牢屋から脱獄してきたピーターが、ジョンを助けに来る。デラルーの追手をかく乱するため、ジョンを岩場に隠して馬を走らせるピーター。だが、翌朝にジョンが見たのは、デラルーたちに捕まり、引きずりの刑にて殺されたピーターの姿だった。

追跡から戻ってきたデラルーは、自分の手下が殺されているのに気がついた。そして、金庫の中の大金がそっくり無くなっていることにも。金を盗んだのはマデリンだった。汽車で逃亡をはかるが、デラルーからは逃れられず、手下に捕まり、連れ戻されてしまった。

町へと舞い戻ってきたジョンは、ブーツを取り返しに町長の所へ向かう。そこでジョンは、町長とデラルーが結託し、町の土地を転売していることに気がつく。ジョンは雑貨屋で装備を整えると、強い決意を胸に、デラルーのもとへと向かった。

悪党に粛清をのあらすじ【結】

デラルーの所に無人の馬車が棺を載せてやってきた。棺の中には町長の死体が入っていた。同時に、納屋から火の手があがる。ジョンの復讐のはじまりだった。ジョンはひとり、またひとりと手下を殺していく。だが、不意をつかれ、デラルーに肩を撃たれてしまう。デラルーにとどめを刺される瞬間、マデリンが現れ、デラルーを撃ち、間一髪、危機を回避できた。負傷したデラルーにジョンは狙いを定め、静かに引き金を引き、とどめを刺した。

戦いが終わった後、保安官たちが町へとやってきた。保安官はジョンがデラルーたちを皆殺しにしてくれたことに感謝する。だが、マデリンの姿を見て顔色が変わった。ジョンは銃を抜こうとする保安官に“彼女を連れていく”と言った。悪の道に走るなと保安官は忠告するが、ジョンは静かに“立ち去れ”とだけ答えた。

ジョンとマデリンは馬にまたがり、荒野へと走っていった。後には、無人になった町にいくつもそびえ立ったロータリー式の石油掘削機だけが残されていた。

この記事をシェアする