映画『震える舌』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「震える舌」のネタバレあらすじ結末と感想

震える舌の概要:破傷風に侵された少女と両親が直面する、恐怖と闘病の日々を描く。「八つ墓村」の野村芳太郎監督による独特な演出が怖さを倍増させるが、それ故に、ラストはより感動的なものとなっている。

震える舌の作品情報

震える舌

製作年:1980年
上映時間:114分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:野村芳太郎
キャスト:渡瀬恒彦、十朱幸代、中野良子、若命真裕子 etc

震える舌の登場人物(キャスト)

三好昭(渡瀬恒彦)
昌子の父親。医者の言うことに素直に従う反面、昌子には厳しく躾をする。昌子が破傷風になったことで、自身も感染したのではないかと疑心暗鬼になり、憔悴していく。
三好邦江(十朱幸代)
昌子の母親。最初は昌子を病気から守ってみせると強い意志を持つが、闘病が続くとともに精神が崩壊していってしまう。
三好昌子(若命真裕子)
沼地で遊んでいるとき、傷口から破傷風菌に侵されてしまう昭と邦江の娘。
能勢(中野良子)
昌子の担当医。懸命に昌子を助けようと、最善の治療を行ってくれる。取り乱す昭と邦江に、常に冷静な態度で接し、支えてくれる。

震える舌のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『震える舌』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

震える舌のあらすじ【起】

三好昌子は埋め立て地に建てられたマンションに住んでいた。昌子はマンション裏の沼地で遊んでいるとき、ふとした拍子に指先を怪我して血を滲ませてしまう。

食事中、昌子が不自然にフォークを床に落とした。食欲もない。心配する母・邦江とは対照的に、父・昭は甘えないで食べなさいと厳しく言う。次第に邦江と昭は昌子の様子がおかしいことに気がついた。足を引きずらせながら歩いている。心配になった二人は翌日、昌子を病院に連れていくことにした。

その日の夜、くつろぐ二人の隣の部屋で眠る昌子は、腕をピクピクと痙攣させていた。突然、悲鳴をあげる昌子。驚いた昭と邦江が昌子のもとへ駆けつけると、舌を噛んで口から血を流していた。昌子の口の中に指を突っ込みながら、昭は救急車を呼べと叫ぶ。二人は昌子を連れて救急車で病院へと向かった。

かかりつけの病院では原因が分からず、大病院での診察を勧められる。医者に言われるがまま自宅に帰ることを選んだ昭の姿に、邦江は情けないと呆れ、“絶対にこの子を助ける”と強く言うのだった。

震える舌のあらすじ【承】

自宅に帰ってきた三人は、その足で紹介された大学病院の小児科へと向かった。当直の医師は、昭の厳しい躾による心理的なものだと診断する。だが翌日、小児科の医長に診察をしてもらったところ、心因性のものではなく、難しい病気だと言われる。

病名をはっきりさせるため、精密検査が行われた。その結果、昌子は破傷風にかかっていることが判明する。担当医の能勢から、血清による治療を行うことと、安静にすること、刺激しないことが大切と説明される。

昭は医長から、破傷風は死亡率の高い病気だと言われる。昌子の口の中に指を入れたとき、噛まれて血が出ていた。唾液から感染することはないと医者は言うが、昭は不安を募らせる。

昌子には個室が準備された。窓には黒いカーテンが引かれ、部屋は真っ暗な状態に保たれていた。暗い部屋のベッドに横たわる昌子は、ノックの音にすら敏感に反応し、顔をしかめる。

昌子に血清が投与されはじめた。邦江はこれでもう安心と胸を撫でおろす。しかし、入院中の子供が騒ぎながら昌子の病室に入ってきてしまう。その音に反応し、昌子は叫び声をあげながら舌を噛んで出血してしまう。病室の前には“静かに”と張り紙がされた。

昌子に行われる数々の痛々しい処置を見て、昭と邦江は絶望感に包まれていく。昌子の服を着替えさせようとしただけでも、痙攣発作をおこしてしまう始末。入院して二日目、昌子は一日に何度も痙攣をおこす。能勢の口から症状が悪くなったと言われ、危うい状況だと説明される。

入院三日目。病院食を乗せたトレイが床に落ち、その音で昌子が痙攣をおこす。口を開けさせるため、乳歯を抜くという処置がされる。その姿に、憔悴しきった昭は、昌子は助からないのではないかと考えはじめる。

呼吸を楽にさせるため、昌子は酸素テントに入れられた。口には呼吸器がつけられ、手足は縛りつけられている。診察を続ける能勢に、邦江は“もう昌子は助からないのだろう”と言い出した。仕舞いには、“生まなければよかった”“昭と結婚しなければよかった”とまで言い出してしまう。

昌子がまた痙攣をおこした。駆けつけた能勢を邦江が突き飛ばす。そして、果物ナイフを手に、もう何もしないであげてほしいと叫びだした。昭は邦江を取り押さえ、病室から引きずり出し、静かになだめる。邦江の精神状態は限界にきていた。

震える舌のあらすじ【転】

診療中、昌子が心停止してしまった。能勢の懸命の心臓マッサージで息を吹き返す昌子。これを見た昭は、昌子は死んでしまうのだと悟り、邦江に身辺の整理をしておけと言い、家に帰す。邦江は帰り際、昌子の髪を切り、持って帰った。自宅に戻った邦江は、自らの髪にもハサミを入れる。

苦しみながら眠る昌子を見ながら、昭は“もしお前が死んだら、他に子供は作らず、お前だけを愛してやる”と誓う。家から戻ってきた邦江は、昌子と自分の遺髪を昭に手渡してくる。そして、自分も破傷風になってしまったと言ってくる。二人は再度、医者の診察を受けるが、破傷風ではないと診断される。しかし、二人は医者の言うことを信じられず、精神をすり減らしていく。

昭はついぼんやりとして眠ってしまい、そのすきにカーテンが風でひるがえった。日光の強い光が昌子を包んで、再び痙攣が始まってしまう。邦江は昌子に会いたいが、会うのが怖いと言い出した。邦江は怖くて家から出ることができなくなる。だが、その恐怖に打ち勝った邦江は、ドアを開けて昌子の病室へとやってきた。

震える舌の結末・ラスト(ネタバレ)

入院から二週間が経った。昌子の病室を覆っていたカーテンが取り払われる。酸素テントも、呼吸器も外された。破傷風の恐怖が過ぎ去ったことを、能勢は笑顔で皆に伝えた。昌子は絞り出すように“チョコパンが食べたい”と言う。チョコパンは無理だが、ジュースなら大丈夫という能勢の言葉に走り出す昭。昭は昌子の回復に、心から涙を流す。

昭は昌子の苦しみを全く理解していなかったことに気がつく。破傷風の恐怖を、昌子はひとりで戦い抜いたのだと痛感し、改めて昌子を愛おしく思う。昌子は血清の副作用のため、もうしばらく入院することになった。音に対する恐怖はなかなか拭い去れず、わずかな音にも怖い怖いと敏感に反応する。

入院から一か月後。すっかり元気になった昌子は、個室から大部屋へと移動することになる。その夜、病院との電話で大部屋の子供たちはぐっすりと寝ていると聞き、ほっとする邦江。昭と邦江は安心し、眠りにつく。そして昌子も、病室で静かに寝息をたてるのだった。

この記事をシェアする