「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの概要:デイヴィスは妻のジュリアが運転する車に乗っていた。その時、事故が起こり、ジュリアが亡くなってしまう。その日からデイヴィスは奇怪な行動を取り、周囲から心配されるようになる。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

製作年:2015年
上映時間:101分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
キャスト:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、ジュダ・ルイス etc

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの登場人物(キャスト)

デイヴィス・ミッチェル(ジェイク・ギレンホール)
妻ジュリアの父が経営する投資銀行で働いている。妻を事故で失い、奇怪な行動を取るようになる。
カレン・モレノ(ナオミ・ワッツ)
自動販売機を販売しているチャンピオン社の顧客窓口を担当している。チャンピオン社の社長であるカールと付き合っているが、愛してはいない。
フィル・イーストウッド(クリス・クーパー)
ジュリアの父親。投資銀行を経営している。デイヴィスのことが好きではない。
クリス・モレノ(ジュダ・ルイス)
カレンの息子。頭は良い。自分がゲイかどうかで悩んでいる。問題行動を起こす。
ジュリア(ヘザー・リンド)
デイヴィスの妻。自動車事故で亡くなる。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのあらすじ【起】

デイヴィスはジュリアの運転する車に乗っていた。だが、事故に遭いジュリアが亡くなってしまう。デイヴィスは病院の自動販売機でチョコを購入しようとするが、不具合が生じて出てこなかった。病院の受付に伝えても、業者が管理しているため取り出せないと言われる。デイヴィスは業者の番号をカメラに収めた。

デイヴィスは妻の葬儀に参列した。だが、泣くことはできなかった。その日の夜、チャンピオン社宛てに、自動販売機の苦情の手紙を書いた。苦情だけではなく、自分の日常や事故に遭ったことを書いていた。妻との馴れ初めのことまで書き、結婚式のことを思い出した。デイヴィスは妻の父親であるフィルから嫌われており、好きじゃないと直接言われたこともあった。デイヴィスは苦情に関係ないと分かっていながらも、全てを手紙に書いた。

デイヴィスは会社に出勤した。周囲はあまりにも早い職場復帰に驚いた。フィルはそんなデイヴィスを心配する。フィルはデイヴィスに、ジュリアの名前を使った奨学金の創設に携わってもらうことにした。

デイヴィスは奇妙な行動を起こしてしまう。列車に乗った客に妻を愛しておらず死んだのに辛さを感じないことを打ち明けたり、停止レバーを引いて列車を止めたりした。デイヴィスはそのことをチャンピオン社宛ての手紙に書いた。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのあらすじ【承】

デイヴィスは両親を見送った後、空港で行きかう人々を眺めていた。すると、鞄の中には何が入っているのだろうという疑問が出てきて、鞄をぶちまけたい欲求が出てきた。さらに、警備をしている州兵を見つけ、銃を構えてみたいと思うようになった。デイヴィスはそんな気持ちをチャンピオン社宛ての手紙に書いた。

デイヴィスは冷蔵庫を修理しようとしたのだが、全てを分解してしまう。その時、チャンピオン社の顧客窓口担当のカレン・モレノから電話をもらう。カレンはデイヴィスが書いた4通の手紙を全て読んでおり、妻を失って不安定なデイヴィスのことを心配していた。

ある晩、デイヴィスはカレンと会うことになった。だが、約束の場所にカレンは現れなかった。カレンは駐車場の車の中におり、朧げに姿が分かるだけだった。2人は電話で少し話した後、カレンはデイヴィスに会うことなく帰っていった。

デイヴィスは仕事に集中できなくなり、会議でトンチンカンな受け答えをしてしまう。しかも、パソコンなどの会社の備品を分解してしまう。フィルはそんなデイヴィスの様子を心配し、専門家に受診することを勧めた。

デイヴィスはチャンピオン社に行きカレンに会おうとするが、不在でいなかった。チャンピオン社の社長のカールに不審そうにされるだけだった。その後、カレンに電話で会社に来ないでくれと言われる。デイヴィスは列車で起こったことをカレン宛の手紙に書いた。列車の中で自分のことをじっと見てくる女性が気にかかり、デイヴィスは声を掛けた。女性はあまりしゃべらず、デイヴィスがほとんど一方的にしゃべっていた。デイヴィスは女性の名前が気になったが、聞く前に女性は降りて行ってしまう。だが、女性は雑誌を忘れていた。その雑誌には住所のシールが貼ってあったままだった。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのあらすじ【転】

デイヴィスは雑誌に貼ってあった住所を見て、カレンに会いに行った。そこにはカレンの恋人であるカールがいた。カールはデイヴィスとカレンの関係を疑い、デイヴィスを追い返そうとした。カレンは慌てて二人の間に割って入り、家に来ないでくれとデイヴィスに伝えた。デイヴィスは最後の手紙をカレンに渡した。

デイヴィスは物を分解する理由をフィルに尋ねられる。デイヴィスはどうしても中が見たくなるのだと伝えた。フィルはデイヴィスを休職させることにした。デイヴィスはカレンを探している途中で、家の解体現場を発見していた。工事作業員に金を渡し、解体工事をさせてもらった。

手紙を読んだカレンはデイヴィスに会いに行った。隣同士に並べたベッドに寝転がり、2人はしゃべり合った。カレンはカールのことを愛していなかったが、どうしても離れることができないことを話した。カレンは自分の心に正直に生きているデイヴィスを羨んだ。カレンの息子のクリスはデイヴィスの存在を疎んだが、デイヴィスは全く意に介さなかった。

カレンとデイヴィスとクリスの3人で食事をした。クリスはデイヴィスの存在を疎ましく思っていたので、食卓は険悪な空気になった。しかし、デイヴィスが妻を亡くしたことを知り、クリスは怒りを収める。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの結末・ラスト(ネタバレ)

クリスが学校を休み、カールの銃で遊んでいた。デイヴィスは森の中で一緒に銃を撃って遊んだ。クリスが何かを的にして撃ちたいと言い出したため、デイヴィスは防弾チョッキを着て自らが的になった。クリスは他の大人とは違うデイヴィスと打ち解けていく。

デイヴィスは奨学金の対象者を選ぶ面接場で、奇妙な受け答えをしてフィルを怒らせてしまう。デイヴィスはクリスと一緒に解体工事に必要な道具を買いに行った。その時、クリスはデイヴィスに自分がゲイかどうかで悩んでいることを打ち明けた。デイヴィスはクリスの話を聞き、ゲイかバイの可能性があることをきっぱりと伝えた。そして、しばらくは女性が好きな振りをするのが良いと勧めた。

デイヴィスは結婚生活を終わらせるため、クリスと一緒に家を破壊した。クリスはデイヴィスが心に深い傷を負っているのに気づいていた。笑顔を作るよう勧め、デイヴィスの口角を手で押し上げた。デイヴィスは解体工事をしている中で、ジュリアが妊娠していたことを指し示す写真を見つける。

フィルは奨学金の創設を記念してパーティーを開いた。フィルはそこにカレンと参加する。フィルが決めた奨学生の1人は大麻を吸っていた。そのことを知ったカレンは、フィルが奨学生の名前を読み上げたとき笑い声を上げてしまう。気まずい空気が漂う中、デイヴィスは妻が妊娠していたことを知らなかったことを明かした。ジュリアの母はジュリアには別の男がおり、デイヴィスの子供ではなかったことを教えた。ジュリアは母の付き添いで中絶手術を行っていた。

デイヴィスがジュリアの墓を訪れると、最近自分を尾行している車に乗った男が現れた。ジュリアの恋人だと誤解するが、その男はジュリアが運転する車と事故を起こした相手だった。男は事故を起こしたことを後悔しており泣き出したため、デイヴィスは慰めた。

デイヴィスは車の中でジュリアのメモ書きを発見する。そこには、「雨の日は会えない、晴れの日は思い出す」と書かれていた。デイヴィスはジュリアを思い出して涙を流した。デイヴィスはフィルに会いに行き、ジュリアの遺産を奨学金ではない使い方をしたいと伝えた。フィルはそれを受け入れた。デイヴィスはジュリアとの思い出の1つである、メリーゴーランドを設置した。子供達ははしゃぎ、ジュリアの両親も嬉しそうにしていた。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・評価・レビュー

この映画は1回観ただけでは、理解しがたいかもしれない。妻を亡くして悲しいはずなのに、涙が出てこない、悲しみがない夫をジェイクギレンホールが滑稽に愛おしく演じている。

主人公が何もかも破壊してしまうシーンは印象的だ。一見すると滑稽で理解しがたいが、壊したことで大事なものを見つけられたのかもしれない。妻からのメッセージを見つけてくれて心から嬉しくなった。

周りをよく観察することの大切さ、大切な人たちにしっかりと目を向けることの大切さをこの映画から学ぶことが出来た。(女性 20代)


妻が亡くなったのに泣けないデイヴィスに、初めは感情の起伏のないキャラクターなのかと思っていた。しかし、その先を観ているうちに感情の起伏がなかったり、冷たかったりする訳ではなく、突然訪れた妻の死に静かに気を動転させていたことが分かった。自販機の会社に手紙を書いたり、カレンと知り合ったり、第三者に話を聴いてもらうことでようやく自分の中で一区切りつけられたのだろうと感じた。

一度観ただけでは理解が難しい映画かもしれない。しかし、麻痺していた感情が戻ってくるような感覚、それを繊細に表現している俳優の演技に感動できるだろう。ぜひ繰り返し観て、この映画の魅力を感じて欲しい。(女性 20代)


エリート銀行員のデイヴィスは何不自由ない生活を送っていたが、ある日交通事故で妻が他界する。しかしデイヴィスは涙も出ず、自分が感情を失っていることに気付き、義父の言葉をきっかけに身近なものを破壊し始めるという物語。
彼は隅から隅まで解体し自分自身まで全て解体したことで、終盤にようやく再スタートをきる。
これまで人生を共にした大事な人を突然失う悲しみや、全て解体して組み立て直そうと葛藤する姿に狂気的なものを感じた。
妻のメモを発見した瞬間、邦題の意味が分かる終わり方も好みだった。(女性 20代)


主演のジェイク・ギレンホールは、どちらかと言うと『ナイトクローラー』や『複製された男』『プリズナーズ』等、暗い雰囲気の映画がよく似合う。開始10分もせずに、最愛の妻が亡くなり今回も暗い映画かと思えば、そんなことはない。断言できる。あの渋いジェイク・ギレンホールが、道端で音楽に夢中になり踊っている姿は、最高に可愛い。

大切な人を亡くした時に、泣くことが出来ず、妻を愛していなかったとも言う男の「破壊」と「再生」の話である。彼は、徐々に「破壊」に対する執着を露わにする。正直、中盤は彼が何を考えているのか分からないシーンが多々ある。
しかし妻のことを想い、彼が作品中で初めて涙するシーン。きっとこれから見るあなたも涙するだろう。(女性 20代)


ひとりの男がある意味「死んで」「生き返る」お話。とにかく作中全てのシーンがオシャレ。音楽に映像に撮り方に色使い、全てがオシャレ。そしてそのオシャレな作品に稲妻のような衝撃を与えてくるのがジェイク・ギレンホール演じるデイヴィス。ジェイク・ギレンホールってこういうちょっと狂った役を演じさせたら最高ですよね。目が本当にいいんです。目で全てを語る感じがたまりません。
妻を亡くしたデイヴィスの「死」と「生」を悲しく、儚く描いた素敵な作品でした。(女性 30代)

この記事をシェアする