映画『アメリカン・サイコ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「アメリカン・サイコ」のネタバレあらすじ結末と感想

アメリカン・サイコの概要:猟奇的殺人を常に頭の中で思い描くサイコパスを主人公とした、サイコ・スリラー作品。凄惨な描写も多いが、それだけではなく、現代における人間関係の希薄さなども描いた良作である。

アメリカン・サイコの作品情報

アメリカン・サイコ

製作年:2000年
上映時間:102分
ジャンル:サスペンス
監督:メアリー・ハロン
キャスト:クリスチャン・ベイル、ウィレム・デフォー、ジャレッド・レトー、ジョシュ・ルーカス etc

アメリカン・サイコの登場人物(キャスト)

パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベイル)
若くして成功を収めたエグゼクティブ。実は、常に殺人衝動を心の内に抱えているサイコパス。
ドナルド・キンボール(ウィレム・デフォー)
殺人事件を調査するために雇われた探偵。しかし、その捜査は適当で、結局パトリックに辿り着けなかった。
ポール・アレン(ジャレッド・レトー)
ベイトマンの同僚で彼と同様に非常に優秀な人物。ベイトマンの嫉妬の対象。

アメリカン・サイコのネタバレあらすじ

映画『アメリカン・サイコ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アメリカン・サイコのあらすじ【起】

1980年代のアメリカ、ニューヨーク。当時、パトリック・ベイトマンという男性が華々しい生活を送っていた。彼はまだ若干27歳という年齢でありながら、既にエグゼクティブとして大成功を収め、エリート街道まっしぐらな超一流の生活を送っていた。

彼は幸運なことに生まれながらにして裕福な一家に生を受け、ここまで特に何の挫折もなく、この地位まで上り詰めたのである。そんな彼は自身に絶大なる自信を抱いており、自分の周りを常に最高級品の物ばかりで固めていた。

身に付ける物は常に最高級のブランド物、恋人も10人中10人が振り返るような美人。さらに愛人も囲っている、という夢に描いたような生活ぶりを過ごしていたベイトマン。しかし、一見完璧な生活を送っているベイトマンだったが、彼の心は常にどうしようもない虚しさに襲われていた。仕事にやりがいはあったものの、彼の心は常により強い刺激を求めていた。実は、ベイトマンは紛れもないサイコパスだったのだ。

アメリカン・サイコのあらすじ【承】

ベイトマンはその穏やかな表情の裏で、常に抑えようのない殺人衝動を抱えていた。彼は、自分が気に入らない人間を、脳裏で何度となく殺してきたのだった。そんな彼の専らの妄想殺人の対象は、自分のライバルでもある、ポール・アレンだった。

ポールはベイトマンをも凌ぎうる優秀な人材だったのだ。しかし、ベイトマンは自分が一番でなければ気が済まない、プライドの塊のような男である。ポールは時にベイトマンよりも一流の物を身につけており、それはベイトマンにとって耐えがたいことだった。ベイトマンにとって、ポールは邪魔者以外の何者でもなかったのだ。ベイトマンは、幾度も信じ難いほど残虐な方法でポールを脳内で殺してきた。

しかし、ある日ベイトマンにとって人生の転機となる出来事が起こる。プライベートや仕事でフラストレーションを感じることが多くなってきたベイトマンは、今まで脳内になんとか留めていた殺人衝動を抑えきれなくなってきたのである。

アメリカン・サイコのあらすじ【転】

ベイトマンの心は、徐々に闇に堕ちていく。そして、ベイトマンはある日、街で一人の娼婦を買うのだった。自宅に娼婦を招いたベイトマン。普段の自分の生活とは全く違う、ベイトマンの華やかな自宅に目を輝かせる娼婦。しかし、ベイトマンは彼女と性的関係を持つために彼女を自宅に招いたわけではなかった。彼は、今まで脳内に描いてきた自分の理想の殺人を決行するために、彼女をターゲットに定めたのだ。そして、信じられないほど残虐な方法で、娼婦は殺されてしまったのだった。

今まで一度として満たされることのなかったベイトマンの心だったが、娼婦を殺したことによって初めて満たされたのだった。しかし、それも殺人を犯した直後だけだった。また暫くすると、ベイトマンはどうしようもない空虚感に襲われるようになってしまう。今までであれば心の中で抑制していたその感情。しかし、一度タガが外れてしまったベイトマンの殺人衝動は、抑制不能になっていた。

アメリカン・サイコのあらすじ【結】

それからというもの、ベイトマンは次々と殺人を重ねてしまう。その度に言いようのない恍惚感を感じていたベイトマン。しかし、そんなベイトマンも、次第に自分の中に潜む抑えられない狂気を恐れるようになる。そして、もう誰かを殺さなくて済むように、と自ら警察に出頭するのだった。

ベイトマンは自らの犯行を弁護士に全て打ち明ける。しかし、面倒ごとに巻き込まれたくない弁護士は、優秀なベイトマンがそんなことをするはずない、とベイトマンの言うことを全く信じてくれないのだった。通常ではあり得ないことであるが、ベイトマンの周りには、他者に興味がない自分本位の人間しかいなかった。それゆえに、誰もベイトマンの犯罪に気がつかないのだ。

それは、自らを止めて欲しいと願うベイトマンにとって何よりもの苦痛だった。結局最後までベイトマンは逮捕されることなく、自らの狂気と、その狂気を恐れる理性との間で悩み苦しみ続けることになるのだった。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①アメリカの狂気

    タイトルからもわかる通り、今作「アメリカン・サイコ」はまさにアメリカの病巣をえぐるような作品となっている。27歳にしてウォール街の勝ち組として君臨するパトリック・べイトマン。彼は全てを手に入れた男のようであるが、しかしその実態は中味のないホロウマン(空虚な男)に過ぎない。外面を高級ブランドや高級マンションでまとい、健康食品やエクササイズなどで美しい見た目を維持する努力は怠らない。しかしそれは全て表面的な美しさに過ぎず、皮肉な事に内面の空虚さをより際立たせていってしまうのだ。

    しかも殺人鬼としての悪行の限りを尽くしたべイトマンは、最後までその罪を償う事すら許されない。一体彼はこれからどうやって生きて行けばいいのだろうか、という所でこの映画は唐突に終わってしまう。これほど後味が悪く、また皮肉の効いた作品はそうないだろう。

    非常に似たテーマを扱っているものにデビッド・フィンチャー監督の「ファイトクラブ」が挙げられるが、今作はより個人に焦点を当てたダークな作風となっているのが特徴である。

    ②演技派俳優クリスチャン・ベイル

    ロバート・デ・ニーロ並みに役に入り切る事で知られているクリスチャン・ベイル。彼は今作のために徹底的な肉体改造を施した。劇中でもその肉体があますところなく描かれ、今作で彼は一躍ゲイ世界のセックス・シンボルになったほどである。この後、SF映画の傑作「リベリオン」や激ヤセ映画「マシニスト」、そして「バットマン・ビギンズ」に出演して一躍スターに躍り出る事になる。

    ちなみに今作の監督のメアリー・ハロンは「Lの世界」「モス・ダイアリー」など、同性愛要素の強い作風で知られており、今作にもところどころにそういった要素が散りばめられているのも見逃せない。

  2. 匿名 より:

    白を基調にした美しくも残酷な画面作り。センスある音楽と、過激な残虐描写など、見る者を選ぶ作風である事は間違いない。一見しただけでは内容全てを理解するのも難しいし、鑑賞後に残るなんともいえない後味の悪さも特筆すべきだろう。しかしこれはある意味コメディとして作られているのであり、そういった観点から見ると、非常に面白い作品でもある。決して大笑い出来るような映画ではないが、クスリと笑えるシーンは満載だ。特にクリスチャン・ベイルが全裸でチェーンソーを持って走り廻るシーンは、必ずや観客の心を摑む事は間違いないだろう。