映画『ボーン・アイデンティティー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ボーン・アイデンティティー」のネタバレあらすじ結末と感想

ボーン・アイデンティティーの概要:ハリウッドにおけるマット・デイモンの地位を不動のものにした、アクション超大作。今後長く続くことになる、ボーンシリーズの第1弾。全ての記憶を失った男は、無くしたものを取り返すことができるのか。

ボーン・アイデンティティーの作品情報

ボーン・アイデンティティー

製作年:2002年
上映時間:119分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ダグ・リーマン
キャスト:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、クライヴ・オーウェン etc

ボーン・アイデンティティーの登場人物(キャスト)

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)
海を漂流していたところを、漁船に拾われた。全ての記憶を失っているが、高い知能と戦闘能力を持つ。自分の正体を追い求める。
マリー・クルーツ(フランカ・ボテンテ)
たまたまジェイソンと顔を合わせてしまい、大金の代わりに彼をパリへと送り届けることになる。徐々に彼に惹かれていく。
テッド・コンクリン(クリス・クーパー)
CIAのエージェント。なぜかボーンの行方を追っている。
ニクワナ・ウォンボージィ(アドウェール・アキノエ=アグバエ)
独裁者。何者かに暗殺されてしまう。コンクリンは、ウォンボージィ殺害の罪をなぜかボーンに被せる。

ボーン・アイデンティティーのネタバレあらすじ

映画『ボーン・アイデンティティー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ボーン・アイデンティティーのあらすじ【起】

地中海を進んでいた漁船が、偶然漂流していた男を助け出した。その男には銃槍があり、男の身体の中にはスイス銀行の口座を刻んだカプセルが埋め込まれていたのだった。目覚めた男は記憶を全て失っており、自分が誰かも分からない。しかし、彼は何ヶ国語も自由自在に操り、高い戦闘能力を誇っていたのだった。

彼は、カプセルを頼りにスイスへと向かう。そして、その口座の中には、ジェイソン・ボーンという名前のパスポートと、紙幣、時計、銃、偽造パスポートなどが預けられていたのだった。ボーンはそれを手に銀行を去るが、銀行員がこっそりと、そのことをどこかへと連絡するのだった。

大使館へと入ったボーンだったが、警備員と揉めてしまい追われる身となってしまう。彼はなんとか大使館から逃げ出すと、たまたま近くに車を止めていたマリーという女性に、大金と引き換えにパリまで運んでもらうように頼み込むのだった。そして、マリーはその大金に目が眩み、見ず知らずのボーンを車に乗せてしまう。

ボーン・アイデンティティーのあらすじ【承】

そして、自分の正体を明らかにするため、パスポートに記載されていたパリの住所へと向かうボーンとマリー。そのアパートでは、管理人はボーンのことを認識していたものの、やはりボーンの記憶は戻らない。

次に、ボーンは携帯のリダイヤル機能を使い、自分が連絡を取っていた相手から自分の正体を探ろうと考える。しかし、そんな時、アパートに謎の強襲者が現れた。ボーンはなぜか身につけていた圧倒的な体術でその強襲者を倒すものの、自分とマリーが指名手配を受けていることを突き止める。

ボーンはマリーに逃げるように伝えるが、しかし、指名手配されている今、安全な場所はどこにもない、とマリーはボーンと行動を共にすることを選ぶ。そして、ボーンはマリーを連れ、盛大なカーチェイスの末警察から逃げ延びるのだった。ボーンの携帯に最後に残っていたのは、銀行に保管されていたパスポートの一つであるケインが宿泊するホテルだった。しかし、ケインは既に死亡しており、その荷物はケインの弟が保管しているという。

ボーン・アイデンティティーのあらすじ【転】

そこで、ボーンはマリーと共にそのホテルへ向かい、ケインに関する情報を手に入れようとするのだった。ボーンの想像以上に活躍をしたマリーが見事情報を手に入れてみせ、二人はケインが関わっていたという会社の警備船舶部門へと向かう。

すると、そこでは担当者が、ボーンをケインと呼ぶのだった。ジェイソン・ボーンは、ケインでもあったのである。しかし、そうなると一つの謎が生まれてくる。ケインが自分で、自分が生きているとするならば死んだとされるケインは一体何者なのか。二人はその遺体を確認するために、死体安置所へと向かう。

しかし、ケインの遺体はケインの弟を名乗る人物によって引き取られた後で、もぬけの殻だった。その頃、ウォンボージィという独裁者が何者かによって暗殺されていた。そして、なんとCIAに所属するコンクリンという男が、その犯行をボーンによるものだと嘘をつき上司に報告していたのだ。そのこともあり、ボーンとマリーは警察からも指名手配を受けてしまうのだった。

ボーン・アイデンティティーのあらすじ【結】

ボーンとマリーは、マリーの知り合いの男性の別荘に匿ってもらうことになる。CIAはその別荘を突き止めると、刺客をその場に向かわせていた。しかし、ボーンは優秀で、彼らの襲撃に勘付くと、見事その刺客を撃退してしまうのだった。

刺客が持っていた携帯から着信記録に残された番号に連絡を入れたボーン。それは、なんとCIA本部へと繋がり、ボーンはコンクリンを呼び出すのだった。そして、ボーンは見事コンクリンの位置を突き止めると、彼に銃を突きつけ自分が誰か、自分に何が起きているのかを問いただした。すると、なんとボーンは元々CIAのエージェントで、ウォンボージィを暗殺する任務を負っていたという。

そして、ボーンは記憶を取り戻す。任務の際、子供が近くにいたために、ボーンは躊躇い任務を失敗したのである。そして、傷を負い記憶障害となったのだ。全ての記憶を取り戻したボーンは、自分は死んだことにしろ、とコンクリンに伝える。そして、ボーンはその場から立ち去った。ボーンが次に向かったのは、とある沿岸で開かれているスクーター屋だった。そこでボーンはマリーと再会し、二人は晴れて結ばれるのだった。

関連作品

次作 ボーン・スプレマシー

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①時代を反映したスパイ映画、主人公

    今までのスパイ映画の主役といえば、キャラクターが判りやすく主義主張がはっきりしているというのが特徴だった。映画冒頭5分で、観客が主役がどの様な人物であるか容易に判断出来るかという事が、ある種『売れるスパイ映画』の定番になっていたのだと思う。

    この映画が売れた理由は、あえてその定石を破った事にある。今までスパイ映画未経験の俳優を配置し、なおかつ主役は、自分がCIA最強のスパイである事どころか、何者かさえも判らない。自分探しの旅をし続ける間に、臨まれぬ犠牲者が次々に出る事で初めて自分が何者か悟る。

    追うCIA側は、ボーンが自我に目覚める事こそ、最も恐れている事だ。これこそ今までのスパイ映画定石を逆手に取りヒットした要因でもある。

    それだけではない、ジェイソン・ボーンシリーズが公開された時期は20世紀から21世紀に跨っている。企業や上司に抑圧され逆らえない人々がボーンの様に自由を求めたいという気持ちも反映されヒットしたとも言える。

    ②映画の終わりは、新たなる幕開け

    ボーンはCIAの暗殺者・プロフェッサー(クライブ・オーウェン)と対峙し、ようやく自分も彼と同じCIAに作り上げられた暗殺者だったという事に気づき始めます。
    不本意にも関わらせてしまったマリーを安全な場所に移動させ、ボーンは、プロフェッサーを倒した後、コンクリンの居場所をつきとめ、彼から真相を突き止める。

    ボーンは、諸外国の要人を秘密裏に抹殺する『トレッドストーン計画』の暗殺者だった。各地域に『置石』の様におかれた暗殺者は、その土地のターゲットをしとめなければいけない。ボーンは『なんらか』の理由でしくじった。その結果が嵐の海に弾丸をうけて浮かんでいたという結末だったのだ。
    コンクリンは、この後暗殺者マンハイムに殺され、ボーンは一時期マリーの元にのがれるが、それが彼が本当の『自由への切符』ではなく『新たなる戦い』への幕開けである事が判る。

    ③マット・ディモンを一躍有名にした作品

    主演のマット・ディモン自身『棚からぼた餅』と呼んでいるシリーズがこのシリーズだ。この役で、マット・ディモンの印象や人間性は多いに変わったといっても過言ではない。1作目で29歳、シリーズ3作目のときには36歳である。
    それまでの彼の作品は『すべての美しい馬』や『パカーヴァンスの伝説』などドラマが多かった。もし次に選んだ作品が『ヒアアフター』だったなら大コケしていたかもしれない。

    しかしここで批評家の予想を裏切り『ボーンアイデンティティ』を選び正解だったという事になる。この作品以前は、殆どエージェントの電話はならなかったマットが忙しくなったのも、この作品のおかげだろう。

  2. 匿名 より:

    20世紀を代表するスパイ映画の主人公となったジェイソン・ボーン。彼の様なスパイが支持される理由は何があるだろうか?素晴らしい能力を持ちながら生かす場所が見つからない。そういう人たちが生かす場所を見つける為に自分探しをする。その様が劇中でジェイソン・ボーンが迷走する様と似ていて共感を呼ぶのではないかと思う。ただ格好がいいスパイヒーローではなく共感できるスパイ像を作り上げた事が、この映画の成功モデルだろう。