9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ビルド・ア・ガール』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

イギリスが誇るジャーナリスト、キャトリン・モランの大人気3部作が日本のスクリーンにやってくる!厳しいエンタメの世界で、主人公ジョアンナはどのようにして生き延びていくのだろうか。

スポンサーリンク

映画『ビルド・ア・ガール』の作品情報

ビルド・ア・ガール

タイトル
ビルド・ア・ガール
原題
How to Build a Girl
製作年
2019年
日本公開日
2021年10月22日(金)
上映時間
105分
ジャンル
コメディ
監督
コーキー・ギェドロイツ
脚本
キャトリン・モラン
製作
アリソン・オーウェン
デブラ・ヘイワード
製作総指揮
ジギー・カマサ
エバ・バーコフスキー
ティム・ヘディントン
リア・ブーマン
ダニエル・バトセック
オリー・マッデン
スー・ブルース=スミス
キャトリン・モラン
キャスト
ビーニー・フェルドスタイン
パディ・コンシダイン
サラ・ソルマーニ
アルフィー・アレン
フランク・ディレイン
ローリー・キナストン
ジギー・ヒース
ボビー・スコフィールド
製作国
イギリス
配給
ポニーキャニオン、フラッグ

映画『ビルド・ア・ガール』の作品概要

原作である『How to build a girl』およびその続編である『How to be famous』では、実はイギリスでは超有名な小説。発売してすぐに、書籍販売数1位を獲得するなどベストセラーとなったのだ。イギリスでは2019年に既に製作開始となっていた本作が、2年の時を経て日本のスクリーンで上映される。手がけるのは、名作『ブリジット・ジョーンズの日記』の制作陣。キャストには、『ゲーム・オブ・スローンズ』のアルフィー・アレンや、エマ・トンプソンなど、新進気鋭の俳優から長年ハリウッドを支え続けているベテラン俳優までが集結。

映画『ビルド・ア・ガール』の予告動画

映画『ビルド・ア・ガール』の登場人物(キャスト)

ジョアンナ・モリガン(ビーニー・フェルドスタイン)
その文才で、有名雑誌での仕事を手に入れた女子高校生。厳しい世界で生き残っていくために、辛口批評家として活動する決意をするが…?
ジョン・カイト(アルフィー・アレン)
人気のロック・スター。インタビューで、ジョアンナと出会う。彼に夢中になったことで、ジョアンナの人生は急展開を迎える。

映画『ビルド・ア・ガール』のあらすじ(ネタバレなし)

時は1993年。冴えない女子高校生ジョアンナは、退屈な日々を送っていた。しかし、彼女には才能があった。それは、類い稀なる想像力と文才。自分のその能力を発揮したいと思っていても、中々そんな場面には出会えなかった。そんな時、ジョアンナは兄の勧めで大手音楽情報誌『D&ME』に記事を投稿することに。すると、その文才が認められた彼女は、見事仕事を与えられたのだ。しかし、仕事中に出会ったロック・スター、ジョン・カイトに惚れ込んでしまったことで大失敗してしまう。この世界で生き延びるためには、『優等生』ではいられない。彼女は他とは違う存在になるために、辛口批評家になるという選択をとるのだった。

映画『ビルド・ア・ガール』の感想・評価

類い稀なる自己分析能力

最新作の主人公、ジョアンナは非常に優秀な人物だ。ライターとして必要不可欠な文才と想像力に恵まれている。しかし、彼女が最も優秀な所以はそこではない。彼女が最も優れているのは、自分という人間を客観的に見ることができるという点だ。確かに、彼女には類い稀鳴る文才と想像力がある。しかし、『その程度』であればこの世にはごまんと存在するのだ。そんな世界で、いかにして名を馳せるか。諦めなければ夢は必ず叶う。確かに、そういうこともあるだろう。映画のヒロインなどはそういったパターンが多い。しかし、ジョアンナは自らがヒロインになれないことを理解していた。そこで、自らを冷静に分析できるジョアンナが選んだ生き延びるための手段とは…?

批評家としての責任

SNSの発展によって、以前よりも人々は自分の意見を世間へと発信しやすくなった。それは大変好ましいことだ。発言の自由は、誰にも平等に与えられるべきだからだ。しかし、その弊害も確かに存在する。匿名が故に人を攻撃し、それによって痛ましい結果に繋がってしまうという事件が近年跡をたたない。本作に登場するジョアンナは、匿名でこそないものの、人を毒舌で攻撃していることは違わない。その発言で、傷つく人は確かにいるのだ。以前より発言が容易になった分、そのことを自覚していない人が増えてしまった。本作のヒロインもその一人。人の振り見て我が振り直せというが、ぜひジョアンナと自分を重ねて、思い当たる節がないか考えてみよう。

キャトリン・モランという人物

キャトリン・モランは、イギリスでは知らぬ者はいないほどの有名な人物。2012年には、BBCが毎年発表している『イギリスで最も影響力ある女性』にも選出された経験を持つ。そんな彼女は、イギリスを中心に活動するジャーナリスト。ジャーナリストだけに留まらず、テレビ司会者、作家などその活動は多岐にわたる。彼女が作家として執筆した『How to Build a Girl』が、本作の原作となっているのだ。彼女は幼い頃から作家になることを志しており、厳しい世界で女の身一つで生き残った。最新作は、そんな彼女の半自伝的小説となっている。『ビルド・ア・ガール』は3部作の1作目であるため、今作の売れ行き次第では次回作の制作もあり得るかもしれない。

映画『ビルド・ア・ガール』の公開前に見ておきたい映画

映画『ビルド・ア・ガール』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。映画『ビルド・ア・ガール』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

『批評家』が、ストーリーに大きく関わっている作品。といっても、最新作のヒロインが批評をする側だとしたら、こちらの主人公は批評をされる側の人間。彼の人生は、一人の批評家によってどん底へと叩き落とされてしまう。一流レストランのオーナーシェフだったカールは、店、世の中の評判、自身、それら全てを一度に失った。絶望の淵に立たされたカール。そんな彼が元嫁の一言で新たに始めることにしたのは、なんとフードトラック!?再び彼が成功を手にするまでを豊かな色彩と軽快な音楽と共に描いた名作中の名作。公開当時、あらゆる映画批評サイトで高評価を得た一作。人生につまずいた時、明るい気持ちになりたい時などに是非見てほしい一本。

詳細 シェフ 三ツ星フードトラック始めました

海月姫

側から見れば冴えない女子高校生。最新作のヒロインも、本作のヒロインもそうだ。あなたの周りにもいなかっただろうか。もしくは、あなたがその一人だったかもしれない。しかし、そんな彼女達にも大きな才能が眠っているかもしれない。本作のヒロイン月海の才能は、クラゲに関するもの。彼女は、超がつくほどのクラゲヲタクだったのだ。一見、それほど活かすことができなさそうなその趣味。しかし、彼女の人生は蔵之介との出会いによって一変する。なんと、彼らはクラゲをモチーフにしたファッションブランドを立ち上げることにしたのだった。蔵之介の凄まじい行動力に引っ張られていく月海。しかし、次第に守られるだけの存在ではなくなっていき…?

詳細 海月姫

ブリジット・ジョーンズの日記

本作の製作陣がかつて手がけた名作中の名作。2001年に公開され、2016年にはシリーズ3作目が発表されるなど長きに渡りファンから愛され続けている名作中の名作。ヒュー・グラントとコリン・ファースという現在ではハリウッドを代表する大物俳優となった二人がヒロインを取り合うという、なんとも豪華な作品。ブリジット・ジョーンズは、32歳を迎えた。未だに独り身であることを焦っていたブリジットは、ある日かねてより憧れを抱いていた上司、ダニエルと関係を持ってしまう。しかし、ダニエルにとってそれは一夜の遊びに過ぎなかった。ダニエルから逃げるようにして会社を辞めたブリジット。そんな彼女に想いを告げてきたのは、マークという敏腕弁護士だった。

詳細 ブリジット・ジョーンズの日記

映画『ビルド・ア・ガール』の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

映画『ビルド・ア・ガール』のまとめ

あらゆるものにつきまとう『批評』。誰しも、多少なりともその批評を気にして生きているのではないだろうか。例えば、行くお店を決める時、口コミの評価を参考にすることがあるだろう。良い評価が多くあれば足を運んでみようと思うだろうし、反対に悪い評価が並んでいれば、その店は中々候補には上がらないだろう。つまり、批評家は誰かの行動、さらには人生までも変えてしまう可能性があるのだ。自称批評家など、この世には何人も存在する。果たしてこの世の『批評家』の内の何割がそのことを自覚し、その責任を負っているだろうか。今作を通じて、自分にかかる責任について改めて考え直してみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました