9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『キャバレー(1972)』あらすじとネタバレ感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『キャバレー(1972)』の概要:「キャバレー」(原題 : Cabaret)は、1972年のアメリカ映画。主演は名女優ジュディ・ガーランドの実娘であるライザ・ミネリ。同年の第45回アカデミー賞で、主演女優賞、助演男優賞、監督賞など、オスカー8部門を獲得した。

スポンサーリンク

映画『キャバレー』 作品情報

キャバレー

  • 製作年:1972年
  • 上映時間:125分
  • ジャンル:ミュージカル、コメディ、ラブストーリー
  • 監督:ボブ・フォッシー
  • キャスト:ライザ・ミネリ、マイケル・ヨーク、ヘルムート・グリーム、ジョエル・グレイ etc…

映画『キャバレー』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『キャバレー(1972)』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ×
dTV×
TELASA×
TSUTAYA TV×
ビデオマーケット×
Netflix×

※動画の配信情報は2021年7月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『キャバレー』 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

映画『キャバレー』 あらすじ(ストーリー解説)

映画『キャバレー(1972)』のあらすじを紹介します。

ナチスが台頭してきた1930年のベルリン。明日のスターを夢みるアメリカ人のサリー(ライザ・ミネリ)は、キット・カット・クラブというキャバレーの舞台に夜な夜な立っていた。

ある日、ロンドンから語学生ブライアン(マイケル・ヨーク)が、彼女のアパートに部屋を探しに訪れ、サリーの部屋に間借りする形で越してくることになった。ブライアンはサリーから紹介を受けたドイツ人フリッツ(フリッツ・ウェッパー)に英語を教えることになる。やがてブライアンの英語の生徒に、美しい娘ナタリアが加わった。フリッツはナタリアに熱を上げ求婚した。その一方でサリーとブライアンの前に、金持ちでハンサムなマクシミリアン男爵が出現し、奇妙な友情が生まれようとしていた。男爵は二人に豪華なプレゼントをして自らの城に招待する。サリーは男爵夫人になるチャンスがあることを知ったが、ブライアンも男同士でありながら男爵の恋人だった。

サリーを愛するブライアンはヤケを起こし、街のナチ党員と喧嘩をし怪我をするが、その枕元でサリーは男爵がアルゼンチンに永住するという電報を送りつけてきた事をブライアンに告げ、揉め事の元凶は解決する。その後サリーは妊娠をブライアンに告げ、初めは子供が出来る喜びに二人とも浮かれていたが、彼女は自らの将来を考え中絶してしまい、その行動に怒りを隠せないブライアンに、彼女は自分が育児に向いていないと告げる。

サリーの傷ついた心を知ったブライアンはベルリンを去る決心をし、二人の別れは爽やかに訪れた。去ってゆくサリーの後ろ姿を見て、ブライアンはサリーを心から愛していることを知る。傷心のサリーは抱えた過去の全てを吹き飛ばすように、自分の人生を託した「キャバレー」を熱唱する。

映画『キャバレー』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『キャバレー(1972)』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

アール・ヌーヴォー時代のイメージにピッタリのライザ・ミネリ

本作はミュージカルという枠でなく、舞台女優の日常をドキュメント的に描いた新しいミュージカルの試金石だった。従来のミュージカルのように音楽と歌を一体化させ、役者側から一方的に観る者へ訴えるというスタイルではなく、ステージを観客席から眺めるという客観的なカメラワークのスタイルが、この映画のライヴ感を演出している。したがってミュージカルと思って観た人は普通の映画を観ているようにしか見えないのだが、これも時代背景で映画の在り方が変わりつつあったところだろう。ミュージカルが苦手という人にも、取って付けた感が排除されたこのスタイルなら親近感が持てるかも知れない。キワモノ的なステージシーンもどこかアメリカ映画的な部分は少なく、ヨーロッパの雰囲気を上手く醸し出しており、ライザ・ミネリの出で立ちにしても1930年代のモダニズムを思わせるノスタルジックなスタイルが強調され、アール・ヌーヴォー全盛の時代にピッタリと嵌っている。登場人物も不思議とみな魅力的だ。

ライザの親孝行

1972年という年はフランシス・フォード・コッポラの「ゴッドファーザー」が封切りされ大ヒットを飛ばした年でもある。「ゴッドファーザー」の興行収入は他の作品に大差を付け、二位の「ポセイドン・アドベンチャー」に倍以上の差を付ける収入を得た。しかし売り上げは「ゴッドファーザー」に遠く及ばないものの、「キャバレー」は作品としての評価が高く、アカデミー賞を「ゴッドファーザー」と二分する勢いだった。ライザの母親であり若くして世を去ったジュディ・ガーランドが、ノミネートはされたものの受賞は成し得なかったオスカーを獲得した孝行娘である。「母を殺したのはハリウッドよ」と語ったライザもまたハリウッドでスターになったという皮肉な話ではある。


ミュージカル作品は苦手です。普通に生活しているのに急に踊って歌い出すなんてありえないし、世界観に入り込めないからです。今作もミュージカル作品なのでかなり不安に思っていましたが、いざ鑑賞してみると他の作品とは違う雰囲気を感じました。
舞台女優の人生を描いているので、ミュージカル作品特有の急に歌い出すシーンにも違和感が無く、それも演技の一つと感じられると言うか、作品の中の一部を切り取ったような感覚で見られるのでそれほど苦手には感じませんでした。
ミュージカル作品が苦手な方にも挑戦して欲しい作品です。(女性 30代)

映画『キャバレー』 まとめ

大きなタレ目で鼻が高いライザの顔は決して美人とは言えないかも知れないが、その特徴だらけの顔が実にチャーミングに見える。役の中でとは言うものの、自らをアバズレと呼び、早口でまくし立てる姿はミュージカルスターにあり得なかった姿だろう。明るいヒロインを演じながらもピエロのようなメイクの表情に、ピエロの持つ物悲しさも漂い、映画デビュー二作目ながら演技派女優としての凄みさえ窺わせているのは、やはり母親の遺伝子によるものなのだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメディ映画ラブストーリー映画ミュージカル映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. えだもと より:

    色々在るけれど、僕が1番屋気に入っているシーン。

    マイケルとヘルムートが郊外のカフェに立よって
    「To Africa~ と言ってグラスを重ねる。

    その時、ボーイソプラノの歌声が最初は静かにそして次第に大きく且つ力強く聞こえてくる。

    美しい自然を、そして美しい鳥の囀ずり、、、
    そして豊かな子供の成長が聞こえてくる。

    独唱の意味が「自然と離れてくる時、空気が政治性を帯びてきて1人の少女が立ち上がり彼に、和す・・・少年ははヒトラーユーゲント。

    周りも次々と立ち大合唱に膨張してゆく、ただ1人の老人だけが頭に手を当てながら困惑している

    マイケルとヘルムートは車に戻り 「君、あれをコントロール出きるかい」と運転主に聞く、
    ヘルムートは、なにも言わず車に乗れよとマイケルwぽ促す。カメラは絶妙なスピードで引いていく、「Tomorrow belongs to me…

  2. えだもとけい より:

    僕はストーリー展開は殆ど気にしないタイプ。

    詩・そして歌が好き。

    マイケルとヘルムートが、郊外のカフェに立よって 「to Africa !
    その時、最初は静かにそして次第に強くクレッシェンド・・・& クレッシェンンド

    ボーイのテノール. . . スレッ・スレッ

    そこらの 「フラッシュモブ」 など問の外。
    カメラが下方に動いていって、例のハーケンクロイツーーーー少女がまず立ち上がり
    そして、次第に皆さん立ち上がって大合唱。

    2人が車に、乗り込むその瞬間。先ずマイケルが運転手に「あれをコントロール出きるかい?

    ヘルムートが首をしゃくる。2人が乗り込んだら
    車が走り出しカメラは絶妙なスピードで引いてゆく、、、

タイトルとURLをコピーしました