「キャノンボール2」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

キャノンボール2の概要:前回のキャノンボールで優勝を逃してしまったアラブの王子シークは、優勝を狙うべく今回は自らがレースを主催することに。個性豊かな曲者たちが続々と集まり、またもや大陸横断の一大レースが始まった。

キャノンボール2の作品情報

キャノンボール2

製作年:1983年
上映時間:98分
ジャンル:コメディ
監督:ハル・ニーダム
キャスト:バート・レイノルズ、ドム・デルイーズ、ジャッキー・チェン、シャーリー・マクレーン etc

キャノンボール2の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『キャノンボール2』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

キャノンボール2の登場人物(キャスト)

J.J.マクルーア(バート・レイノルズ)
アメリカ陸軍の将軍に変装し、多数の勲章を胸につけてキャノンボールに参加。インペリアル・リムジンに乗る。
ビクター・プリンズム(ドム・デルイーズ)
J.J.の相棒。将軍の部下の二等兵に変装。
シーク・ファラフェル(ジェイミー・ファー)
昨年優勝を逃し、最速を誇るファラフェル家の名に恥を塗ったため、今度こそ優勝するためにレースを主催。ロールスロイスでエントリー。
ジャッキー・チェン(ジャッキー・チェン)
日本から来て、三菱スタリオンでキャノンボールに参戦。格闘に秀でており、車は超技術で特別仕様に改造済み。
ドンドン・カネロニ(チャールズ・ネルソン・レイリー)
カネロニ一家の当主。父親のドンは、彼の頼りなさが心配。

キャノンボール2のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『キャノンボール2』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

キャノンボール2のあらすじ【起】

アラブのファラフェル王家は、代々ずっと「速さ」に何より自信があった。ところが、前回のキャノンボールでシーク王子は優勝できなかった。

怒り心頭の王は王子に、再度キャノンボールに出場しろと言う。しかし、キャノンボールは今年は開催がないため、出場することができない。弱るシークに王は、自ら主催することを命じた。

レースの話を聞きつけて、昨年の参加者たちが続々と西海岸に集まってきた。道路の速度制限を255キロに貼り替える美女。嗅ぎつけたパトカーも現れるものの、美女の乗る赤いランボルギーニは白く塗装されており、翻弄された末に見失ってしまう。

一方、スタントマンのJ.J.とビクターは名声を夢見て、人間爆弾に挑戦していた。飛行機から落とされてあちこちを破壊しながら地表を進み、停止する。かなり危険なスタントだったが、J.J.はなんとか生還。そこでキャノンボールの賞金が100万ドルと聞いた2人は、レースに参加することにした。

キャノンボール2のあらすじ【承】

アメリカマフィアのカネロニ一家は、ギャンブルや売春で稼ぐ大きなファミリーだったが、今は他のファミリーに遅れを取っている。なぜなら、頼りない息子のドンドンが当主になっているからだ。父親のドンは、ドンドンをしっかりさせるために部下を送り、ドンドンの貸した借金の回収を始めた。

借金を借りていたのはフェンダーバーム。警察に扮してキャノンボールに参加しようとしていた彼からシークのことを聞いたカネロニ一家は、シークを誘拐し、身代金を得ようと考えるのだった。

J.J.たちが軍人に変装して参加しようとしていたところ、シスター2人にニューヨークまで乗せてほしいと頼まれる。道中他の女を乗せられなくなるため、一旦は断ろうとするものの、レースには神のご加護が必要と思い直す。

セクシー美女のマーシーとジルは、乗っていたランボルギーニが故障し、色仕掛けで通りかかった車に乗り込んだ。飛行機から下ろされた三菱スタリオンに乗っているのは、日本から来たジャッキーとアーノルド。オランウータンを運転席に乗せているチームもいる。

キャノンボール2のあらすじ【転】

まずは、主催者のシークがスタートを切った。続いてそれぞれが思い思いにスタートしていく。

J.J.は警察に遭遇してしまい、核汚染を防ぐための急ぎの放射性物質の輸送と言い訳する。疑っていた警察だが、後部座席にシスターが乗っているのを発見し、すっかりJ.J.を信用してしまう。ついでにライバルのニセ警官チームを共産主義者のテロリストに仕立て上げたJ.J.は、警察のターゲットをそちらに向けさせることに成功。過激な衣装に着替えたシスターたちとイチャつきながらさらに先に進んでいった。

一方で美女チームの車はまた故障してしまうが、2人は通りすがりの青年を色仕掛けで陥落させて、どんどん乗り継いで進んで行く。ジャッキーチームもパトカーと追いかけっこをして池に突っ込むものの、潜水艦モードに切り替えて脱出した。

ドンドンの部下たちはシーク王子をなんとか誘拐しようとしていた。ところが、ヘリから強力磁石で釣り上げる作戦がトンネルのせいで失敗し、道路に紐を張って止めようとする作戦も車の力に負けて失敗してしまった。

キャノンボール2の結末・ラスト(ネタバレ)

ドンドンの部下は、最終兵器として美女を半裸で道端に立たせた。やっとのことで、美女に目がくらんだシーク王子の誘拐に成功する。

J.J.たちは誘拐の事実を知って、シーク王子の救出に向かった。フランク・シナトラの紹介を受け、女装してドンドンの元に潜入する。油断させて倒すはずだったが、なぜかシーク王子は女に囲まれ上機嫌だった。

シーク王子はドンドンの牧場を買い取り、多額の借金も少額だと笑い飛ばして、自分が全て返してしまうと言う。それだけでなく、今後も支援すると言い始めた。キャノンボールの賞金も、100万ドルから200万ドルに変更になった。

ところが、すでに最初にゴールしたものがいた。レースに勝てなかったシーク王子だったが、明日からの復路のレースで優勝すると自信満々に宣言。なぜなら、最初にゴールした優勝者を彼が雇ったからだ。

優勝者が登場する。今回のキャノンボールで優勝したのはなんと、オランウータンだった。シーク王子が雇ったのは、このオランウータンだったのである。

キャノンボール2の感想・評価・レビュー

個性豊かなキャストが、多種多様なスーパーカーに乗って大陸横断する豪華なコメディ。レース映画ではあるものの、「どれだけ早くゴールするか」というよりは、「どれだけ障害を避けられるか」といったエンタメの側面が強く、前作とほぼ空気感は同じである。

よく言えばのんびりした古き良きアメリカを描いた映画、悪く言えば起承転結のないロードムービー。物語性を求めず、登場人物たちの行動を楽しみながら見られる人に向いている。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

次作 キャノンボール3 新しき挑戦者たち
前作 キャノンボール

この記事をシェアする