映画『セントラル・インテリジェンス』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「セントラル・インテリジェンス」のネタバレあらすじ結末と感想

セントラル・インテリジェンスの概要:高校時代、文武両道で学校のヒーローであったカルヴィン。だが、大人になったカルヴィンは理想とはかけ離れた生活をしていた。そこへ学生時代の旧友でCIAになったロビーが現れたことでカルヴィンの生活は激変していく。アクションだけでなく、コンプレックスに立ち向かう勇気をくれるコメディアクションムービー。

セントラル・インテリジェンスの作品情報

セントラル・インテリジェンス

製作年:2016年
上映時間:107分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ、コメディ
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
キャスト:ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート、エイミー・ライアン、アーロン・ポール etc

セントラル・インテリジェンスの登場人物(キャスト)

カルヴィン・ジョイナー(ケヴィン・ハート)
会計士として働く社会人。学生時代、文武両道でみんなのヒーローであったが、理想の大人になれていないことに劣等感を感じている。
ロビー・ウィアディクト / ボブ・ストーン(ドウェイン・ジョンソン)
カルヴィンの同級生。学生時代はいじめられていたが、現在はCIAのエージェントとして働く。過去いじめっ子から守ってくれたカルヴィンに恩義を感じている。
パメラ・ハリス(エイミー・ライアン)
CIAのエージェントでロビーの上司。反逆罪のロビーを追う捜査官。

セントラル・インテリジェンスのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『セントラル・インテリジェンス』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

セントラル・インテリジェンスのあらすじ【起】

優等生カルヴィン・ジョイナーは、高校の全校集会で全生徒の代表としてスピーチをする。その最中、ふくよかな体形のロビー・ウィアディクトはいじめっ子達に裸の状態でスピーチ会場に連れて行かれる。カルヴィンは、着ていたジャケットをロビーに貸してあげ、ロビーはその服で体を隠しその場を去る。

それから20年後、カルヴィンは会計士として働いている。高校時代から交際し結婚した妻のマギーからは高校の同窓会に誘われるが、高校時代の栄光からかけ離れている今の自分に自信がなく参加を渋る。

仕事場へ戻ったカルヴィンはFacebookを開くとボブ・ストーンという名前の人物から友達申請を受ける。気になったカルヴィンはチャット上でボブと連絡を取ると高校時代いじめられていたロビーであることを知る。久しぶりに話したいと誘われたカルヴィンはその日の夜ロビーに会うことにする。

セントラル・インテリジェンスのあらすじ【承】

夜、待ち合わせのバーへ来たカルヴィンはロビーに再会する。だが再会したロビーの姿は、20年前とは異なり筋肉質な体形でかっこよくなっておりカルヴィンは驚く。

ロビーは、会計士であるカルヴィンへある人物の不正会計の調査を依頼する。カルヴィンは自分のPCから調査したところ、オークションの支払いという名義で複数のダミー口座を行き来していることを突き止める。詳細をロビーへ聞くが彼は答えずにそのままカルヴィンの家で寝てしまう。

翌朝、カルヴィンの家へCIAのパメラ・ハリスが訪れ、反逆罪のロビーの引き渡しを要求する。すでにロビーは家から逃げており、カルヴィンはパメラに事の経緯を聞く。パメラ曰く、ロビーはCIAのエージェントであり、任務中に同僚のフィルを殺害し、衛星システムの暗号コードを盗んだ罪があり追っているとの説明を受ける。パメラの説得に困惑しながらもカルヴィンはロビーの捜査に協力する。

パメラと行動したカルヴィンだが、直後ロビーに誘拐されパメラの言うことは誤認であり、衛星システムの暗号コードを売ろうとしている黒幕がいるので力を貸してほしいと依頼される。

高校時代唯一助けてくれたカルヴィンだからこそ信頼できるとロビーに説得され、2人は暗号コードをオークションで売ろうとしている取引番号の調査を行う。

セントラル・インテリジェンスのあらすじ【転】

取引番号を知るのは高校時代、ロビーをいじめていたトレヴァーであった。彼は取引番号を教えてくれたものの20年前と変わらずロビーを侮辱する。CIAのエージェントとして多くの敵を蹴散らす力もあるロビーだが、過去のトラウマからトレヴァーに何も言い返さずにその場を去る。

取引番号を取得した2人だが、パメラからカルヴィンへ電話がかかってくる。捜査協力しないと妻マギーの安全も担保できないと脅されたカルヴィンは、ロビーの居場所をパメラへ教えてしまった結果、2人はCIAに捕まる。

2人はCIAの基地に連行された。パメラから拷問を受けるロビーにカルヴィンは後ろめたさを感じ、彼を助けることを決意する。見張りのCIA職員に対し、機転を利かせ退けつつロビーを救出することに成功する。2人を捕まえようと襲ってくるCIA職員に対し、カルヴィンとロビーは協力しながらその場から車で逃走をする。

取引番号は座標の位置を示していることに気が付いた2人は、暗号コードを売ろうとしている黒幕を追うため飛行機でボストンへ向かう。

セントラル・インテリジェンスの結末・ラスト(ネタバレ)

カルヴィンとロビーは、ボストンの座標位置についた。カルヴィンをその場に残し、ロビー1人で暗号コードの売買の待ち合わせ場所である地下駐車場に乗り込む。だが数分後、駐車場へ向かうパメラの姿を見かけたカルヴィンは、パメラが黒幕だと思い込み、ロビーを助けに駐車場へ向かうことを決める。

地下駐車場では暗号コードの買い取り人とロビー、パメラ、そして死んだはずのロビーのかつての相棒フィルがいた。本当の黒幕はフィルであり、カルヴィンとロビーはフィルを倒すことでパメラとの誤解も解けた。

事件を解決した2人はそのまま同窓会へ行く。かつて醜態を晒しコンプレックスを抱いていたロビーだが、カルヴィンに励まされ、変われたことを同級生全員の前で話す。20年前とは異なり、今度は自分から服を脱ぎ裸になったロビーは、人はコンプレックスを乗り越え内面から変われることを証明し同級生達も拍手喝采を送った。

その後、パメラとロビーから誘われたカルヴィンはCIA職員として働くことになった。初出勤の朝、カルヴィンのところへロビーが迎えに来る。ロビーは20年前に借りたジャケットをカルヴィンに返し、笑顔で2人はCIAの職場に向かうのであった。

この記事をシェアする