映画『シンデレラ・ストーリー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「シンデレラ・ストーリー」のネタバレあらすじ結末と感想

シンデレラ・ストーリーの概要:サムは父親と仲が良く、幸せな日々を送っていた。そんな父親が再婚後に亡くなってしまい、サムの日常が一変してしまう。サムは継母や義姉達から扱き使われ、受験勉強もままならない生活を送るようになった。

シンデレラ・ストーリーの作品情報

シンデレラ・ストーリー

製作年:2004年
上映時間:95分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:マーク・ロスマン
キャスト:ヒラリー・ダフ、ジェニファー・クーリッジ、チャド・マイケル・マーレイ、ダン・バード etc

シンデレラ・ストーリーを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『シンデレラ・ストーリー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

シンデレラ・ストーリーの登場人物(キャスト)

サム・モンゴメリー(ヒラリー・ダフ)
高校生。プリンストン大学への進学を目指している。継母や姉達に召し使いのように扱き使われている。チャット友達のノーマッド、ダイナーで働く仲間達、友人のカーターに支えられている。
フィオナ(ジェニファー・クーリッジ)
サムの継母。双子の娘(ブリアナとガブリエラ)がいる。意地悪な性格で、ダイナーの従業員から嫌われている。
オースティン・エイムズ(チャド・マイケル・マーレイ)
高校生。父親がガソリンスタンドを経営しており、裕福な生活を送る。アメリカンフットボール部主将。生徒会長。本当はプリンストン大学への進学を望んでいるが、父から反対されている。作家になるのが夢。
シェルビー・カミングス(ジュリー・ゴンザロ)
高校生。オースティンの恋人。高校の中でも目立つ存在。プライドが高い。チアリーディング部に所属している。

シンデレラ・ストーリーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『シンデレラ・ストーリー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

シンデレラ・ストーリーのあらすじ【起】

サン・フェルナンド・バレースモッグの町に、とても仲が良い父娘が暮らしていた。父親はダイナーを経営しており、従業員とは家族のような関係を築いていた。サムはそれ以上何もいらなかったが、父親は違っていたようだった。父親はフィオナという女性と再婚した。フィオナにはブリアナとガブリエラという双子の娘がいた。

地震が起き、父親が亡くなってしまう。それからサムの日常は一変した。遺言がなかったため、遺産は全てフィオナの物になった。そして、サムは屋根裏部屋に移動させられた。8年後。フィオナは娘達とセレブな日常を送り、サムを召し使いのように扱き使っていた。サムは朝から働き、受験勉強も満足にできない状態だった。ダイナーで働くロンダはそんなサムを心配し、仕事を引き受けて学校に行かせた。

サムは学校でも貧乏な暮らしを馬鹿にされ居場所がなかった。心の支えになっていたのは、チャット友達のノーマッドの存在だった。ある日、ノーマッドからハロウィンの仮装ダンスパーティーで会おうと誘われる。サムは自分に自信が持てず、会うべきかどうか悩む。すると、友人のカーターから会うことを勧められる。

シンデレラ・ストーリーのあらすじ【承】

オースティンはプリンストン大学への進学を目指していたが、父に反対されていた。本当は作家になりたかったのだが、父は進学だけではなく就職先も勝手に決めてしまっていた。ガソリンスタンドを営む父は、自分の右腕として働くことを望んでいたのだ。

サムはフィオナの指示で、ダイナーで仕事を行うことになった。パーティーに行きたかったため断ろうとするが、フィオナは反抗を許さなかった。サムが仕方なく働いていると、学校で有名な金持ちのグループ(シェルビーやオースティン達)が来店した。オースティンはシェルビーに別れを告げるが、シェルビーは受け入れなかった。

ロンダやダイナーの仲間達はカーターから事情を聞き、サムをパーティーに行かせることにした。サムはロンダからドレスを借り、仮面を着けてパーティーに参加した。ただ、12時にはフィオナがダイナーにやってくるため、それまでに戻らなければならなかった。

サムがノーマッドとの約束の場所にいると、オースティンが現れた。オースティンはサムの正体に気づいていなかったが、美しい彼女に心を奪われる。サムはアメリカンフットボール部主将で生徒会長でもあるオースティンがノーマッドだと知り驚愕する。自分に自信がなかったため、正体を明かすことはできなかった。サムは中庭でノーマッドとダンスを踊り、楽しいひと時を過ごした。一方、怪傑ゾロの衣装を着ていたカーターは、男子に言い寄られて困っているシェルビーを助ける。

シンデレラ・ストーリーのあらすじ【転】

時間がきてしまったため、サムはオースティンの元を去った。カーターの元に行くと、シェルビーとキスをしていたい。サムはカーターを急かし、会場を後にした。オースティンはサムが落とした携帯電話を見つける。サムは帰るとき、ブリアナとガブリエラに姿を見られてしまう。しかし、幸運にもフィオナには姿を見られていなかった。サムはフィオナ達よりも先にダイナーに戻ることに成功し、抜け出したことがバレずに済んだ。

オースティンは校内に張り紙を張り、パーティーで出会った女性(通称シンデレラ)を探した。拾った携帯を確認したが、「すぐ来い」というメールばかりでシンデレラに繋がる手がかりは何も得られなかった。一方、カーターはサムに正体を明かすことを勧めるが拒まれてしまう。サムに手本を見せるため、シェルビーに正体を明かした。すると、住む世界が違うと言ってフラれてしまう。

フィオナはサム宛に届いたプリンストン大学の合格通知を隠した。一方、ブリアナとガブリエラはサムのパソコンを調べ、彼女が「シンデレラ」であることを知る。ブリアナとガブリエラはオースティンに会いに行き自分がシンデレラだと名乗るが、パーティーで落とした物を言うことができず嘘がバレてしまう。

シンデレラ・ストーリーの結末・ラスト(ネタバレ)

ブリアナとガブリエラは嘘の情報と共に、サムがシンデレラとしてオースティンの心を奪おうとしていることをシェルビーに伝えた。シェルビーは怒り、ブリアナ、ガブリエラ、友人達と共に、アメリカンフットボールの壮行会でシンデレラを馬鹿にした劇を披露した。そして、オースティンや皆が見ている前で、サムがシンデレラであることを明かした。サムはショックを受け、家に帰って泣き崩れた。そんな時、フィオナからプリンストン大学の不合格通知を渡される。

悲しみに暮れるサムだったが、ダイナーの仲間達から励まされる。そんな時、ダイナーの壁紙が偶然剥がれ落ち、父が生前言っていた標語が出てきた。それは「三振を恐れて試合から逃げるな」というものだった。サムはその標語に励まされ、フィオナに反抗して家を出る決意をする。ロンダや仲間達もサムに味方し、ダイナーを辞めて出て行った。

サムは試合前のオースティンに会いに行き、卑怯者だと非難して思いのたけをぶちまけた。サムがその場を去ると、彼女を心配したカーターが現れる。カーターに誘われ、サムは試合を観戦することにした。しかし、最後まで見ることはできなかった。オースティンは帰ろうとしているサムに気づき、父に反抗して試合を抜け出した。そして、サムにキスをした。

サムは自分の荷物を纏めているとき、父が残した遺書を見つける。そこにはフィオナのサインも入っていたため、彼女が遺書の存在を秘密にしていたのは明らかだった。フィオナは逮捕されることになり、家もダイナーもサムの物になった。さらに、プリンストン大学の合格通知も見つかった。フィオナは司法取引を行い、社会奉仕としてダイナーで働いた。ロンダが共同経営者となり、フィオナの監視を行った。かつての仲間もダイナーに戻り、ブリアナとガブリエラはダイナーで働くことになった。

オースティンは父の理解を得ることができ、サムと共にプリンストン大学に進学した。カーターはCMに出演するようになり、新しい恋人をゲットした。

シンデレラ・ストーリーの感想・評価・レビュー

童話『シンデレラ』を上手く現代版にアレンジしていると思う。ファンタジー要素が変に入っているわけではないのが良かった。脇役ではあるが、お姉さんのような優しさと強さ溢れるロンダのキャラクターが良かった。そして、悪役ではあるが、ジェニファー・クーリッジの意地悪な継母役が嵌り役で一番印象に残っている。『シンデレラ』をアレンジしているため最後はハッピーエンドだと分かっているのだが、それでも最後まで飽きずに楽しむことができた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする