映画『名探偵コナン 業火の向日葵』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「名探偵コナン 業火の向日葵」のネタバレあらすじ結末と感想

名探偵コナン 業火の向日葵の概要:大人気サスペンスアニメ『名探偵コナン』の劇場版シリーズ第19作目にあたる作品。今回は、作中でもトップレベルで人気の高い怪盗キッドが全編を通じて出演する。大怪盗、キッドが今回狙う獲物とは・・?

名探偵コナン 業火の向日葵の作品情報

名探偵コナン 業火の向日葵

製作年:2015年
上映時間:112分
ジャンル:アニメ、サスペンス
監督:静野孔文
キャスト:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 etc

名探偵コナン 業火の向日葵の登場人物(キャスト)

江戸川コナン(高山みなみ)
謎の薬物によって、工藤新一が小学生の姿に戻ってしまった姿。蘭の家に居候しながら、黒の組織を追う。
毛利蘭(山崎和佳奈)
新一の幼馴染で、空手の達人。長年新一に想いを寄せており、彼の帰りを待ち続けている。
怪盗キッド(山口勝平)
世間を騒がせている怪盗。盗みの美学があり、若い世代には人気が高い。コナンとはライバル関係。
鈴木園子(松井菜桜子)
蘭の親友で、鈴木財閥の娘。今回、鈴木財閥が持つひまわりの絵を巡って大事件が起きる。
宮台なつみ(榮倉奈々)
絵画鑑定士。ひまわりを守る7人の一人に選ばれる。しかし、彼女には秘密があった。
チャーリー(咲野俊介)
アメリカからやって来た警部。キッド逮捕に執念を燃やしている。
鈴木次郎吉(富田耕生)
鈴木財閥の相談役。既に隠居の身であるが、怪盗キッドを捕えるべくあらゆる罠を用意している。

名探偵コナン 業火の向日葵のネタバレあらすじ

映画『名探偵コナン 業火の向日葵』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

名探偵コナン 業火の向日葵のあらすじ【起】

工藤新一は、かつて注目を浴びた高校生探偵である。しかし、新一は幼馴染の蘭と遊園地に遊びにきている時、黒の組織という犯罪組織の犯行現場を目にしてしまう。そして、口封じのために謎の薬物を飲まされたのだ。新一を殺すはずだったその薬は、なぜか新一の頭脳はそのままに、身体だけを小学生へと強制的に小さくした。黒の組織を捕らえるため、新一は江戸川コナンに名を変え、探偵事務所を営む蘭の家に居候することにするのだった。

それから暫くしたころ、ニューヨークのマンハッタンでは、大々的なオークションが開かれていた。そのオークションの最大の目玉は、ゴッホが描いた『ひまわり』の模写である。そして、そのひまわりを落札したのは、日本を代表する鈴木財閥の、鈴木次郎吉だった。

ゴッホのひまわりは全部で7つ存在し、次郎吉はこれらを全て集め、日本でひまわり展を開催しようと考えていたのだった。一方、このひまわりを狙う者がいた。怪盗キッドである。次郎吉は、兼ねてよりキッドを捕らえようとあらゆる策を講じてきたのである。

名探偵コナン 業火の向日葵のあらすじ【承】

そして、次郎吉による怪盗キッドへの宣戦布告が行われた。次郎吉は、ひまわりをキッドの手から守るため、7人のボディーガードを雇ったのである。しかし、その宣言式にキッドはすでに侵入していた。そして、なぜかいないはずの工藤新一までもがその会場に現れたのである。

一行は、キッドからひまわりを守るため、ひまわりを飛行機で輸送した。しかし、その工藤新一こそがキッドの変装した姿だったのである。その時だった。飛行機の貨物室に爆弾が仕掛けられており、それが爆発したのだ。その爆発に巻き込まれ、ひまわりが機外に吹き飛んでしまった。しかし、空をも自由に飛ぶキッドが飛び出し、ひまわりは無事だった。

そして、その後ビルの屋上でキッドが隠したと思われるひまわりも見つかり、ひまわりは無事次郎吉の手に戻ってくるのだった。そんな様子から世間は爆発物を仕掛けたのはキッドであると推測していた。しかし、長きに渡りキッドと競ってきたコナンは、これはキッドの手口ではないと確信する。

名探偵コナン 業火の向日葵のあらすじ【転】

そして、そんな疑惑が渦巻く中、キッドから新たな挑戦状が届くのであった。その内容は、損保ジャパン日本興亜美術館に保管されている、5枚目のひまわりを盗み出すというものだった。当然易々とキッドにひまわりを渡すわけにはいかず、ひまわりは厳重な金庫に保管されることになった。しかし、その輸送の時をキッドは狙っていたのである。キッドは輸送の時、事前に美術館に忍び込み、そして、見事ひまわりを盗み出すのだった。

しかし、現場にはキッドからのメッセージが残っていた。なんと、キッドは手に入れたひまわりを、100億円で売却するというのだ。仕方なく次郎吉はその提案に乗ることにするが、そこで行動を起こしたのがコナンと警備主任のチャーリーだった。二人は、見事5枚目のひまわりを取り戻すことに成功するのだった。

しかし、こんなキッドの行動にコナンは違和感を覚えていた。何故キッドは、全てのひまわり盗むのではなく、敢えて5枚目のひまわりに拘ったのだろうか。謎は解けぬまま、とうとうひまわり展が開かれることとなった。

名探偵コナン 業火の向日葵のあらすじ【結】

しかし、なんと会場が突然火に包まれてしまった。コナンはひまわりを守るため、慌てて会場へと引き返す。そして、その場にキッドの姿を見つけるのであった。しかし、キッドの目的はひまわりを守ることだった。そして、コナンとキッドは協力してひまわりを火の手から守り抜くのだった。

一連の事件を起こしていたのはキッドではなく、ひまわりを守るために雇われた7人のうち一人、宮台なつみだった。宮台は全ての罪を認め警察に連行されるが、しかし、依然火の勢いは強く、コナン達は崩壊していく美術館から何とか逃げ延びた。

そして、脱出したキッドの前に、とある人物が立ちはだかった。長年キッドを追っていた、チャーリーである。キッドはとうとう逮捕されることを覚悟するが、チャーリーはなぜか、キッドを捕らえようとはしなかった。実は今回、キッドはとある老夫婦のために動いており、チャーリーはそのことを知ったのだった。そんなキッドを、チャーリーは今回だけ見逃すことにした。そして、キッドは再び、大空へと羽ばたいていくのだった。

関連作品

次作 名探偵コナン 純黒の悪夢
前作 名探偵コナン 異次元の狙撃手

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①ひまわりを狙う真犯人の動機がお粗末

    この映画では、ゴッホのひまわりをめぐって複数の人物の思惑が交差し、複雑になっているが、他はともかくひまわりを狙った犯人宮台なつみの犯行動機が酷い。
    なつみは鑑定士として、なぜか今回発見されたひまわりを贋作だとした。本物とする見方がされている中贋物と言うからにはそれなりの根拠があるのかと思いきや、なつみ個人が贋物と決めつけているだけで、これをゴッホの名画「ひまわり」の一枚として認めたくないという独りよがりな理由だったのだ。
    事件の主軸ではない、焼失したとされる「ひまわり」にまつわる悲しいエピソードの方がよくできていて、どっちがメインなのかわからなくなるほど。
    ジェット機を落とそうとしたり、美術館を焼いたり、大きな事件を引き起こしておきながら犯人の動機がこれでは興ざめである。

    ②ゲスト声優にうんざり

    劇場版『名探偵コナン』シリーズは、最近話題作りの為かタレントや俳優などのゲスト声優を毎回使っている。今回は犯人の宮台なつみを榮倉奈々が演じた。
    声優素人のゲスト声優の演技は言わずもがな。残念であることははじめから想像がつくと思う。
    毎回毎回ゲスト声優を使うのは良いが、せめてストーリー上重要ではない人物にしてほしいと思う。今回の宮台なつみにしろ、前作の「異次元の狙撃手」の犯人にしろ、なぜ事件で重要な犯人をゲスト声優にやらせるのか疑問だ。
    演技が自然で上手いならいいが、重要な人物に棒読みされるとストーリーに集中できなくなるのでいい加減考えてほしいと思う。

  2. 匿名 より:

    歴代劇場版シリーズの中では下から数えた方がいい部類になった。ゲスト声優については毎度のことなので仕方ないとしても、ストーリーが本当に惜しい。ストーリーが複雑であることは映画を観ていてもわかるが、元々長かったストーリーを削ってやっと映画の決まった時間におさめたらしい。脚本の櫻井武晴は素晴らしいミステリーを書いていたはずだ。それは同様に脚本を務めた『純黒の悪夢』のヒットからもわかる。だからこそ完成した映画の出来が残念でならない。