映画『デッドプール2』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「デッドプール2」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

デッドプール2の概要:デッドプールがミュータントの新チームを結成し、世界の未来を変えようと奔走する。ケーブルやドミノ、ジャガーノートなどの人気キャラクターが続々と登場し、X-MENファンには堪らない映像が盛りだくさんとなっている。

デッドプール2の作品情報

デッドプール2

製作年:2018年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:デヴィッド・リーチ
キャスト:ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、モリーナ・バッカリン、ジュリアン・デニソン etc

デッドプール2の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『デッドプール2』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

デッドプール2の登場人物(キャスト)

デッドプール / ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)
不死身の力を持つヒーロー。恋人のヴァネッサと家庭を築く約束をして間もなく敵が自宅へと押し掛けて来て、ウェイドの奮闘虚しく流れ弾がヴァネッサに当たり彼女は死んでしまう。ヤケになったウェイドは自殺を試みるが、不死身のためどうしても死ぬことができない。絶望の中コロッサスからX-MENへの加入を誘われ、見習いとして一時的に仲間に加わる。
ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)
ウェイドの恋人。自宅に押し掛けてきた敵の銃弾に当たり死んでしまう。ウェイドが見る白昼夢の中で断片的なアドバイスをくれる。
ケーブル(ジョシュ・ブローリン)
未来から来た半身が機械の男。ファイヤーフィストから逆恨みを買い、妻と幼い娘を焼き殺されてしまった。家族への復讐を果たすためタイムマシンを使い現代へやって来て、悪に染まる前のファイヤーフィスト・ラッセル少年を殺そうとする。
ラッセル・コリンズ / ファイヤーフィスト(ジュリアン・デニソン)
エセックス・ミュータント養護施設に暮らす、人体発火を能力に持つ少年。施設の理事長から虐待を受け、その仕打ちに耐えられず暴動を起こした。虐待の事実を見抜いたデッドプールと共にアイスボックスへと送られる。ラッセルはデッドプールを友人として信頼するが、デッドプールからは素っ気ない態度を返されてしまう。
ドミノ(ザジー・ビーツ)
「幸運」という特殊能力を持つミュータント。幸運過ぎて、彼女だけが最後まで無傷で戦う。ラッセル同様エセックス・ミュータント養護施設で虐待されながら幼少期を過ごしていた。
コロッサス(ステファン・カピチッチ)
ロシア訛りのステンレス人間。“恵まれし子らの学園”に住んでいるミュータント。しきりにウェイドをX-MENに誘うが、中々加入まで漕ぎ付けられないでいる。
ウィーゼル(T.J.ミラー)
ウェイドの友人。アウトローが集うバーの主人。ラッセルを救おうと奮い立ったウェイドに協力し、スーパーヒーローを集めた鬼ヤバチームを結成するためのリクルートをする。
ドーピンダー(カラン・ソー)
デッドプール専属のインド系タクシードライバー。殺し屋に憧れてウィーゼルのバーで働く。特殊能力は「勇気」だと自称している。

デッドプール2のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『デッドプール2』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

デッドプール2のあらすじ【起】

ウェイドはデッドプールとして殺しの仕事をする一方、恋人のヴァネッサと将来を誓い合い幸せな生活を送っていた。2人が、子供の名前は何にしようかと他愛もない話をしている最中、日中の仕事でデッドプールが取りこぼした敵の一派に奇襲を掛けられてしまう。ウェイドの奮闘虚しく、流れ弾に当たったヴァネッサは絶命してしまった。ウェイドは6週間かけヴァネッサを殺した人間達を殺して回ったが、相変わらず自暴自棄のままだった。絶望の中にいたウェイドは盲目のアルの家へコカインを取りに行き、アルから「彼女の分まで生きてみなさい」と慰められる。その言葉を曲解したウェイドは自殺を試みたのだった。

自殺によって死の淵を彷徨うウェイドは白昼夢のようなものを見る。そこでは生前のヴァネッサと会えるが、彼女に近づくことはできない。近いようで遠くにいるヴァネッサから「心が正しい場所にない」と言われウェイドは目を覚ました。コロッサスがバラバラに千切れたウェイドの体を回収してくれていたのだ。X-MENの拠点“恵まれし子らの学園”で治療を受けたウェイドは、コロッサスからX-MENへの加入を勧められる。始めは自分には向いてないと突っぱねたが、見習いとして一時的に加入することで合意した。

デッドプールがX-MEN見習いとして出陣した初任務は、エセックス・ミュータント養護施設での暴動を鎮圧することだった。養護施設ではラッセルという少年が、自らの身体から発せられる炎を用いて暴れていた。デッドプールは少年を止めることに成功したが、彼の首に虐待された跡があることを見逃さなかった。ラッセルは理事長をはじめとする職員達から苛酷な虐待を受けており、その待遇に耐えられなくて今回の暴動を起こしたのだと言う。ラッセルの境遇を知ったデッドプールは職員の1人を撃ち殺し、ラッセルと共にアイスボックスへ収監されることとなった。

デッドプール2のあらすじ【承】

アイスボックスではミュータントのパワーを無力化する制御装置を付けられ、ウェイドは不死身の力を失ったことで末期癌患者へと戻った。ラッセルは弱り切ったウェイドを守ろうといきり立つが、ウェイドからは余計なことをするなと冷たい扱いを受ける。そこへ、ラッセルを抹殺するため未来からやって来たケーブルが現れる。ケーブル曰くラッセルは今後悪の道へ走り、自分の家族も大人になった彼に殺されたのだと言う。ケーブルは、復讐のためタイムマシンを使い現代へやって来たのだった。アイスボックスが混乱に陥る中ウェイドのパワー制御装置が外れ、ケーブルと死闘を繰り広げることになる。

ケーブルとウェイドの激闘の最中、ラッセルはウェイドの力になろうと彼の元に近づく。ケーブルが、何故命がけでラッセルを庇うのかと聞くと、ウェイドはケーブルの気を引くために「あんなヤツどうでもいい。親でもなんでもないし」と口走る。その瞬間ケーブルから手りゅう弾を奪い相打ちとなった。ラッセルは偶然聞いてしまったウェイドの言葉に憤りを感じ、アイスボックスに収監されている囚人の中で一番強いジャガーノートと手を組み、脱獄の計画を企てる。

ケーブルの手りゅう弾を起爆させアイスボックスから脱獄したウェイドは、再び死の淵を彷徨った。白昼夢の中で聞いた、ヴァネッサの「子供は私達に良い人間になるチャンスをくれる」という言葉がラッセルを見捨ててはいけないという意味だと考え友人のウィーゼルに相談する。ウェイドとウィーゼルはフリーのミュータントを集め、ラッセルを救出するための新チームを結成する。

デッドプール2のあらすじ【転】

デッドプールを筆頭に結成された新チームは、アイスボックスから囚人を護送中の護送車にラッセルが乗っていることを突き止め救出作戦を開始する。上空から護送車へ着地するという作戦だったが、強風に煽られチームは全滅。幸運なドミノだけが護送車に乗ることに成功した。一方でラッセル救出の情報を仕入れたケーブルは、救出を阻止するため護送車へ乗り込んで来た。デッドプールとドミノが応戦したが、ジャガーノートが解放されラッセルと共に逃げてしまった。ラッセルは理事長殺害のため養護施設へと向かった。

ラッセルの救出に失敗したウェイド達はアルの家に身を隠していた。そこへケーブルがやって来て、ラッセルの抹殺を手伝って欲しいと持ち掛ける。ジャガーノートが強敵過ぎて敵わないと悟ったためだ。ウェイドは、ラッセルを更生させる説得を行うために30秒を貰うことを条件に提案を呑む。ウェイド達はジャガーノートとの闘いに備え、コロッサスへも協力を呼び掛けに向かった。

デッドプール2の結末・ラスト(ネタバレ)

ラッセルは、理事長を殺すためジャガーノートと共に養護施設を訪れていた。デッドプール達も施設へ到着し、双方の激しい攻防が続く。デッドプールはラッセルが理事長を殺してしまうことは防いだが、人間不信に陥っていた少年はデッドプールを焼き殺そうと攻撃を仕掛ける。その瞬間ケーブルは銃ラッセルに向けた。それに気付いたデッドプールは、自ら盾になって銃弾からラッセルを守ったのだった。身を挺して自分を守り死んでいったデッドプールの行動に、ラッセルは考えを改めた。

ケーブルもまたデッドプールの行動に胸を打たれ、自分の時代に戻るために取っておいた最後のタイムトラベル機能を使い、デッドプールが死なないように未来を変えたのだった。一時は死の淵でヴァネッサの元へ近づいたウェイドだったが、ケーブルが結末を変えたため再びこの世へと戻って来た。仲間との絆を実感しながら、彼らは養護施設を後にした。

デッドプール2の感想・評価・レビュー

グロテスクな描写と汚い言葉遣いからR指定を受けている映画だが、家族愛の美しさをブラックジョークで表現したコメディ映画に仕上がっている。というのは制作側の建前で、実際はテーマを重要視しておらず祭りに参加したような疾走感と満足感が得られるアドレナリン爆発のアクション映画だ。前作はウェイドがデッドプールになった経緯を描いたプロフィールのような映画だったが、今作ではマニアックなミュータントを交え好き放題にやっている。デッドプール本来の自由奔放な姿を見ることができるので、鑑賞後はスッキリした気持ちになる。

タイムトラベルという禁忌に手を出した脚本は怖いものなしである。これまでのX-MENシリーズでライアン・レイノルズを小馬鹿にしてきた世間に対して、かなり挑戦的なオチが付けられているのは見どころポイントの一つだ。今回も相変わらず次元の壁を超えてくるデッドプールからの語り掛けは必見だろう。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 デッドプール