映画『デッドプール』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「デッドプール」のネタバレあらすじ結末と感想

デッドプールの概要:2016年、MARVELの新作として発表されたアクション映画。X-menシリーズなどにゲスト出演していたアメコミキャラクター、『デッドプール』の初単体主演作。

デッドプールの作品情報

デッドプール

製作年:2016年
上映時間:108分
ジャンル:アクション、ラブストーリー、コメディ
監督:ティム・ミラー
キャスト:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T・J・ミラー etc

デッドプールの登場人物(キャスト)

デッドプール / ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)
赤い全身スーツに身を包んだ男。中身はウェイド・ウィルソンという元傭兵。『自分より悪い悪党』を倒し小金を稼いでいたが、デッドプールとなって以降フランシスとその一味を追っている。
ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)
ウェイドの彼女。突如姿を消したウェイドが既に死んでいると思っている。
フランシス(エド・スクライン)
ウェイドをデッドプールへと変えた張本人。極悪な人体実験を行っている。

デッドプールのネタバレあらすじ

映画『デッドプール』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

デッドプールのあらすじ【起】

全身を赤と黒のスーツで身を包んだ男、デッドプールは1人橋の上で落書きをしていました。デッドプールは自分が映画の中のキャラクターと理解しており、時折観客に声をかけてきます。

一通りふざけていたデッドプールでしたが、一台の車が近づいてきた時、おもむろに立ち上がります。そして橋から身を投げ出し、その車の上に侵入しました。驚く人相の悪い乗客達を、次々と倒していくのでした。その車に乗っていたのはフランシスという男の部下達で、デッドプールはそのフランシスという男をこの一年追い続けてきたのでした。乗客全員を倒したデッドプールは、とうとう宿敵フランシスと相対します。

しかし、周りを鑑みないその戦い方にX-menの一員であるコロッサスとネガソニック・ティーンエージ・ウォーヘッドが乱入、フランシスとコロッサスの戦いを止めに入ります。そしてデッドプールは、観客に向けて何故自分がこんなスーツに身を包んでいるのか、何故フランシスという男を追いかけているのかを語り始めます。

デッドプールのあらすじ【承】

ウェイド・ウィルソン、今はデッドプールと名乗りスーツを纏っている男は、元は傭兵業を営んでいました。しかし軍を除隊したウェイドは、今では裏の世界で『自分より悪い悪党』を退治しては小金を稼ぐ、自称”小悪党”となっていました。

そんなある日、友人が営む酒場でウェイドは1人の娼婦、ヴァネッサと出会います。自分を買わないかという彼女にウェイドは言われるがままに現金を支払います。しかし、ヴァネッサと真に親密になる事を望んだウェイドは、そのまま彼女を抱くのではなく、彼女とゲームセンターに行くという形で誠意を表します。

元々持っていたウェイドのユーモアセンスと、自分と似通った幼少時代に心惹かれたヴァネッサは、徐々にウェイドと心を通わせて行きます。そして晴れて恋人になった2人は時を重ね、そしてクリスマスのある日、2人は結婚の約束を交わします。しかし、そんな幸せ絶頂の中、ウェイドが末期癌で倒れてしまうのでした。

デッドプールのあらすじ【転】

そんなウェイドの前に、フランシスの部下であるスーツを纏った男が現れ、自分たちのもとにくればウェイドを治すと言い始めました。漂う胡散臭さに疑問を覚えるウェイドでしたが、ヴァネッサと一緒にいるため、と心配をかけないよう、彼女に黙って男の元へ向かいます。

しかし、実はその施設では非合法の人体実験が行われており、ウェイドはその実験の被験者とされてしまうのでした。その実験所の所長がフランシスでした。フランシス達による卑劣な実験の末、彼は超人的な肉体と治癒力を手に入れましたが、その副作用として顔が醜く変わり果ててしまったのでした。その顔を治せる唯一の人間がフランシスで、デッドプールは長年フランシスを探し求めていたのでした。

そして1年の時を経てとうとうフランシスを追い詰めたデッドプールでしたが、コロッサス達の妨害により彼を撮り逃してしまいます。そして逃げ延びたフランシスは、デッドプールを殺すべく、彼の愛するヴァネッサを拉致するのでした。

デッドプールのあらすじ【結】

ヴァネッサを助け出すべく、デッドプールは「お前達のせいでこんな事になった」とコロッサス達の協力を無理やり得て、フランシスのアジトに乗り込みました。

一方、既にウェイドは死んだものと思い込んでいたヴァネッサは、突然飛び込んできた全身真っ赤なスーツの男に驚きます。しかし、その口調やユーモアセンスから、彼がウェイドであるという事を素顔を見ずとも理解するのでした。何とかヴァネッサを助け出したウェイドは、彼女の決死のサポートを受け、なんとかフランシスとの戦いに勝利します。

しかし、ここでフランシスは「本当にお前の顔が治せると思ったのか?」と今までのデッドプールの戦いを根底から否定する発言をします。しかし、ヴァネッサはウェイドの外見がどんなに変わっていたとしても彼を変わらず愛すると断言、その深い愛で彼を包み込みます。そしてようやく愛する人のもとに戻ることができたウェイドは、無事ハッピーエンドを迎えるのでした。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 志木川 より:

    マーベルシリーズの代表作の一つでもある今作品。他作品と一線を画すのはシリアス表現よりもむしろコミカル要素が多い点です。
    主人公が不死身であるという設定からグロテスクな描写が多いのも他作品とは違うところですが、それを不快にさせない点もあり、苦手な人でも楽しめます。

    マーベルシリーズはシリーズ化やシリーズ同士のコラボなども魅力の一つですが、今作ほど適任な作品はないので今後に期待が高まります。

  2. こてつ より:

    マーベル作品の映像化の新しいシリーズとなる本作。デッドプールの誕生秘話が語られるのだが、シリアスな内容に対し、デッドプールの独特なキャラクターもあって作品はかなりテンポよくコミカルに進む。おしゃべりで飄々としたデッドプールをライアン・レイノルズが熱演しており、彼のはまり役になっていると感じた。また、彼の仲間であるコロッサスとネガソニックもいいキャラクターだ。その代わり、敵役がいまいち印象が残らなく感じた。今回は、キャラクターの紹介がメインで、そのへんは続編に期待しようと思う。

  3. バリー より:

    人気アメコミ作品を映画化。無責任なヒーロー、デッドプールの活躍を描く。デッドプールが劇中で我々、観客に話しかけたり、自身が映画のキャラクターであることを認識した発言をしたり、他ヒーロー作品に比べコミカルな作品。

    コミカルなテイストだが、恋人を救うため奮闘する姿は心打たれた。ヒーロー作品の命題である「手にした力をどう使うか」と言う問いかけに「愛する人のため」と答えた作品かもしれない。それでも、デッドプールがハチャメチャなのは言い逃れようが無いが…。

  4. 松雪 より:

    デッドプール(ウェイド)は、チャラチャラしていて、ふざけてばかりいるキャラかと思いきや、一途に恋人のヴァネッサのことを愛し、彼女のためなら何でもするという純情ぶりに大きなギャップを感じ、心を打たれました。
    下ネタとか視聴者に向けたメタ発言とか、何でもありな感じの世界観が見ていてすごく楽しくて、マーベルヒーロー映画の中で一番自由な映画なのではと感じました。「ここでこうしてくれたらスッキリするな」と思う視聴者の心を反映する時もあれば、予測不能な展開で驚かせてくれることもあります。本当に良い意味で破天荒な映画です。