映画『エレジー(2008)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「エレジー(2008)」のネタバレあらすじ結末と感想

エレジー(2008)の概要:大学教授であるデヴィッド・ケペシュは、教え子のコンスエラ・カスティーリョに目を奪われる。デヴィッドはコンスエラを観劇に誘い、一夜を共にした。気軽な付き合いをしていると思っていたが、本気でコンスエラのことを愛するようになる。

エレジーの作品情報

エレジー

製作年:2008年
上映時間:112分
ジャンル:ラブストーリー
監督:イザベル・コイシェ
キャスト:ペネロペ・クルス、ベン・キングズレー、パトリシア・クラークソン、デニス・ホッパー etc

エレジー(2008)を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『エレジー(2008)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

エレジーの登場人物(キャスト)

コンスエラ・カスティーリョ(ペネロペ・クルス)
デヴィッドの教え子。美しく聡明な女性。デヴィッドのことを心から愛している。
デヴィッド・ケペシュ(ベン・キングズレー)
大学教授。本を出版しており、テレビ出演も行っている。バツイチ。女性との気軽な関係を望んでいる。
キャロライン(パトリシア・クラークソン)
デヴィッドの元教え子。デヴィッドと体の関係がある。デヴィッドの理解者。
ジョージ・オハーン(デニス・ホッパー)
デヴィッドの親友。妻かいるが、浮気をしている。デヴィッドの相談相手。
ケニー・ケペシュ(ピーター・サースガード)
35歳。デヴィッドの息子。家族を捨てた父を恨んでいる。医師。妻と子供がいるが、愛人を本気で愛してしまう。

エレジーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『エレジー(2008)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

エレジーのあらすじ【起】

デヴィッド・ケペシュは大学教授で、コンスエラ・カスティーリョは彼の教え子だった。コンスエラは洗礼された美しさを持つ女性だった。しかし、セクハラの緊急連絡先が掲示板に張り出されるようになってから、デヴィッドは個人的に生徒と接触するのは止めた。

デヴィッドはテスト終了後、生徒達を集めてパーティーを開いた。コンスエラも参加していた。デヴィッドは彼女と会話を楽しみながらも、一緒にベッドに行きたくて仕方がなかった。コンスエラが演劇やオペラが好きだと話したため、デヴィッドは一緒に行こうと誘いをかけた。

デヴィッドには体の関係だけの女性がいた。その女性キャロラインは元教え子で、20年間の付き合いがあった。デヴィッドがキャロラインとベッドにいるときに電話がかかってきた。しかし、相手が誰か分かっていたので受話器を取らなかった。電話の相手は息子のケニーで、35歳になった今も家族を捨てた父親を恨んでいた。

デヴィッドはコンスエラと演劇を見に行った後、お酒を飲むために自宅に誘った。コンスエラは家に行く代わりにお願いをした。それは、ピアノを弾いて欲しいというものだった。デヴィッドはコンスエラのためにピアノを弾いた。その後、デヴィッドは絵画が載っている本を見せながら、コンスエラに触れてキスをした。コンスエラは拒まなかった。2人は一夜を共にした。

エレジーのあらすじ【承】

デヴィッドはコンスエラとの関係を友人のジョージに話した。ジョージは一夜限りの関係だと思っていたが、そうではなかった。デヴィッドとコンスエラは何度もベッドを共にしていた。デヴィッドは気軽な関係を続けていると思っていたが、コンスエラの過去の男性遍歴を聞いた瞬間、激しい嫉妬心が芽生えた。若い男がコンスエラを奪っていくのではないかと不安で仕方がなかった。

デヴィッドはコンスエラと付き合う中で、年齢差を感じるようになった。ジョージはそんなデヴィッドを心配し、捨てられる前に別れることを勧めた。だが、デヴィッドはコンスエラに別れを切り出すことができなかった。話の流れからいつの間にかコンスエラのことを旅行に誘っていた。

デヴィッドはコンスエラを食事に誘うが、弟とクラブに行くから無理だと断られる。家に1人でいるとコンスエラが若い男性と浮気をしている想像しかできなかった。居てもたってもいられなくなり、クラブへと足を運んだ。コンスエラは浮気を疑われたことに気づき、腹を立てた。

デヴィッドはコンスエラに嫌われ全てが終わったと思っていた。しかし、コンスエラから連絡があり、自分達の関係をどうしたいのか尋ねられる。デヴィッドは30歳もの年齢差を気にしていることを明かした。だが、デヴィッド自身が2人の関係をどうしたいと思っているのかを話すことはできなかった。

エレジーのあらすじ【転】

キャロラインはデヴィッドの部屋で女性の痕跡を見つけ、激しい怒りを見せた。デヴィッドはジョージに部屋の鍵を貸しており、彼が連れ込んだ女性の痕跡だと嘘を吐いた。キャロラインはデヴィッドにとって数少ない理解者だったため、切ることができない存在だった。その一方で、コンスエラとも関係を続けた。

デヴィッドとコンスエラの関係は1年以上続いた。コンスエラは何度も家族が参加するパーティーにデヴィッドを誘っていたが、デヴィッドは来てくれなかった。コンスエラは美術学修士号のお祝い卒業パーティーには参加し、家族に会って欲しいと頼んだ。デヴィッドは親戚から守ることを条件に、参加することを承諾する。コンスエラはとても嬉しそうだった。

デヴィッドは花束を用意してパーティー会場に向かおうとするが、年齢差を気にしてどうしてもパーティーに出席することができなかった。コンスエラに電話をかけ、車が故障して行けなくなったと嘘を吐いた。だが、コンスエラはその嘘を見抜いていた。デヴィッドが家に帰ると、コンスエラからの伝言が残っていた。コンスエラは一緒にお祝いをしたかったことや、心から愛していたことを電話に残していた。

ケニーがデヴィッドの元を訪ねてきた。ケニーには愛人がおり、妻のリサや子供達も捨てることができず苦悩していた。デヴィッドと同じ道を辿りたくなかったのだ。デヴィッドはリサに言わないよう助言するが、ケニーは既にリサに打ち明けていた。愛人のことも本気で愛しており、別れることができなかった。ケニーはデヴィッドに父として親身に相談に乗って欲しかったのだが、デヴィッドはケニーの気持ちに寄り添うことができなかった。

エレジーの結末・ラスト(ネタバレ)

コンスエラからの連絡がなくなり、デヴィッドは憔悴する。デヴィッドは本気でコンスエラのことを愛していた。ジョージはデヴィッドを心配し、世話をした。ジョージは来月ニューヨーク大学で行われる詩の朗読会に参加することが決まっていた。デヴィッドに自分の紹介役を頼んだ。デヴィッドはやる気が出なかったため断るが、友達の頼みだと言われ引き受けることにした。

朗読会でデヴィッドはジョージのことを紹介した。だが、ジョージが立ち上がった瞬間、倒れてしまう。デヴィッドはジョージの自宅に見舞いに行った。だが、ジョージは言葉を話せず、相手のこともきちんと理解できなくなっていた。デヴィッドは変わり果てた友人の姿にショックを受ける。その後、ジョージは亡くなった。

デヴィッドはジョージの死を知ったキャロラインから連絡をもらう。デヴィッドは若い女性と付き合っていたが捨てられたことを打ち明け、キャロラインは老いを感じていることを打ち明けた。長い付き合いで、正直に話し合ったのは初めてのことだった。

デヴィッドは仕事に没頭し、2年をかけてジョージの死を乗り越えた。そして、コンスエラを失ったことも受け入れた。だが、それは表面上のことだった。そんな時、コンスエラからの伝言が、留守番電話に残っていた。デヴィッドはコンスエラが誰かと結婚するのではないかと恐れながら連絡を入れた。

デヴィッドはコンスエラを自宅に呼んだ。コンスエラが告げたのは結婚の報告ではなかった。コンスエラは乳癌を患っており、2週間後に手術することが決まっていた。デヴィッドはコンスエラを思って涙を流した。コンスエラも気丈に振る舞いながら涙を流した。コンスエラは手術をする前に、自分の体を写真に撮って欲しいと頼んだ。デヴィッドはコンスエラの望みを叶えた。

デヴィッドは医師であるケニーに会いに行き、そのツテでコンスエラの病気のことを調べてもらった。すると、2週間後ではなく、執刀日は明日であることが判明する。デヴィッドは手術後コンスエラに会いに行った。コンスエラは乳房を取ったため、デヴィッドが気に入った美しさがなくなり会いに来なくなると思っていた。デヴィッドはそれを否定し、傍にいると告げた。

この記事をシェアする