「イコライザー2」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

イコライザー2の概要:元CIAエージェントのスペシャリスト、ロバート・マッコールはタクシー運転手をしながら、世にはびこる悪党どもを懲らしめていた。ある時、昔の同僚だったスーザンが殺され、マッコールは犯人を捜そうと動き出す。

イコライザー2の作品情報

イコライザー2

製作年:2018年
上映時間:121分
ジャンル:アクション
監督:アントワーン・フークア
キャスト:デンゼル・ワシントン、ペドロ・パスカル、アシュトン・サンダーズ、ビル・プルマン etc

イコライザー2の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『イコライザー2』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

イコライザー2の登場人物(キャスト)

ロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)
タクシー運転手。以前はホームセンターの店員だったが、転職した。昔はCIAエージェントをしており、その暗殺能力は凄まじい。記録では死んだことになっている。愛する妻・ビビアンを亡くしており、それ悲しみを埋めるように、悪党どもを懲らしめている。読書が好き。
デイブ(ペドロ・パスカル)
CIA局員。マッコールがCIAにいた頃、7年に渡って彼の相棒を勤めた。チームが解散となった後は、裏稼業に手を染め、金で人を殺す暗殺者となっている。
スーザン(メリッサ・レオ)
CIA局員。マッコールのただ一人の友人。彼に惜しみなく協力してくれる。
マイルズ(アシュトン・サンダース)
マッコールの近所に住む高校生。絵描きを目指しているが、それだけで食べてはいけないと考え、悪事に手を出そうとしてしまう。マッコールに雇われ、アパートの壁の落書きを消す。

イコライザー2のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『イコライザー2』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

イコライザー2のあらすじ【起】

ロバート・マッコールは元CIAエージェント。以前はホームセンターで働いていたが、今はタクシー運転手をしていた。瞬時に状況を判断し、どんな相手も数秒で倒すほどの格闘スキルを持つマッコールは、その腕を活かし、今日もタクシーを転がしながら、町の悪党どもを懲らしめていた。

行きつけの本屋の娘が、実の父親によって母親の元から連れ去られた。父親が悪党だったことから、マッコールはトルコまで彼を追いかけて仲間もろとも抹殺すると、少女を救い出して母親の元に帰した。

タクシー運転手は悪党を見つけるには、なかなかに好都合だった。ある時は、乱暴された女性を送り届けろと押し付けられたため、彼女を病院に運ぶと、弄んだ男たちの所に戻り、彼らにきつくお灸をすえた。

マッコールにはビビアンという妻がいたが、すでに亡くなっていた。随分と時間が経っていたがマッコールはまだ悲しみから抜け出すことができていなかった。CIA時代の同僚だったスーザンが元気づけに来てくれても、気持ちは晴れない。

イコライザー2のあらすじ【承】

マッコールの客の一人、老人ホームのサムは、若い頃に家族がバラバラになっていた。姉のマグダを探すことを生きがいにしており、ある時、彼女の肖像画がオークションにかけられているのを発見し、取り戻そうとしていた。だが、絵はマグダとは無関係で、サムがそう思い込んでいるだけだった。マッコールはスーザンに、サムの家族について調べてほしいとお願いする。

ある日、マッコールの住むアパートの壁に落書きがされた。マッコールが壁を綺麗にしていると、マイルズという高校生が通り掛かり、金を払ってくれるなら自分がやってもいいと言いだす。マッコールは、授業をサボらずに放課後にやることを条件に彼を雇った。

ベルギーでCIAの協力者であるカルベルという男が自殺した。スーザンは詳細を知るため、同僚のデイブを連れて現場を見に行くことにした。ブリュッセルの自殺現場を見たスーザンは、自殺に見せかけた他殺であることに気がつく。だが、ホテルに戻った時、彼女は強盗に襲われて殺されてしまった。

マイルズによって落書きが綺麗に落とされた。彼は絵描きを目指していたため、そこに新しい絵を描くと息巻いていた。そんな時、マッコールにスーザンが殺されたと連絡が入る。彼はすぐさまワシントンD.C.に飛んでいき、スーザンの夫・ブライアンから彼女の遺品であるスマートフォンを受け取った。

スマートフォンを解析したマッコールは、かつての相棒だったデイブに接触。マッコールは死んだことになっていたので、デイブは驚きを隠せなかったが、再会を喜んだ。スーザンのことを調べたマッコールは、これはプロの犯行だとデイブに告げた。犯人はすでに何者かに殺されており、デイブは“後始末”されたのだと推察した。二人は協力してスーザン殺しの犯人を突き止めることにする。

カルベルの自殺現場の写真を見たマッコールも、スーザンと同じく、現場に第三者がいたことを突き止めた。そのことをデイブに報告する。

マイルズが薬物のバイヤーたちについて行ったのを見たマッコールは、銃を手に単身、彼らのアジトに乗り込み、マイルズを強引に連れ戻した。マイルズは絵描きでは食べていけないと人殺しになる直前だった。そんな彼にマッコールは、お前は人の死を分かっていない。絵描きの才能をもっと活かせと語った。後日、改心したマイルズはマッコールの部屋の壁を直すと言いだした。

イコライザー2のあらすじ【転】

ある時、マッコールのタクシーに屈強な男が乗ってきた。その男は殺し屋でマッコールに襲い掛かってきたが、難なく返り討ちにすると、男の携帯を奪い、車ごと男の死体を焼き払ってしまった。

殺し屋の携帯は暗号化されており、プロが関与していることは明らかだった。マッコールは携帯に残った電話番号から、黒幕がデイブであることを突き止める。彼に直接、話を聞きに行くと、デイブはことの経緯を語りだした。マッコールが死んだ後、チームは解散された。その後、デイブとチームの仲間たちは裏稼業をするようになり、金で人を殺す暗殺集団となったのだそうだ。

カルベルを殺したのはデイブ達で、CIAの協力者だとは知らなかったという。スーザン殺しの真相は、彼女の調べで、自分たちの裏稼業が知られることを恐れたためだった。マッコールは久しぶりにCIA時代のチームメンバー、アリ、コバック、レズニック達と顔を合わせるが、スーザンを殺した報復として、全員を殺すと宣言する。

彼らの元から去ったマッコール。デイブ達はブライアンを“後始末”しようと彼の家にやってきたが、彼はすでに、マッコールによって安全な場所に逃がされていた。デイブ達はマッコールの家にもやってきた。マッコールはいなかったが、代わりに壁を修理していたマイルズがいた。マイルズに危険が迫ったが、防犯のために付けられた監視カメラと携帯を駆使し、マイルズを本棚の裏の隠し部屋に誘導。デイブ達の発見を免れる。

デイブは壁に掛かっていた絵から、昔、マッコールがビビアンと住んでいた海岸の家に向かったのだと気がつき、そこへと向かっていった。彼らが去ったと安心したマイルズは隠し部屋から出てきたが、そこをデイブに発見され、人質になってしまう。

イコライザー2の結末・ラスト(ネタバレ)

台風が近づいていた。海岸には避難指示が出されており、人は誰もいなくなっていた。マッコールはそこでデイブ達を迎え撃つことにした。程なくして、デイブ達が到着。デイブは高台に登り、そこからマッコールを狙撃しようと考えた。

だが、マッコールの計算された殺しのテクニックにより、アリ、コバック、レズニックと次々に殺されていく。焦ったデイブはマイルズを囮にマッコールを誘い出そうとするが、それも阻止されてしまう。強風でライフルを落とした隙に、高台に上がってきたマッコール。二人は取っ組み合いとなったが、マッコールは圧倒的な強さでデイブを切り刻むと、海へと突き落とした。

マイルズはマッコールによって助け出された。無事にボストンに戻った彼は、アパートの壁に見事な絵を描き上げる。老人ホームのサムの所には、来訪者があった。それは行き別れた姉のマグダだった。殺される前のスーザンがマッコールの頼みを聞き、彼女の居所を探し出してくれていたのだ。サムはマグダと念願の再会を果たしたのだった。

そして、マッコールはビビアンとの思い出が詰まった海岸の家で、ひとり静かに海を眺めていた。

イコライザー2の感想・評価・レビュー

一作目に比べてパワーダウンしている印象。前作は全ての物事に密接な繋がりがあったのに対し、今回は様々なことが起こり、それらが乖離している印象がある。メインとなる三つの話では大切な人の死、生き別れなどの繋がりはあるものの、それらが互いに作用するという感じでもない。アクションも少し物足りなく、敵を震え上がらせるような狂気さがないのが残念。タクシー運転手に転職しているが、欲を言えば、もっとその仕事ならではエピソードがあったらよかった。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 イコライザー

この記事をシェアする