映画『エクソシスト』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「エクソシスト」のネタバレあらすじ結末と感想

エクソシストの概要:突然少女に取り憑いた悪魔を追い払おうと、二人の神父が「悪魔祓い」を決行するも…。言わずと知れたオカルト映画の金字塔。その衝撃的な映像は、後のオカルトブームに多大な影響を与えた。

エクソシストの作品情報

エクソシスト

製作年:1973年
上映時間:121分
ジャンル:ホラー
監督:ウィリアム・フリードキン
キャスト:エレン・バースティン、マックス・フォン・シドー、リー・J・コッブ、ジェイソン・ミラー etc

エクソシストの登場人物(キャスト)

リーガン・マクニール(リンダ・ブレア)
12歳の少女。悪魔に取り憑かれ、考えられない言動や行動を起こすようになる。
クリス・マクニール(エレン・バースティン)
リーガンの母で女優。夫とは別居中。様子がおかしくなった娘を心配し、カラス神父に悪魔祓いを依頼する。
ダミアン・カラス神父(ジェイソン・ミラー)
精神科医でもあり、普段は聖職者を相手にカウンセリングを行う。クリスからの依頼を受け、悪魔祓いを行おうと教会に掛け合う。
メリン神父(マックス・フォン・シドー)
イラクでの発掘調査を切り上げ、アメリカで執筆活動をしていたところ、教会から悪魔祓いを依頼される。過去に悪魔祓いで命を落としかけたことがある。
シャロン・スペンサー(キティ・ウィン)
リーガンの家庭教師。女優業で忙しいクリスに代わってリーガンの面倒を見ることが多い。
バーク・デニングス監督(ジャック・マッゴーラン)
女優であるクリスとは懇意な仲。リーガンの面倒見を依頼された日に、不可解な死を遂げる。
キンダーマン警部(リー・J・コッブ)
バークの死を聖職者によるものだと疑い、カラス神父に捜査協力を依頼する。

エクソシストのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『エクソシスト』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

エクソシストのあらすじ【起】

イラク北部で遺跡の採掘を行うメリン神父は、ある日厳めしい顔つきの偶像を発見する。それはメソポタミア文明の神話に登場する悪魔パズズを表したものであった。

アメリカはジョージタウン。女優のクリス・マクニールは、愛娘のリーガンと家庭教師のシャロンと暮らしている。ここ最近、マクニール家では夜中になると屋根裏で不審な物音がしており、娘もベッドが揺れて眠れないと言うようになっていた。一人で騒ぐリーガンのことが心配になったクリスは、娘を病院に連れて行く。するとリーガンは診察中に暴言を吐きまくり、いつもの様子と違っていた。リーガンには悪魔が取り憑いていた。

同じ町で暮らす神父のダミアン・カラスは、聖職者を相手にカウンセリングを行うのが仕事であった。そんな彼は、時折ニューヨークに赴いて認知症の母の面倒を見ていた。ある日叔父に連れられ、母を入院させたという精神病院に行くと、母は息子に裏切られたと悲しんでいた。見かねた息子は母を自宅に戻すも、まもなく母は自宅で孤独死する。

エクソシストのあらすじ【承】

マクニール家ではパーティーが開かれていた。クリスと親交の深い映画監督のバークは、酔っぱらって他人と口論を始めたため、クリスとシャロンに追い出された。その後、楽しく盛り上がる会場だったが、寝ていたリーガンが下の階に降りてきて暴言を吐く。ベッドで落ち着かせる母だったが、娘のベッドが激しく揺れだす。後日もう一度医者に診てもらうも、脳の障害だと診断さる。娘の異常な言動や行動を目の当たりにしていたクリスは、全く納得がいかない。その後も娘の奇行は悪化する一方だった。

クリスが病院から帰宅すると、いるはずのシャロンが不在で、リーガンは窓が開きっぱなしの部屋で眠っていた。帰ってきたシャロンにクリスが問い詰めると、監督のバークに留守番を頼んでいたという。そこへ友人がやってきて、二人にバークが死んだことを伝える。事故死だろうとのことだったが、実際はリーガンが窓から彼を突き落としたのであった。

いつものようにランニングするカラス神父のもとへ、キンダーマン警部が訪れる。警部はバーク監督の死亡事件の捜査協力を依頼する。死体の不自然さや、最近あった教会での事件などに鑑みて、キンダーマン警部は聖職者による犯行だと踏んでいた。仕事柄、他の聖職者の内情に詳しいカラス神父だったが、守秘義務があるとして捜査協力は拒否した。

エクソシストのあらすじ【転】

病院で医師たちと話し合うクリスは、最後の手段として悪魔祓いの提案を受ける。医師たちは、あくまでもリーガンの病気は思い込みによるものだとするも、悪魔による仕業以外に無いと考えたクリスは、カラス神父に悪魔祓いを依頼する。精神科医でもあるカラス神父も、この世に悪魔は存在しないと主張するも、クリスから娘を見てほしいと懇願され、リーガンの様子を見に行く。

明らかに少女とは思えない容貌に変わり果てたリーガンだが、悪魔が取り憑いているという決定的な証拠が無いとして、彼もクリスに、リーガンはただの精神異常だと伝える。しかし、リーガンが知らないはずであるのに、カラス神父の母の死について言及したことなどは、悪魔の仕業に違いないと彼自身も分かっていた。悪魔が取り憑いたという証拠さえあれば、教会から悪魔祓いの許可が下りるため、カラス神父はその後もリーガンを観察し続けたのだが、確証が得られないままであった。

そんなある晩、カラス神父のもとに一本の電話が掛かってきた。シャロンから急いで来てほしいとの連絡を受け、彼はすぐさまリーガンのもとへ向かった。シャロンが眠っているリーガンの服をめくりカラス神父に見せると、お腹には「Help Me」の文字が浮かんでいた。これ以上放っておけないと、カラス神父は自ら悪魔祓いを行うため教会に赴いた。事情を理解した教会側は、悪魔祓いの経験のあるメリン神父を派遣することにする。メリン神父はイラクから帰国後、アメリカで執筆活動中であった。

エクソシストの結末・ラスト(ネタバレ)

マクニール家に着いたメリン神父は、カラス神父と共に悪魔祓いを行うが、リーガンに取りついた悪魔は激しく抵抗する。悪魔側の抵抗が一旦落ち着きを見せたところで、悪魔祓いは一度中断した。洗面所に向かったメリン神父は、持病で手が震えだしたため、薬を取り出す。その後、カラス神父が重い腰を上げリーガンの様子を見に行くと、メリン神父がベッドに突っ伏して死んでいた。

憤怒したカラス神父は、リーガンを乱暴に抑え込みながら「私に乗り移れ」と連呼する。すると悪魔は彼に取り憑き、今度はカラス神父の体でリーガンを襲おうとする。しかし、カラス神父の強い意志が一瞬勝り、彼は窓から飛び降りて自ら命を絶った。泣きじゃくるリーガンだったが、悪魔はもういなくなっていた。

後日、体力が回復したリーガンと母クリスは、今まで暮らしていた家を離れることに。そこにカラス神父の友人ダイアー神父が訪れ、二人に別れを告げる。二人が去った後、ダイアー神父はカラス神父が亡くなった現場を物憂げに見降ろしていた。

関連作品

次作 エクソシスト2

この記事をシェアする