「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの概要:人気ブログの著者、マイディーのブログを映画化。仕事人間の父が突如、会社を辞めてしまった。息子は父が会社を辞めた理由を知るべく、オンラインゲームにて正体を隠し共に冒険することで父の真意を知ろうと奮闘する。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの作品情報

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

製作年:2019年
上映時間:114分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:野口照夫、山本清史
キャスト:坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香 etc

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの登場人物(キャスト)

岩本アキオ(坂口健太郎)
広告代理店に勤務しているサラリーマン。ファイナルファンタジーⅩⅣのコアプレイヤーで、多くの仲間とチームを組んでいる。ユーザー名はマイディー。父暁の辞職理由を知るべく「光のお父さん計画」を立案し、正体を隠して父と旅の仲間になって交流を深める。仲間思いで決断力がある。
岩本暁(吉田鋼太郎)
アキオの父。仕事人間で家におらず、家族と過ごす時間が極端に少なかった。実はゲーム好きだが、アキオが幼い頃にファイナルファンタジーをプレイして以来、ゲームをしたことがない。がんを患っていることを誰にも明かさずにいる、とても不器用な人。
井出里美(佐久間由衣)
アキオの会社の同僚で、アキオに好意を寄せている。アキオの影響からFF14に嵌り、自らもコアプレイヤーへと成長。ゲームを通じて交流を深め、頼りがいのある存在になる。
岩本由紀子(財前直見)
暁の妻でアキオの母。非常におおらかで、不器用な夫を温かい目で見守っている。とても明るい専業主婦。家族とも良い距離関係を築いている。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんのあらすじ【起】

広告代理店に勤務する岩本アキオは、オンラインゲームのファイナルファンタジーⅩⅣ(以下、FF14)にてマイディーという名のコアプレイヤーである。ゲーム内での彼は自らのチームを持ち仲間達と日夜、強大な敵を倒し他愛無い会話を楽しんでいた。

そんなある朝、母由紀子から父暁が専務へと昇進するというめでたい知らせを聞く。父は現在、単身赴任中で家には母とアキオ、妹しかいない。だが、その知らせは会社の同僚の奥さんから聞いたというもので、暁自身からは聞いていないと言う。暁は元々、無口なタイプで何を考えているか分からない人だった。典型的な仕事人間であまり家におらず、アキオや妹は家族に興味のない人なのだろうと思っていた。

ところが、その父が突如として会社を辞め、自宅へと帰って来る。しかし、暁は会社を辞めた理由を誰にも明かさないのだった。アキオは会社の先輩にもこのことを相談。先輩も最近、父親を亡くしたばかりだったため、亡くなってから知らなかった父親の姿を周囲から聞いたという話を聞く。その会話をきっかけにアキオは幼い頃、父とゲーム、ファイナルファンタジーを共に楽しんだことを思い出すのだった。

実は密かにゲーム好きだった暁。父との唯一の思い出が一緒にゲームを遊んだことだったアキオは、FF14内の仲間にも相談。そうして、現在の父がどういう人物なのか知るべく暁をFF14の世界へ誘い、正体を隠して共に冒険しようと考える。ゲーム内ではプレイヤーを光の戦士と呼称することからアキオは仲間達の協力を得て、題して「光のお父さん計画」を遂行することに決めるのだった。

早速、退職祝いと称してゲームの本体であるプレイステーション4とソフトを暁へとプレゼント。だが、父の反応はあまりいいものではなく、アキオは父の様子をそっと見守ることにした。すると、翌日。何を思ったか暁がゲームを始める。ひとまずは家族でプレイヤー作成を見守ったが、プレイヤー名で一悶着。結局、インディ・ジョーンズに決定した。初期段階でプレイを始めたのを見計らって、アキオもログイン。何かと妹を通して分からないことを聞く父が順調にプレイする様子を仲間と共に見守り続けた。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんのあらすじ【承】

そんなこんなで一週間。暁が急にFF14へログインしなくなる。アキオは様々な理由を想定したが、直接聞くことも躊躇われる。妹がゲームについて話題を振ってくれたため、父がゲームをしなくなった理由がようやく明らかに。装備変更の仕方が分からず、道に迷って雪国へ来てしまい恥ずかしくてプレイできなかったというまさかの理由である。着替え方を教えると暁は喜んでゲームへと戻ってきた。そこで、アキオは父が初心者であることを考え、半ば無理矢理にでもフレンド申請しようと決める。そうして、偶然を装って話しかけ無事にフレンドとなるのだった。以降は父と共に冒険を続けることに。

順調に冒険が進む中、アキオへと密かに好意を抱く会社の同僚、井出里美は彼がFF14をプレイしていると知り自らもゲームをしてみる。すると、彼女もゲームに嵌ってしまい、これがきっかけとなってアキオと距離を縮める。そんな時、アキオは会社での仕事が忙しくなり、しばらくゲームへとログインできない日が続いた。

久しぶりにログインできた頃には、父はゲームに馴染み以前とは違ってかなり軽快になっていた。仲間から父の様子を聞いてはいたが、これほどとは思わなかったアキオ。父は好調で遅い時間にも関わらず、ボスを倒しに行こうと誘ってくる。ボス戦は心身共に疲弊するため、時間がある時の方が良いのだが、やる気を出している父の誘いを断るわけにもいかない。

そこで、アキオは仕方なくボス戦へ挑むことにした。ところが、このボスが中々の曲者で何度やっても暁は敵からの攻撃予兆を避けることができない。父と息子はチャットにて散々、会話を交わしたが、その日は結局ボスを倒すことができなかった。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんのあらすじ【転】

一方、仕事で大きなチャンスを迎えたアキオは残業して帰宅。父が攻略本を購入し熟読してまでゲームに打ち込んでいることを知り、改めて暁と共にボス戦へと挑んだ。その後、アキオはゲーム内にてプレゼンに関して父に相談。ちょっとしたアドバイスを受け、諦めずにプレゼンの内容を見直すことにした。

そのお陰もあってアキオはプレゼンを見事に成功させ、大企業の広告権利を獲得。このことで井出里美とFF14内で初めて会うことに。ところが、そこへ暁も現れ危うく正体を明かされそうになる。井出里美をチームへ迎え入れたアキオは、仲間内での会話で妹が彼氏を連れて来るという話を父から聞くのだった。

妹の彼氏はお笑い芸人で結婚を前提に付き合っているらしい。そのせいで、父は断固認めないと強気の態度。だが、妹はこれまでの家族に対しての父の態度に憤り、彼氏と共に家を出て行ってしまう。これには由紀子も怒り、ゲームをプレイ時間に制限を設けてしまうのだった。1日1時間という短い時間の中、父は憤りを晴らすべくボス戦で奮闘。だが、由紀子の妨害に遭い強制的にログアウトさせられてしまう。その後、日付が変わってすぐログインし、残っていたアキオに再びボス戦へ行こうと誘ってくる。そこで、アキオは暁を宥め、妹の彼氏のことをもう少し知ってからでもいいのではないかとアドバイスするのだった。

暁はアキオのアドレスに従い、妹の彼氏が出演する劇場へ。そのお陰もあって娘と和解することができるのである。改めてゲーム内で、フレンドで良かったと互いに親愛を深めた。本音で語り合えるオンラインゲームは、今や父と子が交流を深める大切なツールとなっていた。そこで、アキオは最終目標であるツインタニア討伐へ向かおうと決める。

ツインタニアはこれまでのボスと違って桁違いに強く、パーティーの誰かがちょっとミスしただけでも負けてしまうため、通称大縄跳びと呼ばれている。討伐を決めたある夜、父が直接アキオの部屋にやって来て、ツインタニア攻略の教えを乞う。これまでにない行動であったため、アキオは様々なアドバイスをしたが、不安を抱いた暁は討伐時に共にいて欲しいと言う。だが、アキオは正体を隠してパーティーに加わるため、仕事を理由にやんわりと断った。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの結末・ラスト(ネタバレ)

攻略には井出里美も加わる。仲間にも協力を頼み決戦日を金曜の夜9時と定めた。ところが、夕方になって暁が体調を崩し救急搬送されてしまう。
その知らせがアキオにも入った頃、会社の上司がアキオの働きを認め海外への派遣チームへ推薦すると決まる。

慌てて病院へ向かったアキオは、母と妹の3人で暁ががんであったことを医師から知らされ愕然とする。父は入院して精密検査を余儀なくされたが、病室へ向かうと暁の姿が消えていた。急いで周辺を探し回ったが、見つからない。そこへ、井出里美から連絡が入る。じきに決戦の時間を迎えようとしており、父もすでにログインして張り切っていると言うのだ。

アキオは急いで自宅へ戻りログイン。すると、井出里美の言う通り暁は近場のネットカフェからFF14へログインしていた。止めようとも思ったが、父は命の危険を顧みずにやる気を漲らせている。そこで、アキオは父の思いを無下にせず、ツインタニアとの戦いへと挑むことにした。

仲間達と共に激しい戦いを繰り広げ、強大な敵へと挑み続ける。そうして、父と子は同じ思いでとうとうツインタニアを倒した。その後、暁は共に戦った仲間達の前で病気であることを明かし、しばらく入院するため、ログインできないと話す。父はその場でこれまでの経緯を吐露し、病気で仕事を辞め手術へ挑む勇気も持てず、家族とやり直そうとしたが、不器用であるためにそれもできずにいた。だが、FF14で遊ぶことでアキオとゲームをしていた頃のことを思い出し、病気へと立ち向かう勇気を得たと言う。アキオは涙ながらに父へと正体を明かし、心からのエールを送った。

ゲームを通じて息子とずっと共にいた暁は、病院へ戻り手術を受けることに。家族に囲まれた父は穏やかな表情で、がんを倒して来ると笑みを浮かべる。手術室へ向かう父を見送りながら、アキオは父こそが本物の光の戦士なのだと思った。

その後、アキオは海外へ栄転。海外へ行ってもFF14をプレイしている。父も手術を乗り切り自宅にてログインし、息子や仲間達と共に冒険を続けている。時間の差異はあるものの、距離など関係ないオンラインゲームで父と子はこれまでにないほど、密接に交流しているのであった。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの感想・評価・レビュー

原作はハンドルネーム、マイディーが綴っていたブログで、ゲーム好きの60歳の父にFF14で親孝行したいという計画を決行。その経緯や経過をブログに綴り、注目を浴びたことから書籍化、テレビドラマ化や映画化に至る。マイディーのブログは累計300万アクセスという人気ブログになった。

作中には実際にプレイしたゲーム映像が織り込まれるという初の試みが成されている。それだけでもかなり画期的というか、類を見ない。個人的にはFFファンであることから書籍やドラマも観たが、映画でもオンラインゲームで父と子が交流を深め、その面白さが充分に描かれていると思う。父を思う息子の心と、本音で語り合えるオンラインゲームの素晴らしさが描かれており、とても胸を打つ作品である。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする