「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の概要:iPhoneで撮影を行った前作『タンジェリン』が話題となった、ショーン・ベイカーが監督を務めた作品。ディズニー・ワールドの近くにあるモーテルで暮らす、貧困層の親子とその周りの人々を描いている。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

製作年:2017年
上映時間:112分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ショーン・ベイカー
キャスト:ウィレム・デフォー、ブルックリン・キンバリー・プリンス、ブリア・ヴィネイト、ヴァレリア・コット etc

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の登場人物(キャスト)

ムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)
6歳の少女。母親のヘイリーとモーテル「マジック・キャッスル」で暮らしている。とてもやんちゃで、大人に注意されても言い返すくらい強気な性格。
ヘイリー(ブリア・ヴィネイト)
ムーニーの母親。シングルマザーで、一人でムーニーを育てている。定職はなく、偽物の香水などを売ってモーテルの宿泊代を稼ぐ。言葉遣いはあまり綺麗ではなく、気に入らないことを言われるとすぐに喧嘩腰になる。ムーニーのことはとてもかわいがっている。
スクーティ(クリストファー・リヴェラ)
ムーニーたちの下の階で暮らす少年。いつもムーニーと一緒に遊んでいる。空き家で火事を起こしたことを母親のアシュリーに気づかれてしまい、ムーニーと遊ぶことを禁止されてしまった。
ジャンシー(ヴァレリア・コット)
ムーニーたちの隣のモーテル「フューチャーランド」で暮らす少女。ムーニーたちが祖母ステイシーの車に唾を吐き、その掃除をしたことがきっかけで仲良くなった。
ボビー(ウィレム・デフォー)
「マジック・キャッスル」の支配人。ムーニーやヘイリーによく迷惑をかけられている。苦しい状況にいる彼女たちのことを心配していて、ときには力になってくれる。
アシュリー(メラ・マーダー)
スクーティの母。働いているレストランのワッフルなどをムーニーたちに分けてくれていた。ヘイリーとは友人だったが、空き家での火事をきっかけに険悪になってしまう。
ディッキー(エイデン・マリク)
「フューチャーランド」で暮らしていて、ムーニーたちとよく一緒に遊んでいた少年。ステイシーの車に唾を吐いたことがきっかけで父親に怒られ。外出禁止になる。その後、引っ越しが決まった。
ステイシー(ジョシー・オリーヴォ)
ジャンシーの祖母。娘が15歳のときにジャンシーを産んだため、代わりに面倒を見ている。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のあらすじ【起】

6歳の少女ムーニーと母親のヘイリーは住む家を持たず、フロリダ州のディズニー・ワールドに近いモーテル「マジック・キャッスル」で暮らしている。ヘイリーは定職がなく、偽物の香水をホテルの観光客に売るなどして日銭を稼ぎ、1週間ごとにモーテルに宿泊代を支払っていた。

ムーニーは、下の階に住むスクーティ、そして隣のモーテル「フューチャーランド」で暮らしているディッキーという2人の少年といつも遊んでいた。ある日、3人は「フューチャーランド」に新しく来た客の車に向かって、2階から唾を吐くという遊びをしていた。すると、車の持ち主であるステイシーに気付かれ、降りてきて掃除をするように言われる。3人は悪びれもせず、ステイシーに悪口を言いながら逃げ出した。途中、ディッキーは父親に見つかってしまい叱られるが、ムーニーとスクーティは「マジック・キャッスル」まで逃げ帰った。

しかし、ステイシーは孫のジャンシーたちを引き連れて苦情を言いにきた。ムーニーとスクーティはヘイリーに連れられて車を掃除しにいくことになった。ジャンシーが掃除を手伝ってくれたため、ムーニーとスクーティは彼女と仲良くなることができた。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のあらすじ【承】

父親に怒られたディッキーは1週間外出禁止になってしまったため、ムーニーとスクーティは代わりにジャンシーを遊びに誘った。アイスクリーム屋に来る人にお金をねだり、ソフトクリームを1つだけ買ってみんなで分けあったり、モーテル内の立ち入り禁止の部屋に入ってブレーカーを落としたりするのがムーニーたちの遊びだ。自分たちが貧困層であることをまだ理解していない彼女たちは、街の至るところを探検して刺激的な毎日を過ごしていた。いたずらばかりで注意しても口答えするムーニーたちにボビーは手を焼いていたが、同時に心配もしていて、安全に過ごせるよう見守っていた。

ムーニーとヘイリーの日々の食事は、たまにモーテルで行われる食料配給でもらうパンや、スクーティの母アシュリーが働くレストランで横流ししてくれるワッフルが主だった。夜になりムーニーが寝静まったころ、ヘイリーはたびたびアシュリーと街へ遊びに出かけた。そこではアシュリーの職場での愚痴を聞いたり、恋愛の話をしたりして、2人は良き友人だった。

外出禁止が解かれたあと、ムーニーたちはまたディッキーとも遊ぶようになった。しかしほどなくして、ディッキーはモーテルから出て行くことが決まった。ムーニーたちは「フューチャーランド」までディッキーを見送りに行った。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のあらすじ【転】

ムーニー、スクーティ、ジャンシーの3人は少し足を伸ばして、空き家が連なる場所に来ていた。中に入って探検をし、残されていた布団を暖炉に入れて、スクーティが持っていたライターで火をつける。すると「マジック・キャッスル」からも煙が見えるほどの大きな火事になってしまった。絶対に内緒にするようムーニーは念を押し、3人は疑われないようにそれぞれの家へと帰った。しかし、スクーティだけはアシュリーに火をつけたことを勘付かれてしまった。

翌日、ムーニーがスクーティを呼びに部屋まで行くと、アシュリーが出てきた。そして、スクーティとはもう遊ばないように言われてしまう。それを聞いたヘイリーは、アシュリーに直談判するため、ムーニーを連れてレストランへ向かった。しかし、アシュリーはもうスクーティとは遊ばせない、ワッフルもあげない、と言うだけで訳は教えてくれない。その態度にヘイリーも腹を立て、友人だった2人の仲は険悪になってしまった。

ヘイリーとムーニーはたびたび近くのホテルへ出向き香水を売っていたが、ある日、通りがかった係員に見つかる。なんとか逃げ切れたが、香水は没収されてしまい、売り続けることはできなくなった。ムーニーは一人でお風呂に入り、音楽を流しながらおもちゃなどで遊ぶことが増えていった。ヘイリーが売春をしていて、客が部屋にやってくるとムーニーをお風呂に入らせるためだった。

ヘイリーはある夜アシュリーの部屋へ行き、謝った上で家賃を貸してほしいと頼み込んだ。しかしアシュリーは、ヘイリーが売春していることを非難する。さらに皮肉を言ってきたためヘイリーは激怒し、アシュリーに馬乗りになって何度も顔を叩いた。部屋に戻るとトイレで嘔吐し、心配するムーニーの声にも答えず泣き続けるのだった。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の結末・ラスト(ネタバレ)

香水を売りに行っていたホテルにムーニーを連れていくヘイリー。そのまま宿泊客用の朝食ビュッフェ会場へと向かった。ムーニーは大喜びで、たくさんの料理をとって堪能する。その楽しそうな様子を、ヘイリーは思い詰めた表情で眺めていた。途中で係員がやってきて、宿泊している部屋番号を聞いてくる。ヘイリーは平然とモーテルの部屋番号を伝えて誤魔化し、ムーニーと目を合わせるといたずらっぽく笑った。

部屋に帰ると、児童家庭局と警察の人々が来ていた。おそらくアシュリーが通報したのだった。ヘイリーがインターネット上に出していた売春の広告のことや、部屋への男性の出入りを指摘される。ヘイリーは取り調べを受けることになり、ムーニーは里親へ出されることになった。ムーニーは児童家庭局の職員に手を引かれ、部屋の外へ連れていかれる。そして、少しの間楽しいところへ行って遊ぶのだと説明された。

ムーニーはスクーティに別れの挨拶をしたいと言い、彼の部屋に職員と行く。アシュリーの発言で里親に出されるのだということを知ると、職員に従っていたムーニーは抵抗し始めた。職員がヘイリーの元へ戻り。落ち着かせるのを手伝ってほしいと頼むと、なぜ娘が連れ去られるのを手助けしなければならないのか、とヘイリーは怒り出す。そして、職員の制止も聞かず暴れながら悪態をついた。

職員が呼び止めるのを無視して、ムーニーはジャンシーのモーテルへ向かう。もう会えないと思うとジャンシーに伝えると、堰を切ったように涙が溢れ出した。突然のことにジャンシーは戸惑った様子だったが、泣きながら別れを告げるムーニーを見て、意を決した表情で彼女の手をとって走り出す。2人は走り続け、モーテルのすぐ近くにありがながらも1度も行ったことのなかったディズニー・ワールドへと辿り着いたのだった。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の感想・評価・レビュー

ムーニーは定職を持たない母親のヘイリーとモーテルで暮らし、人にもらうか配給で食料を手に入れている。とても苦しい生活を送っているはずなのだが、まったく悲壮感は感じられず、冒険といたずらに明け暮れるムーニーの毎日はきらきらして見えた。だからこそ、香水を売っているのを咎められるシーンや、ムーニーが一人でお風呂に入り遊んでいる理由がわかった瞬間には、厳しい現実を突きつけられているようで胸が苦しくなった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする