映画『フォーカス』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「フォーカス」のネタバレあらすじ結末と感想

フォーカスの概要:ジェスはスリをしたり男性を騙したりして生活をしていた。ある日、レストランで出会った男性を騙そうとするが、詐欺だとバレてしまう。その男性ニッキーは、天才詐欺師だった。ジェスはニッキーにお金の稼ぎ方を教えてもらうことにした。

フォーカスの作品情報

フォーカス

製作年:2015年
上映時間:105分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
キャスト:ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ロドリゴ・サントロ、ジェラルド・マクレイニー etc

フォーカスを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『フォーカス』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

フォーカスの登場人物(キャスト)

ニッキー(ウィル・スミス)
天才詐欺師。30人の仲間と共に、犯罪グループを組織している。
ジェス(マーゴット・ロビー)
施設で育つ。スリをしたり男性を騙したりしながら生活をしていた。ある日、ニッキーと出会い、彼の犯罪グループの仲間に入れてもらう。
ガリーガ(ロドリゴ・サントロ)
モーターレースチームのオーナー。ジェスと付き合っている。嫉妬深い性格。
オーウェンズ(ジェラルド・マクレイニー)
ガリーガの部下。本名はバッキー。ニッキーの義父。

フォーカスのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『フォーカス』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

フォーカスのあらすじ【起】

レストランにいたジェスは、男性に付き纏われていて困っていた。近くの席に座っていたニッキーに助けを求め、彼氏の振りをして欲しいと頼んだ。ジェスはニッキーと楽しい時間を過ごし、部屋に招いてベッドを共にした。すると、そこにジェスの夫が帰ってくる。夫は激しく怒り、間男のニッキーに銃を突きつけた。しかし、ニッキーは全く動じていなかった。お金を奪うための芝居だと気づいていたのだ。

ニッキーはジェスを誘って飲みに出かけた。ニッキーは詐欺師として、詰めの甘いジェスに苦言を呈した。ニッキーの祖父は胴元をしていて、父はサクラだった。ある日、合図が見破られてしまい、相棒だとバレてしまう。銃に囲まれた絶体絶命の中、父が助かる唯一の方法は祖父を撃って仲間ではないことを証明することだった。父は急所を外して撃つが、祖父は亡くなってしまう。詐欺の世界は、気を抜けば死んでしまう危険な世界だった。ジェスはニッキーに教えを乞うた。ニッキーはジェスにスリの極意を教えた。

ニッキーはジェスに頼み、ジェスが率いる犯罪グループの仲間に入れてもらう。犯罪グループは30人で構成されており、稼いだお金は皆で山分けしていた。ジェスとニッキーは一緒にいる内にお互い惹かれ合い、ベッドを共にすることになる。

フォーカスのあらすじ【承】

ニッキー達の犯罪グループは、経費を引いて120万ドルのお金を稼いだ。それは、今までにないほどの売り上げだった。ニッキー達は明日の作戦を決行した後、使った物を全て焼却して撤収することにした。稼いだお金はニッキーが預かり、後で送金することになった。

ニッキーは会場に行き、ジェスとアメリカンフットボールの試合を観戦した。しかし、ジェスはニッキーと出かけられたことが嬉しかっただけで、試合には興味がなかった。ニッキーは観客がどんな行動を起こすか言い当てるゲームをすることにした。2人が少額を賭けて遊んでいると、近くにいた男性リ・ユァンが仲間に加わりたいと言い出した。リ・ユァンは掛け金をどんどん上げていった。負け続いたニッキーは引っ込みがつかなくなり、全額を賭けて勝負を行った。しかし、負けてしまう。

リ・ユァンに挑発されたニッキーは、リ・ユァンが好きな選手を選びそれを当てるゲームをしようと提案した。ニッキーは嫌がるジェスに、リ・ユァンが選んだ選手を当てさせた。望遠鏡で選手を確認したジェスは、自分達の仲間のファーハドが55番のユニフォームを着ていることに気づく。その55番こそ、リ・ユァンが選んだ選手だった。

リ・ユァンは伝説のギャンブラーで、巨額の現金で賭けをすることで有名だった。ニッキーはリ・ユァンから金を奪うため、1日かけて「55」という数字とファーハドの顔を見せ続け、選ぶよう仕向けていた。ジェスはニッキーの天才的な計画に興奮するが、ニッキーの表情は曇っていた。ニッキーはジェスにお金を渡し、去っていった。ジェスは突然の別れに涙した。

フォーカスのあらすじ【転】

3年後。ニッキーはモーターレースチームのオーナーのガリーガに仕事を依頼される。その内容は、敵対チームのオーナー・マキューエンを騙して欲しいというものだった。ニッキーはガリーガのチームに不満を抱いているエンジニアとして、マキューエンに接触することにした。ガリーガの部下のオーウェンズは、ニッキーのことを信じておらず仕事がうまくいくか不安を抱く。

ニッキーはガリーガとうまくいっていないことをアピールするため、ガリーガとクラブで喧嘩することにした。クラブに行くと、ガリーガの傍には美しくなったジェスの姿があった。ジェスは詐欺を止めてガリーガと付き合っていた。ジェスはガリーガに過去のことを話していなかったため、ニッキーに他人の振りをしてくれと頼んだ。

ニッキーはジェスとガリーガの関係に嫉妬し、お酒を飲んだ。それに気づいたオーウェンズは苦言を呈した。酔っ払ったニッキーは、本気でガリーガを殴りつけた。オーウェンズがすぐにニッキーを羽交い絞めにし、外へと連れ出した。ニッキーはやり過ぎてしまったが、作戦は何とかうまくいき、マキューエンの関係者が接触してきた。

ニッキーはマキューエンと会い、ガリーガを裏切ってEXRエンジンを提供すると話を持ちかけた。しかし、ジェスのことが気になって、会話に集中することができなかった。ニッキーはジェスを呼び出して一緒にいたいことを伝えるが、嘘だと思って信じてもらえなかった。

フォーカスの結末・ラスト(ネタバレ)

ニッキーはファーハドにジェスの説得を頼んだ。ファーハドはこの3年間、ニッキーが仕事を行っていないことをジェスに伝えた。さらに、ジェスが気に入っていたネックレスを、ニッキーはずっと持ち続けていることを伝えた。ジェスはネックレスを着けてニッキーに会った。ニッキーはジェスに真摯に思いを伝えた。ジェスの心は揺れ動くが、信じ切ることはできず立ち去った。

ニッキーが部屋に帰ると、ジェスがショックを受けた様子で待っていた。ガリーガに何かされたのかと思うが、ジェスは何も言わなかった。2人はキスをして、ベッドを共にした。2人がベッドにいると、オーウェンズが訪ねてきた。ジェスは急いで身を隠した。オーウェンズはEXRエンジンのデータを置いて立ち去った。

ニッキーはEXRエンジンのデータをマキューエンだけではなく、他のモーターレースチームにも売り捌いて金を稼いだ。しかし、そのことがガリーガにバレてしまう。ニッキーはすぐに逃げず、ジェスの来訪を待った。約束の時間を過ぎてもジェスが来なかったため、ニッキーは諦めて1人で逃げることにした。ドアを開けると、ジェスがいた。ニッキーは喜び、ジェスと一緒に逃げた。

ニッキー達は捕まり、ガリーガの元に連れて行かれる。ガリーガはジェスを人質に取り、EXRエンジンのデータを盗んだ方法を尋ねた。ニッキーはジェスのネックレスに細工を施し、パソコンのパスワードを手に入れてデータをダウンロードしたことを打ち明けた。しかし、嘘だとバレてしまう。ジェスは一度もパソコンがあるガリーガの部屋に入ったことはなかった。ジェスはガリーガの腕時計を狙っていただけで、恋人ではなかった。ニッキーが真実を話そうとしたとき、オーウェンズに撃たれてしまう。ジェスはニッキーの傍に寄り、死なないでくれと縋った。ガリーガは不利益を被るのが嫌で、その場を逃げた。

オーウェンズはニッキーの仲間で、義父だった。ジェスに手伝わせ、ニッキーに応急手当てを行った。オーウェンズは女性に現を抜かすニッキーに悪態を吐きながら、病院まで車で運んだ。ニッキーは父に捨てられたことが心の傷になっていたが、捨てたのには理由があった。オーウェンズは仕事でトラブルになり、殺されそうになったことがあった。その時、思い浮かんだのはニッキーだった。情が命取りになる世界だったため、仕事を続けるにはオーウェンズはニッキーと離れるしかなかったのだ。ニッキーは仕事よりも、ジェスへの愛を選んだ。オーウェンズは全額回収し、クリスマスに再会することを約束して去っていった。

ニッキーはこれからの生活を考えて途方に暮れた。ジェスはそんなニッキーに、傍にいることを約束した。ジェスの腕には、いつの間にかガリーガから盗んだ腕時計が嵌っていた。

フォーカスの感想・評価・レビュー

ニッキー役のウィル・スミスの演技がとても上手くて、ニッキーは本当のことを言っているのか、嘘を言っているのか分からなかった。先の展開が読めないため、最後までドキドキハラハラさせられる映画でとてもおもしろかった。ジェス役のマーゴット・ロビーは可愛さと綺麗さを兼ね備えた人物で、女詐欺師の役がピッタリと合っていた。3年前と3年後の雰囲気もガラッと変わっており、美しく成長した姿がきちんと表現されていた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする