映画『学校の怪談4』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「学校の怪談4」のネタバレあらすじ結末と感想

学校の怪談4の概要:有名な児童書『学校の怪談』を原作とした映画シリーズ、『学校の怪談』の第四弾。大人も事件の主要人物になっていた前作までとは異なり、今作では基本的に子供達だけで事件に直面し解決していくスタイルとなっている。

学校の怪談4の作品情報

学校の怪談4

製作年:1999年
上映時間:99分
ジャンル:ホラー
監督:平山秀幸
キャスト:豊田眞唯、広瀬斗史輝、笑福亭松之助、皆川優紀 etc

学校の怪談4の登場人物(キャスト)

安西弥恵(豊田眞唯)
兄と共にはまゆり荘へとやってきた、小学4年生の女子。兄を幽霊に攫われてしまい、彼を取り返すため、とある行動に出る。
安西恒(広瀬斗史輝)
弥恵の兄。その名前故に、尋常小学校に眠る亡霊達に声をかけられる。未だこの世を彷徨う彼女達を救おうと奮闘する。
関川幸一(笑福亭松之助)
町の文房具屋。大正12年に起きた、津波事件の唯一の生き残り。実は、彼は既に……。
ユキコ(森安加代子)
幸一と共にかくれんぼをしていた少女。隠れんぼをする際、幸一に「見つけてね」と声をかけた後、津波に飲まれ命を落とした。
サカエ(春名美咲)
共に隠れんぼをしていた一人。須美子の前に突如として現れ、彼女を攫ってしまう。
ススム(内海卓哉)
隠れんぼ中に命を落としたうちの一人。テツオと共に、護をどこかへと誘拐していく。
テツオ(小此木優也)
大正12年、津波に飲まれ命を落とした。現代になり突如として現れ、周治をどこかへと攫っていってしまう。

学校の怪談4のネタバレあらすじ

映画『学校の怪談4』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

学校の怪談4のあらすじ【起】

大正12年の夏、とある悲しい事件が起きた。その日、戸野崎町にある戸野尋常小学校に通う小学生5人がかくれんぼをして遊んでいた。しかし、その時なんと大津波が学校に接近していた。鬼役だった関川幸一を除く、ユキコ、テツオ、サカエ、ススムにはその危険を知らせる警鐘は聞こえず、4人はそのまま波に飲まれ亡き人となってしまったのだった。

そして、時代は巡り現代。その頃戸野崎町に大型台風が接近していた。旅館『はまゆり荘』に、経営者の晴美の甥にあたる安西恒と妹の弥恵が遊びにやってきた。晴美の娘であるあゆむは、同じ年頃の彼らを歓迎し、台風が去った翌日、共に外に遊びに出かけるのだった。あゆむは、新しく建て替えられた戸野崎尋常小学校を彼らに紹介する。

一方、その台風の後、戸野崎町に不可解な事件が起こっていた。謎の古いランドセルを見つけ、それを処分した児童会長の周治が突如として行方不明になってしまったのである。また、周治だけでなく、悪ガキの護まで姿を消してしまったのだ。

学校の怪談4のあらすじ【承】

実は彼らは、あの津波で死んだはずのテツオとススムに、それぞれどこかへ連れ去られてしまったのである。また、恒も不可解な現象に見舞われる。かつての尋常小学校に突如として飛ばされた彼は、ユキコとサカエに「見つけて」という言葉をかけられたのだった。

それから少しして、なんと行方知れずになっていた周治が戻ってきた。彼は、小学校でかくれんぼを無理やりやらされていたという。その夜、恒は再び夢を見た。そして、自分がかくれんぼの鬼役となって、未だ見つかっていないユキコ達を見つけてあげなければいけない、という使命を直感するのだった。

そして、町で毎年行われる、灯籠流しの日がやってきた。その灯籠流しに参加していた恒だったが、彼はここにいるはずのない、ユキコの姿をそこで見つけるのだった。ユキコに着いて行こうする恒を弥恵は必死に止めるが、それでも恒は立ち止まらない。そして、恒は弥恵に、「一緒に行くか?」と声をかけるのだった。

学校の怪談4のあらすじ【転】

しかし、恒の後を歩いていた弥恵だったが、突如として恒が姿を消してしまったのだ。また、その日姿を消したのは恒だけではなかった。あゆむの友人である須美子の前にもサカエが現れ、忽然と姿を消してしまったのだ。

ある夜、弥恵は「見つけられないよ」という恒の声を耳にする。そして、弥恵は衝撃の事実を知ることになる。今まで彼女の目に普通に見えていたこの町の文房具屋が、実は幽霊だったのだ。そして、その幽霊こそが当時かくれんぼで鬼役を務めていた幸一だったのである。未だ一人で4人を探しているであろう兄を助けるため、弥恵はとある決心を固める。

弥恵は霊体である文房具屋の元へと向かうと、兄の代わりに4人を探すように説得するのだった。4人が待っているのは兄の恒(コウ)ではなく、幸一(コウ)なのだ。最初は乗り気ではない幸一だったが、しかし、弥恵の必死の説得を受けて腰を上げる。そして、散々町を彷徨った二人の前に、かつての尋常小学校が突如として現れるのだった。

学校の怪談4のあらすじ【結】

その校舎は、今まで海に沈んでいたかのようにフジツボなどの生物に囲まれ、異様な空気を発していた。しかし、学校に到着しても幸一は乗り気ではなかった。自分一人だけ助かってしまった手前、彼らに合わせる顔がなかったのだ。しかし、幸一は「見つけて…」というユキコの声を耳にする。そして、彼らを見つけ成仏させてやる決心を固めるのだった。

そして、幸一は学校内を歩き回り、4人を一人ずつ見つけていく。幸一が全員を見つけた時、4人は「ようやく見つけてくれた」と笑顔を浮かべた。幸一は弥恵に感謝を告げると、5人は揃って成仏していった。長く続いていた彼らのかくれんぼが、今日ようやく終わりを迎えたのである。

そして、弥恵は自分に必死で呼びかける晴美の声で眼を覚ました。しかし、その場に恒の姿はない。彼女が慌てて灯台へと向かうと、そこには気を失って倒れている恒の姿があったのだった。恒だけでなく、今回の事件で行方不明になっていた全員が無事に帰ってきた。こうして、彼らの不思議な体験は終わりを迎えたのである。

関連作品

前作 学校の怪談3

この記事をシェアする