「ギャングース」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ギャングースの概要:不遇な生い立ちにより青春時代を少年院で過ごした3人の若者。彼らは窃盗稼業で日銭を稼いでいたがある日、たまたま盗んだ物の中に詐欺グループの名簿を見つけてしまう。若者達は再起をかけて、巨悪な詐欺グループのトップから金を盗もうと画策する。

ギャングースの作品情報

ギャングース

製作年:2018年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、青春
監督:入江悠
キャスト:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知、林遣都 etc

ギャングースの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ギャングース』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ギャングースの登場人物(キャスト)

サイケ(高杉真宙)
イケメン担当。主に情報収集や作戦を立てる。ロン毛のイケメンで短気だが、非常に知的で半グレ組織などの情報に詳しい。グループの頭脳で母親に捨てられた孤児。現実的で、マイペースなカズキとタケオを助けている。ホステス嬢の扱いに長けている。
カズキ(加藤涼)
バカ担当。主に工具を使って破壊行為を行う。グループのリーダーだが、小太りで眼鏡をしており、ムードメーカーでもある。覚せい剤の中毒者の母親に育てられ、幼い妹共に酷い虐待を受けており、背中に傷痕が多く残されている。
タケオ(渡辺大和)
やさしさ担当。車両運転を主に行う。金髪で一番体格が良い。ルートや車関係に詳しく、運転技術の才がある。のほほんとしており、とにかくマイペース。
加藤(金子ノブアキ)
カンパニーのスーパー番頭で、詐欺店舗を統括している。親に虐待され半グレとなったところを六龍天のオーナーに拾われ、番頭として育てられる。アゲハと結託してオーナーをタタキ、海外へ飛ぼうとしていた。
アゲハ(篠田麻里子)
資金を貯める専門店舗の副店長で、加藤の女。加藤と同じくオーナーに拾われ、あらゆる技術を仕込まれている。普段はスーツを着こなし、秘書然としている。
ユキ(山本舞香)
キャバクラのホステス。サイケと面識があり、情報収集や金を貸してくれるなど、陰ながら助けてくれる。

ギャングースのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ギャングース』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ギャングースのあらすじ【起】

不遇な生い立ちにより少年時代を少年院で過ごしたサイケ、カズキ、タケオの3人は、犯罪組織だけを狙う窃盗稼業“タタキ”を生業とし、窃盗を繰り返しては日銭を稼いでいた。
ある日、3人は工具をピンハネして売買している組織のアジトへとタタキに入ったが、窃盗中に見張りをしていた少女に見つかってしまう。少女の体には虐待の痕があり、しかも組織の男達が戻って来てしまったため、3人は少女を連れて逃走した。

逃走後、少女が体調を崩してしまったため、3人は慌てて闇医者へ連れて行ったが、そのせいで稼ぎのほとんどが治療費に消えてしまった。そのせいでサイケは非常に不機嫌である。
3人は住まいである廃バスへ少女を連れて帰ることに。すると、前回タタキに入っておまけに盗んだチョコレートの中からSDカードが出てくる。中には詐欺屋が使うヤラレ名簿が入っているのだった。

振り込め詐欺は半グレで構成された犯罪営利集団のオーナーが資金を貯める専門の店舗を経営するところから始まる。その売り上げを元手に詐欺店舗を統括する者を番頭と呼び、番頭がヤラレ名簿を調達する。ヤラレ名簿とは、流出した個人情報やブラックマーケットに流出した個人名簿を、プロが徹底的に精査して作られる。

番頭はその名簿を使ってシナリオを作り、足のつかない他人名義の詐欺店舗を即席で作る。店舗では超厳しい研修を乗り越えた詐欺プレーヤーが朝から晩まで電話を掛け続け、名簿に載った的を次々と騙す。電話で騙された的が用意した金を、受け子が回収すれば任務完了である。これが、振り込め詐欺の実態だ。

ギャングースのあらすじ【承】

3人は受け子が来そうな場所をリサーチし早速、駐車場が広いコンビニへ向かった。そこで、しばし客を物色。目新しいスーツを着た2人の男が高級車に乗るのを目にし、奴らをこっそり尾行した。すると、豪邸へと立ち寄り上品なお婆さんから金を受け取って行く。奴らが受け子だと判明した。

ところが、途中で男の1人が車から降りて公園のトイレへ入る。恐らく、メッセンジャーと呼ばれる運び屋に金を渡すのだろう。サイケの言う通り、運び屋は金を持って駅のコインロッカーへ。すると、コインロッカーから一般女性が荷物を運び出す。電車に乗って女性は、途中でスーツの男へと鞄を渡した。その男は住宅街でスーツの女性へと鞄を渡す。女性を追うと貸倉庫へと辿り着いた。鞄は特定の倉庫へと納められた様子。

目標が定まったところでその日の夜、3人は倉庫へとタタキに入る。タタキは常に時間との勝負だ。タケオが警察の目を眩ませている間にサイケとカズキが倉庫へと入り、鞄から見事に大金を奪った。

味を占めた3人は詐欺店舗を突き止め金庫ごと盗む。3人の目標は1人1000万円を貯めること。彼らは次々とタタキを成功させ、目標額へと着々と突き進んだ。しかし、残り1000万円に迫ったところで詐欺店舗が見つけられなくなる。そんな時、サイケとカズキはキャバクラへ。しかし、その店でかつて少年院にて一緒だった男達と遭遇してしまい、カズキがバカにされてしまう。2人は最悪の気分で帰路へと就いた。

ところが、2人は尾行されていたようで突然、住まいが襲撃される。つい先ほど、キャバクラで遭遇した男達の仕業だった。奴らによって痛めつけられ拘束された4人。これまで貯めた金とヤラレ名簿の出所を吐けと迫られる。サイケが拾ったと話すと、男は高額な上納金を毎月納めろと理不尽な要求をしてくる。しかも、男達は金と名簿を持って行ってしまうのだった。

ギャングースのあらすじ【転】

少女を闇医者と情報屋に預ける。調子に乗っているからだと瓶で頭を殴られ、しこたま怒られた。その上、少女の養育費や弁償代を払わなければならず、3人も全財産を失い行く宛てもない。そこで、サイケは復讐するべく少年院で一緒だった男達がどこに所属しているのか、ホステスのユキに頼んで調べてもらうことにした。すると、奴らはカンパニー六龍天に所属していることが判明。

六龍天は大きな組織で、オーナーは手広く仕事をしており、振り込め詐欺もその仕事の1つだった。番頭の加藤はオーナーからヤラレ名簿が横流しされていることを知らされる。横流ししているのは、加藤の恋人で副店長を務めるアゲハだった。彼は土下座をして全ての始末をつけると謝罪。オーナーは加藤に最後通牒だと告げるのだった。

ユキを通じて、六龍天のオーナーを知っているというトラック運転手から話を聞く。それから、情報屋にも話を聞いた。奴は自分の邪魔になる者は徹底して排除する性質らしく、人を使うのが上手いらしい。故にサイケたちではとても敵う相手ではないと言われる。情報屋は六龍天には関わりたくないと言って去った。

カズキは六龍天のオーナーをたたこうと言うが、サイケは奴の恐ろしさを知っている。上とは言え六龍天のトップとは、あまりに高過ぎる。3人は半グレでも一般人でもなく、最も底辺にいるゴミのような存在なのだ。だが、3人はそれぞれに話し合い、六龍天のオーナーをたたく決心をするのだった。

六龍天は半グレから表舞台へと台頭することを狙っているらしい。故に、海外を経由して大金を洗っているようだ。トラック運転手やユキ、闇医者の知り合いの中国人、ホステスなどから情報や協力を得て、オーナーの住居を突き止めた。一先ずのアジトを得て入念に計画を立てる。中国人からの情報では明後日、新宿にオーナーの船が到着するらしい。そこで、計画の実行をするにあたり、少女を養護施設へと預けることにした。

ギャングースの結末・ラスト(ネタバレ)

3人の狙いは、六龍天へと海外から輸送されて来た大金が入ったコンテナをタタクことである。この計画はかなり大がかりで、これまでにない大仕事だった。下手をすれば命も危ない。六龍天のオーナーに恨みを抱えるトラック運転手や、中国人の知り合いの手も借りる。コンテナから加藤がアタッシュケースを2つ運び出す様子を見張っていたサイケ。計画実行のゴーサインを出した。

加藤の車が向かう通りで事故を装い、ルート変更をさせる。次の通りで待ち伏せしていたサイケたちは警察の検問を装って、加藤一派を襲撃。アタッシュケースをまんまと奪った。加藤はすぐさまオーナーに連絡をいれたが、知らせを聞いたオーナーは激怒。ところが、奪ったケースにはちらししか入っていなかった。
どうやら、加藤が罠を仕掛けていたらしく、金はまだコンテナにあり戻った奴が金を回収。

これまでの流れから思考を巡らせたサイケは、加藤が全ての金を持って海外へ逃亡するつもりであることに気付く。案の定、加藤は金を持ってアゲハと逃げるべく空港へと向かっていた。しかし、先手を取られ空港の駐車場にオーナーが現れる。加藤とアゲハは捕縛され、オーナーによって強制的に連れ去られた。その様子を目撃したサイケたちは、奴がオーナーだと知り車を尾行。

拷問された加藤は、いつまで経っても底辺にいる自分が、一世一代を賭けて上に噛み付くことも一興だと言う。オーナーは奴の言葉に激高し、自ら腕を振るって加藤を撲殺してしまう。
人気のない倉庫街に到着したサイケたちは、命を賭けて六龍天の倉庫へ車で突撃。だが、死ぬつもりは毛頭なく、目当ての金を奪ったら即座に逃げる算段だった。

サイケとタケオが戦っている間、カズキが金を持って逃げようとしたが、オーナーに捕まってしまう。雑魚はほとんど倒したが、このオーナーがやけに強かった。3人がかりで戦ったが、とても勝てない。だが、そこへトラック運転手が援護にやって来てくれ、どうにか重傷を負わせることができた。後のことはトラック運転手が引き受けると言うため、3人は急いでその場から逃走するのだった。

3人が逃げた直後、警察が倉庫へとやって来る。無事に逃げ切ったサイケとカズキ、タケオだったが、車のトランクが僅かに開いており、奪った金が走行中に空へと舞っているのだった。その後、債務整理を終えた3人は、仲良くしがない食堂で牛丼を頬張り笑い合うのであった。

ギャングースの感想・評価・レビュー

原作は、漫画・肥谷啓介、ストーリー共同制作・鈴木大介による同名漫画。監督に入江悠を迎え、原作の雰囲気をそのままに、かなり攻めた作品となっている。ネグレクトや酷い虐待により、非道や犯罪に走るしか道がなかった若者たちが、まっとうな道を目指して犯罪を繰り返す様子を描いている。

作中ではあまり虐待されるシーンや回想はなく、セリフだけで過去が語られている。それだけでも想像に余りある傷を負っているのだと分かる。身分証明書もなく保険証も持たず、金もなく仕事もない。そんなどん底にいる者ができることと言えば、犯罪に手を染めるしかない。非常に悪循環である。それでも、まっとうな道を目指して奮闘する若者達の姿が眩しく見える。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする