「ゴースト ニューヨークの幻」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ゴースト ニューヨークの幻の概要:1990年に公開され、大ヒットを記録したラブ・ファンタジー。強盗に殺された男がゴーストとなり、恋人の身を守ろうとする。恋人を演じたデミ・ムーアの名を一躍世界中に知らしめた作品でもある。

ゴースト ニューヨークの幻の作品情報

ゴースト ニューヨークの幻

製作年:1990年
上映時間:127分
ジャンル:ラブストーリー、ファンタジー
監督:ジェリー・ザッカー
キャスト:パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ、トニー・ゴールドウィン etc

ゴースト ニューヨークの幻の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ゴースト ニューヨークの幻』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年6月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ゴースト ニューヨークの幻の登場人物(キャスト)

サム・ウィート(パトリック・スウェイジ)
ウォール街で働く銀行マン。モリーと交際しており、同棲を始めた矢先に強盗に遭って殺されてしまう。姿が見えないゴーストとして地上にとどまり、モリーの身を守ろうとする。
モリー・ジェンセン(デミ・ムーア)
陶芸や彫刻をする芸術家。サムとの結婚を意識し始めるが、「愛している」と直接的に言ってくれないことに不満を感じている。
オダ・メイ・ブラウン(ウーピー・ゴールドバーグ)
霊の声が聞こえるふりをしているインチキな霊媒師。しかし、サムとの出会いをきっかけに本当に聞こえるようになる。最初は嫌々ながらもサムを助けるようになる。
カール・ブルーナー(トニー・ゴールドウィン)
サムと同じ銀行で働く同僚であり、親友。しかし、実は裏で麻薬組織のために資金洗浄をしている。サムが持つ送金コードが必要で強盗を仕組む。

ゴースト ニューヨークの幻のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ゴースト ニューヨークの幻』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ゴースト ニューヨークの幻のあらすじ【起】

サムとモリーが同棲するための新居を準備するため、2人はカールの手を借りて古いアパートの部屋を改修する。そこで古いコインを見つけたサムはお守りとしてモリーに渡す。サムたちは新居に家具を運び込む。その中にはモリーの作品もあった。その夜、モリーはサムに「愛している」と告げ、サムは「同じく」と答える。真夜中に眠れずに陶芸をしていたモリーの元にサムがやって来て、一緒にロクロをいじりながら愛し合う。

ウォール街の銀行で働くサムは資金の流れがおかしいと疑い、数字の荒い直しをする。そのことを知ったカールは、サムの夜の予定を聞く。サムはモリーと一緒に演劇を見に行くことになっていた。演劇からの帰り道、2人は強盗に遭う。銃を突き付けられ、サムは強盗ともみ合う。銃声が響き、強盗は走り去ってしまう。サムはモリーの元に駆け寄るが、モリーは血だらけになったサムのことを抱きかかえていた。事情が理解できないサムは困惑する。救急車で病院に向かい、モリーは警察から事情を聞かれる。そしてサムは自分が死んでゴーストになったことを知る。

ゴースト ニューヨークの幻のあらすじ【承】

サムの葬儀が行われ、モリーはカールと共に遺品を整理する。カールは気晴らしにモリーを散歩に誘う。すると留守になったアパートに強盗が姿を現す。モリーが戻ってきたため強盗は逃げ出し、サムはその後を追う。自宅に戻った強盗は何者かに報告の電話で連絡し、サムはモリーの身が危ないことを知る。

サムは街中にあった霊媒師の店を訪れる。そこはオダ・メイが霊と接触できる振りをしてインチキ商売をしている場所だった。ところが、サムの言葉がオダ・メイに聞こえてしまう。サムはオダ・メイにくっついて離れず、協力するように説得する。オダ・メイはモリーに会いに行く。モリーがサムの存在を信じようとしないため、サムはオダ・メイに「同じく」と言わせる。その言葉を聞き、モリーは真剣に話を聞き始める。サムはオダ・メイに強盗の名前と住所を伝えさせる。

モリーはカールに相談し、カールが強盗の家に向かうことになる。サムはカールについて行き、そこでカールが麻薬組織のために資金洗浄をしており、サムから送金コードを奪うために強盗を仕組んでいたことを知る。

ゴースト ニューヨークの幻のあらすじ【転】

警察に行ったモリーは、オダ・メイが詐欺師であることを知らされる。モリーの留守中にカールはアパートに侵入し、送金コードを入手する。そして麻薬組織から「リタ・ミラー」名義の口座に400万ドルを振り込むように指示される。モリーの元にカールがやって来て、親身な振りをして言い寄ろうとする。怒ったサムはカールに飛びかかろうとして、写真立てを突き飛ばす。物に触れられることに気付いたサムは、その方法を地下鉄で出会ったゴーストに習いに行く。

サムは再びオダ・メイの元を訪ねる。そこには大勢のゴーストが相談に集まっており、サムはゴーストが他人の体に入り込めることを知る。サムはオダ・メイに最後の頼みをする。そして、オダ・メイを銀行に行かせ、リタ・ミラーを名乗って400万ドルの小切手を受け取らせる。しかし、そこに現れたモリーにオダ・メイの姿を目撃されてしまう。

お金が消えているのを知ったカールは青ざめる。サムはパソコン画面に人殺しと打ち込んでカールを驚かせる。サムがゴーストになった話が本当だと悟ったカールはモリーの元に向かい、オダ・メイが銀行に来ていたことを知る。

ゴースト ニューヨークの幻の結末・ラスト(ネタバレ)

サムはオダ・メイに危険を知らせに行くが、そこに強盗がやって来る。サムは物を強盗に投げつけ、突き飛ばす。気が動転した強盗は外に飛び出して車に跳ねられ死んでしまう。強盗もゴーストとなるが闇の世界に連れ去られてしまう。

サムとオダ・メイはモリーの元に向かう。しかし、モリーはオダ・メイの話を信じようとしない。サムはコインを空中に浮かせてみせ、オダ・メイに「お守りだ」と言わせる。それを見たモリーはサムの存在が本物であることを知る。もう一度モリーに触れたいと願うサムのために、オダ・メイは自分の体に乗り移らせてあげる。そこにカールが現れ、モリーとオダ・メイは上階に逃げる。カールも追い掛けて来て、モリーに銃を突き付ける。サムは銃を奪ってカールを何度も突き飛ばす。逃げようとしたカールはガラスの下敷きになって死んでしまい、闇の世界に連れ去られる。

サムを天国へと迎える光が差し、サムの姿がモリーにも見えるようになる。サムはモリーに最後の口づけを交わし、「愛している」と告げる。そして、光に包まれるようにして姿を消す。

ゴースト ニューヨークの幻の感想・評価・レビュー

説明不要の傑作で、観ていて何度も涙腺が緩んでしまう。サムとモリーが陶芸をするシーンはあまりにも有名で、主題歌となったライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」の切ないメロディーに胸が締め付けられる。それまでコメディ作品で知られていたジェリー・ザッカー監督の作品であるのは驚きだが、今作でアカデミー助演女優賞を受賞したウーピー・ゴールドバーグの配役などにそのセンスを感じることができる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする