「ゴッド・ブレス・アメリカ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ゴッド・ブレス・アメリカの概要:人生に詰んだ冴えない中年オヤジと、同じく社会に不満を抱える女子高生の2人が、世にはびこる解せぬ悪人どもを片っ端から物理的にとっちめていく、ブラックコメディ満載な痛快ロードムービー。

ゴッド・ブレス・アメリカの作品情報

ゴッド・ブレス・アメリカ

製作年:2011年
上映時間:104分
ジャンル:アクション、コメディ、フィルムノワール
監督:ボブキャット・ゴールドスウェイト
キャスト:ジョエル・マーレイ、タラ・リン・バー、メリンダ・ペイジ・ハミルトン、マッケンジー・ブルック・スミス etc

ゴッド・ブレス・アメリカの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ゴッド・ブレス・アメリカ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ゴッド・ブレス・アメリカの登場人物(キャスト)

フランク・マードック(ジョエル・マーレイ)
お腹の出た、見た目も考え方も普通の善良なおじさん。妻と娘とは離縁し、隣人のうるさい家族が毎晩騒ぎ、会社では誤解からセクハラで解雇され、更には脳腫瘍が見つかり余命を宣告されて、心身ともに疲弊してしまう。
ロキシー(タラ・リン・バー)
人生に絶望する女子高生。ひょんなことからフランクと出会い、彼の行動に感銘を受けるとともに彼の理解者となる。本人曰く「荒んだ家庭で育っている」そうで、義理の父に毎日性的虐待を受け、母親は麻薬中毒で売春婦だとのこと。
クロエ(マディー・ハッソン)
密着型のリアリティー番組に出演する、セレブ女子高生。誕生日のサプライズプレゼントが欲しかった車(リムジン)と違っていたことで大泣きするくらいにはわがまま。フランクとロキシーが出会うきっかけを作った人物でもある。

ゴッド・ブレス・アメリカのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ゴッド・ブレス・アメリカ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ゴッド・ブレス・アメリカのあらすじ【起】

妻とも娘にも出て行かれ、壁の薄い狭いアパートで独り暮らしをしている中年フランク。唯一の相棒と言えば、毎度毎度、低俗な番組ばかりを垂れ流すテレビだけ。おまけに隣人は夜だろうと構わず大騒ぎする家族で、ストレスまっしぐらな劣悪環境そのものである。隣の部屋では今夜も赤ん坊が火でもついたかのようにガン泣きだ。フランクは妄想の中で、非常識なその一家を銃で全員撃ち殺す。勿論それは彼の脳内での出来事であり、現実ではないが、そんな風にしてフランクはやり場のない怒りを晴らすのであった。

ある日、フランクは会社で誤解からセクハラによりリストラを言い渡されてしまう。え!? セクハラだって?身に覚えがない!とばかりに慌てるフランクだが、優しくしてくれた女性社員に善意で花束を送ったり、手紙を送っちゃったりしたのがどうも良くなかったらしい。

しかし、フランクに降りかかった不幸はそれでは止まない。追い打ちをかけるかのように、医者からの脳腫瘍の宣告。医者によれば致死量の末期であり、もうすぐ死ぬね、と。1人アパートでフランクは悲観に暮れる。不意にテレビをつければ、流れてくるのはセレブのゴシップニュースや、知的障碍者を笑いものにするのど自慢番組、ヘイトスピーチに人種差別と度の過ぎたゲスな番組が溢れかえっている。まるで今のアメリカの腐敗ぶりを体現したかのようなラインナップだ――アメリカの倫理とは、一体何なのだ? ゲスゲスしい光景を見つめながらフランクは「もういっそ死んじゃおっか……」と自殺を考える。薄暗い部屋で1人、ピストルを口に咥えるフランク。そんな中で目にしたリアリティー番組に映し出された少女に、思わず引き金にかけた指が不意に止まった。少女の名はクロエ。女子高生にしながら金持ちの娘でセレブなクロエは誕生日に欲しかった車が買ってもらえなかったからといって放送中に大泣きし癇癪を起す。フランクはそんな小娘の姿にこのままではいけない、アメリカの堕落はもっと進んでいく一方だ!と自らのモラルに従い立ち上がるフランク。どうせ死ぬなら、この小娘を殺してからだ。

ゴッド・ブレス・アメリカのあらすじ【承】

作戦決行日、クロエの撮影現場に忍び込むフランク。フランクの手筈では、1人になったところを狙いクロエを車に閉じこめ、火を放ち車ごと大爆発させて殺そうという作戦であった。……が、失敗し、当初の策とは違うものの拉致して慌てた様子で射殺。とりあえず生意気な小娘を殺すことには成功したのである。その現場を見ていたのは、女子高生のロキシー。のちに、フランクの片腕となる少女である。

クロエを殺したフランクは大急ぎでその場を離れ、彼の泊まるモーテルへと逃げ帰る。予定通り、クロエを殺害後に自分も死ぬつもりであった。しかし、先ほどの目撃者であるロキシーが追いかけてくるなりフランクに自殺を思い留まらせる。ロキシーは先程の光景に興奮し、彼にすっかり心酔してしまったようだ。

「このまま死ねば、あなたはテレビに出ていた女子高生をストーカーした挙句、ふられて殺害して後追い自殺。単なる変態オヤジの殺人犯扱いだわ!違うでしょ!?世の中にはもっと殺すべき馬鹿がいっぱいいるわ!!」

ロキシーの説得にフランクは自殺をやめ、半ば開き直ったように残りの命をかけて彼女と旅に出ることとなった。……そう、殺すべき馬鹿どもを成敗するために!

ゴッド・ブレス・アメリカのあらすじ【転】

二人の逃避行は、ロキシーが半ばフランクに意欲を起こさせるような形で始まっていく。ロキシーは積極的な性格で、親子程年の離れたフランク相手にも「私可愛い?それともブス?」などと聞いてみたり、少々こじらせてはいるものの年頃の女の子らしいことを気にもする。一方でフランクは、そんな彼女に対して「子どもには興味がない」と一蹴してしまう。ここで、フランクが一応その辺りの良識がある人物であることが伺える。なので、ロキシーにはきちんと「家に戻らないと家族が心配するのではないか?」と、問いかける。

「母親は薬漬けの売春婦だし、義理の父親は毎日私に性的暴力を振るうから逃げてきたの」

それを聞いて何て酷い、と顔を歪ませるフランク。お互いどこかしら鬱屈とした部分を抱えていたからこそ、2人はこうして出会ったのかもしれない。さて、そんな2人が抹殺していくのは映画館で大声で喋る輩どもや、駐車マナーのなっていない上に逆ギレする奴、最低限のモラルや配慮に欠けた連中はあっさり拳銃で手にかけてゆく2人。2人の旅はニューヨークへと移り、そこでも馬鹿退治を繰り返す。次にターゲットになったのは、テレビ番組で過激な政治番組で銃規制反対を訴える司会者の男性だ。殺される理由の決め手になったのは「視聴者の恐怖を無意味に煽る」からだそうである。ランニング中の司会者を襲い、躊躇いもなく撃ち殺すロキシー。銃規制を反対していた彼が銃で殺される、という何だか皮肉な最期だ。

お次は保守政党の党員を狙撃したり、同性愛反対のデモを行うキリスト教団体の列に車で突っ込んだりと、その制裁もどんどん過激にエスカレートしていく。

そんな中で、フランクの脳腫瘍が実は医者の誤診だったことが判明。ロキシーと共に腐ったアメリカを離れフランスへ移住しようと考えるフランクだったが、ロキシーの両親から捜索願いが出ていたことが分かる。彼女の家庭は至って普通で、ロキシーの身の上話は全て家出娘の作り上げた出鱈目であった。すぐさま両親のもとにロキシーを返すフランク。こうしてフランクは、再び1人になってしまう。

ゴッド・ブレス・アメリカの結末・ラスト(ネタバレ)

ロキシーが去り、単身となったフランクが決意したのは、知的障碍者の音痴さで笑いを取るオーディション番組『アメリカン・スーパースター』の関係者を全部抹殺することだった。

武器商人から手に入れたアサルトライフルAK-47を持ち、大量の拳銃と爆弾を武装したフランクは会場へと乱入する。オーディション会場では、例の知的障碍者で笑い種にされているスティーブがオープニングを務めていた。このスティーブ、過去に番組に出たことで自殺未遂をしており、フランクはそこへも怒りが鬱積していた。これがアメリカのあるべき姿で本当にいいのか、とフランクはステージに乱入しスティーブをからかう客や審査員をまずは射殺。騒然となった会場だったが、そこには実家へと戻った筈のロキシーも駆けつけていた。ステージの上でフランクはカメラに向かい、メディアがいかに悪意に満ちているか、そして残酷であるかを嘆き、訴える。己の正義を信じ、スピーチをするフランク。しかし、当のスティーブは自分の自殺未遂の原因は馬鹿にされたからではなくテレビに出してもらえなかったことが原因であったと訂正する。しかし、ここまで来てしまっては引っ込みもきかなくなってしまう。フランクは隣のロキシーに向かって微笑みかけ、そして呟いた。

「君はすごく可愛いよ」

フランクとロキシーは、全てに向かって(何とスティーブさえも巻き込んで!)銃を乱射する。すぐさま突撃してきた警察官達に射殺される、フランクとロキシー……というところでエンドロール。

ゴッド・ブレス・アメリカの感想・評価・レビュー

オッサン×少女=断罪モノというジャンルで、『キック・アス』や『スーパー!』と比べられることの多い本作。それらと比べると大分マイルドではあるが、低俗なメディアに対する痛烈な皮肉や批判は本国にも通じる部分があるのではないか。ラストの2人の散り際もまるで2人のために与えられていたかのような聖域のように感じられて切なかった。やっていることは殺人行為なのに嫌悪感を沸かないのはジョエル・マーレー氏の演技力の成せる業か。(MIHOシネマ編集部)


終始呆気にとられながら見ていた。ばっさばっさと人を倒していく様は爽快感があった。現実でこんなことが起これば迷わず逃げるが、作り物の映画なので深く考えずに見るのが良いと思う。ストーリーが分かりやすく、テンポの良さとブラックユーモアが楽しめる作品。やっていることは過激すぎるが、フランクとロキシーの気持ちは分からなくはない。中年男と女子高生という対局な位置にいる二人の、友人のような相棒関係がおもしろかった。(女性 30代)

この記事をシェアする