映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「怪盗グルーのミニオン大脱走」のネタバレあらすじ結末と感想

怪盗グルーのミニオン大脱走の概要:大人気CGアニメーション・コメディ映画、怪盗グルーシリーズの3作品目。悪党から足を洗い、正義の工作員として家族と暮らすグルー。だが仕事の解雇、ミニオンたちとの別れ、グルーの兄弟との再会に加え、強敵ブラッドの存在と、様々なことがグルーに降り掛かる。

怪盗グルーのミニオン大脱走の作品情報

怪盗グルーのミニオン大脱走

製作年:2017年
上映時間:90分
ジャンル:コメディ、アニメ
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
キャスト:スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、トレイ・パーカー、ミランダ・コスグローヴ etc

怪盗グルーのミニオン大脱走の登場人物(キャスト)

グルー(スティーヴ・カレル)
世間を賑わせた元大悪党。現在は反悪党同盟に妻のルーシーと所属し、養女の3姉妹と暮らす。
ドルー(スティーヴ・カレル)
グルーの双子の兄。大悪党だった父を尊敬するが、自分には全くその素質がなく、グルーを頼り悪党への道へ踏み出す。
ルーシー(クリスティン・ウィグ)
グルーの妻で3姉妹の義理の母。反悪党同盟の工作員。
3姉妹<マーゴ(ミランダ・コスグローヴ)、イディス(デイナ・ゲイアー)、アグネス(ネヴ・シャレル)>
養護施設で育った3人の女の子。グルーと養子縁組をしている。3人とも血の繋がりはない。一番年上からマーゴ、イディス、アグネス。
ミニオン(ピエール・コフィン)
グルーの手下。オーバーオールとゴーグルが特徴の黄色い生物。目が1つもしくは2つで、意味不明な言語を話す。行動は子供染みているが、グルーを手伝い悪党家業に精を出す。
バルタザール・ブラッド(トレイ・パーカー)
80年代にハリウッドで絶大な人気を誇った子役。大人になった現在は悪党となり、自分を認めない世間に仕返しをしている。

怪盗グルーのミニオン大脱走のネタバレあらすじ

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

怪盗グルーのミニオン大脱走のあらすじ【起】

ハリウッドで人気子役として活躍していたバルタザール・ブラッドは、思春期の成長によりかわいい声とかわいい顔を失い、やがて人々に忘れ去られる。そして大人になった現在、大悪党と成り果てたブラッドは、豪華客船を襲い積み荷のダイヤを盗み出す。

グルーは悪党家業から足を洗い、妻のルーシーが所属する反悪党同盟の工作員となっていた。通報を受けて豪華客船に妻のルーシーと共に向ったグルーは、ブラッドから無事ダイヤを取り戻す。しかし、ブラッド自身は取り逃がしてしまったことで、責任を取らされルーシーと一緒に反悪党同盟をクビになる。

無職になり、荷物をまとめて2人が家に帰ってくると、新婚のグルーとルーシーのために養女のマーゴ、イディス、アグネスが家の中にハワイアンテイストのレストランを作る。食事をしながら仕事ぶりを娘たちから聞かれ、グルーは正直に仕事をクビになったことを伝える

話しを聞いたグルーの手下のミニオンたちは、グルーとまた悪党家業ができると大喜びになる。しかし、悪党に戻る気はないグルーとミニオンは言い争いになり、ミニオンたちはグルーの家から出て行く。

気を落とすグルーは自分を責め、ルーシーがグルーを慰める。

その頃、美術館に納められたダイヤは、再びブラッドの手によって盗まれてしまう。

怪盗グルーのミニオン大脱走のあらすじ【承】

次の日、ダイヤが再びブラッドに盗まれたと知り憤慨するグルーを訪ねて、老人が家にやって来る。グルーに双子の兄弟がいることを伝え、証拠として幼少時代の写真を見せる。すぐに母親に尋ねたグルーは、親の離婚で離れて暮らしていた双子の兄弟ドルーの存在を知る。

グルーはルーシーと娘たちを連れて、ドルーの家を訪れる。豚牧場を経営するドルーは豪邸に住み、高級車を何台も乗りこなし、更にグルーには無いふさふさの金髪を持っていた。

ドルーは執事の老人フリッツにルーシーと娘たちを任せると、地下の秘密基地にグルーを連れて行く。そこでグルーは、通称「恐怖のつるピカ」と呼ばれていた大悪党の父親のことを知る。呆気に取られているグルーに、ドルーは悪党のやり方を教えてくれと懇願する。

仕事をクビになり、更に髪の毛も無く惨めな気分でいるグルーは、ドルーの申し出を断る。しかし、父親の遺品の金ぴか悪党モービルを見せられ、ドルーからドライブに誘われると、グルーは快諾し2人は町へ出かける。

町ではチーズ祭りが開催されており、フリッツの説明を受けながらルーシーと3姉妹は祭りを堪能する。広場では子供たちのダンスが始まり、マーゴが参加している間にイディスとアグネスは勝手にパブを訪れる。店主からユニコーンが出ると言われる森の話を聞き、ユニコーンが大好きなアグネスは、ウキウキと心を躍らせる。

その頃、グルーとドルーは屋台から飴玉を盗み、警察とカーチェイスを繰り広げていた。

グルーの家から家出したミニオンたちは、夜通し歩き続け疲れ果ててしまう。そして、通りすがりのピザの宅配に釣られて、映画撮影所に無断で入り込み、どさくさに紛れてオーディションに参加する。

ミニオンたちのパフォーマンスに、スタンディングオベーションが巻き起こる中、ミニオンたちは結局警備員に捕まり御用となった。

怪盗グルーのミニオン大脱走のあらすじ【転】

ドルーはグルーに悪党を教えてもらうため、グルーを一生懸命説得する。そこでグルーは、世界一大きなダイヤを盗む計画をドルーに持ち掛けた。

アグネスはユニコーンを探しにイディスと一緒に森へ出かけ、ユニコーンが出没すると言う泉の近くでユニコーンが来るのを待つ。2人は角を1つ無くしたヤギに出会い、ヤギをユニコーンだと思い込んだアグネスは、ヤギにラッキーと名付ける。

マーゴとルーシーの元には、先日のチーズ祭りで出会った男の子のニコが訪ねてきていた。ニコはマーゴに婚約豚を渡すが、ルーシーがニコとニコの母親にものすごい剣幕で怒り、2人を追い返す。母親としてのルーシーにあまり期待していなかったマーゴは、ニコへの対応をみてルーシーへの信頼が増す。

マーゴから喜んでもらったルーシーはグルーに話そうとグルーを探す。だが、窓の外で金ぴかの悪党モービルに乗り出掛けるグルーとドルーを見つけ、顔を顰めた。

ダイヤを盗み出したブラッドは、次の標的であるハリウッドの町中に風船ガムを撒き、ハリウッドの町ごと宇宙に飛ばす計画を企てる。ブラッドの基地へ到着したグルーとドルーは、悪党家業に慣れていないドルーの失敗をグルーがフォローしながら基地へ侵入する。

基地内では、ブラッドを模った巨大なロボットが建設されていた。2人はブラッドからダイヤを盗み出すが、ブラッドからの反撃に遭い絶体絶命のピンチを迎える。そこへルーシーがヘリコプターに乗り駆けつけ、何とか2人はルーシーに助けられる。盗んだダイヤを反悪党同盟に持って行き、また雇ってもらう計画だとグルーから聞いたルーシーは、喜び笑顔を向ける。

しかし、ダイヤを返そうとするグルーと反対するドルーは言い争いを始めてしまう。そして、売り言葉に買い言葉でお互いに心無いことを言い合い、ケンカ別れをする。

怪盗グルーのミニオン大脱走のあらすじ【結】

州刑務所に収容されていたミニオンたちは、それなりに充実した日々を過ごすも、リーダーのメルはグルーと過ごした日々を思い出していた。そしてグルーのところへ戻るため、仲間と共に監視員と監視カメラの隙を見て道具と材料を集め、即席の飛行船を作って刑務所から脱出する。

グルー一家は、ドルーの家から自宅に帰るため荷物をまとめる。ルーシーはドルーからダイヤを受け取り、グルーに荷物を任せると娘たちと飛行機に乗る。しかし、飛行機に乗ったのはルーシーに変装したブラッドで、3姉妹を誘拐しダイヤを持ってハリウッドに向かう。

グルーはクローゼットの中からルーシーを発見し、3姉妹が誘拐されたことを知る。ドルーに事情を話し仲直りをすると、悪党モービルを飛行機モードにしてブラッドの後を追う。途中で刑務所から脱出してきたミニオンたちとすれ違い、ミニオンもグルーの後について行く。

巨大ロボットに乗ったブラッドは、ハリウッドの街に巨大なガムを撒いて歩く。ルーシーはビルに置き去りにされた3姉妹を助けに向かい、グルーとドルーは巨大ロボットにミサイルを撃ち込む。

だが、巨大ロボットから反撃を食らい、2人は悪党モービルから放り出される。グルーは道路にたたきつけられ気絶し、巨大ロボットに張り付いたドルーはロボットの核を叩き割りロボットを破壊する。

気が付いたグルーはブラッドと対峙し、ダンスバトルを繰り広げながらブラッドの逮捕に成功した。

グルーの後を追ってきたミニオンたちが巨大な風船を割り、ハリウッドは危機から脱する。

グルーとルーシーは反悪党同盟に復帰し、ミニオンたちとの再会を喜ぶ。もう悪いことはしないとグルーはドルーに言い聞かせるが、今度はドルーがミニオンたちを連れて行き、悪党として活躍を始めるのだった。

関連作品

前作 怪盗グルーのミニオン危機一発

この記事をシェアする